サンアンドレス島@カリブ海/コロンビア

コロンビア領サンアンドレス島はカリブ海にある。
この島の特徴はカリブ海のほかの島のように列島の中にあるのではなく、単独に存在しているところ。
また、中央アメリカに近く、ニカラグア、コスタリカ、パナマからはだいたい等距離にある。
そこで飛行機の中継地としての存在価値が大きい(大きかった)。
島を上から見ると、大きな滑走路が島を走っていて、島全体が滑走路のために存在するような感じさえする。
なにしろ、空港から町へは歩いていけるんだから。
それほど小さい島だから、見てまわるのも簡単。
島は長さ13キロ幅が3キロ程度だし、舗装された道路が島をぐるっと一周している。
サンアンドレスの町でバイクを借りると、一時間もあれば一周することができる。
水はきれいだし、人のいない砂浜もあちこちにあるよ。
もちろんダイブするのに最適な岩に囲まれた深い水面もある。
難破したけっこう大きな船が、砂浜の先に錆付いたまま放棄されていたりしたね。
僕は、バイクを止めて、真っ白な砂浜の上を歩いて船の近くまで歩いていった。
小さな魚が僕の足のまわりに集まってきて、踏み潰すんじゃないかとおそるおそる歩いたりした。
途中で急にスコールが来て、道端の商店に入る。
カリブの黒人の訛りの強い英語(ここはコロンビア領なので町ではスペイン語なんだけどさ)を頭で翻訳しながら、話をしたものだ。
世界旅行者がサンアンドレス島で
買ったティーシャツ
僕は中米を陸路で下り、南米を一周して、カルタヘナ(コロンビア)からこの島へ飛んだ。
空港から歩いて、ホテルを探し「Hotel Maribu」の206号室(シングル、バストイレつき)に決める(約10ドル)。
贅沢したかったら、海沿いにはもっと高くてちゃんとしたホテルがあるよ。
ここでコロンビア旅行中に読んでいた「ONI(Marc Olden)」を読み終えてしまう。
ホテルのマネージャーにプレゼントすると、「Endless Love」と「A Tale of Two Cities」を出してくれた。
しかし、カリブの島でニ都物語は読めなかったよなー(笑)。
ビーチの砂の上で僕が考えていたのは、ここからどこへ飛ぶかということだった。
で、波打ち際でゴロゴロと身体を波に任せて遊んでいたら、日本人のカップルから声をかけられた。
彼らはなにしろパタゴニアでテント張ってキャンプしていたという、なかなか話も面白い、本物の旅行者だったね。
なぜか一緒にグアテマラへ行くことになり、グアテマラシティで一度別れたが、そのあとロサンジェルスの「ホテル加宝」で再会した。
1989年ころはこのサンアンドレス島を経由して南米から中米へ旅する人が多かったね。
それは、このルートをとった方が航空券の値段が安かったからなんだ。
今は、航空券が直接飛んだほうが安くなって、サンアンドレス島の話はあまり聞かない。
でも、僕の心の中のサンアンドレス島は、いつもあの白い砂浜と難破船の風景のままなんだ。
【写真】サンアンドレス島のビーチ
【旅行哲学】手ごろな大きさの島というのは、なかなかないものなんだよ。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx