カーニバルの象徴に邦人女性@サルバドール/ブラジル
僕はリオデジャネイロから、レイトという寝台バスに乗って、サルバドール(バイーア)へ行ったことがあるよ。
バスターミナルから、ローカルバスに乗り換えて行ったサルバドールの中心部は、なかなか危険なところだった。

僕が泊まった安宿のおじさんは、金庫に貴重品を入れるようにアドバイスしてくれた。
でも、僕はそのおじさんが危険ではないかと思ったりしたけどね(笑)。

このあと、ブラジルの東海岸を北上して、アマゾン河口のベレンから、マナウスへと移動した。
マナウスで、ドイツ人カップルと一緒に、Encontro das Aguasを見に行った。
その時、ドイツ人の女の子が、僕に「ねー、ケン。サルバドールってすごく危険だと思わなかった?」と聞いてきたからね。
もちろん、僕は「町の中心部の建物は腐ってるし、本当に危険だと感じたよ」と答えたことを思い出すね。

ところで、そのサルバドールで日本女性のダンサーが今年カーニバルのシンボルになったとか。
昨日も友達の女の子と奨学金の話(友達がその奨学金を受けることになったんだけどね)で会った。
今年の7人の奨学金受給者のなかで5人が女性なんだよ。
その年齢も30歳代や20代後半の人が多かった。
海外の大学院の奨学金なんだけれど、研究テーマもバラエティに富んでいる。
「日本の女の子は本当にすごいなー」と、改めて思った。
実際、海外個人旅行なんかでも、日本の女の子は本当にすごい旅行をしていたりするんだよ。
それに対して、日本人男性の旅行は、ワンパターンなんだよなー(涙)。

日本女性、がんばれ!
参考:
2006年の、ブラジル、サルバドールのカーニバルのシンボルに、「杉浦友香」さんが選ばれた。
サルバドールのカーニバルは、リオ、サンパウロと並ぶ、ブラジルの3大カーニバルです。
2009年、リオのカーニバルの優勝チーム「SALGUEIRO」のパシスタ(PASSISTA)で踊った「工藤めぐみ」さんもいます。