サルバドールの旧市街に危険を感じて、とっとと脱出すると決定。翌日は、朝からバスターミナルで過ごす。@サルバドール/ブラジル

リオデジャネイロを前日午前10時に出た寝台バス「レイト」は、1989年8月20日午後2時少し前に、サルバドールのバスターミナルへ到着。
予定通り、28時間のバス旅だった。
レイトの乗り心地もすばらしく、僕はレイトの大ファンになった。
まだお金に余裕もあったし、サルバドールからはフォルタレーザ、ベレンと、20時間以上の、バス旅が続く。
こんなに乗り心地がいいなら、全部レイトで行こうと考えた。
しかし、サルバドールは、カーニバルもある、ブラジル東海岸の古都で、有名な観光地だ。
まず町の様子を見ないと、何日滞在するかわからない。
そこで、とにかく、バスのことは考えずに、旧市街へ移動して宿を取った。
それが、「HOTEL SOLAR SAO FRANCISCO」だった。
シングル8クルザード(400円)で、ダブルが16クルザード(800円)。
僕は、2階の12号室、8クルザードのシングルを取る。
やはり、サンパウロやリオデジャネイロに比較すると、ホテルの値段が安いね。
これは、古いホテルで、「Lonely Planet」に紹介してあったので、値段も安いことだし、一軒目で決めた。
特徴的だったのが、最初に、お金をホテルの大金庫に預けさせられたこと。
僕は、基本、ドルのトラベラーズチェックで旅をしているので、トラブルがあっても、気にはしてないんだが。
外に出るときは、危ないから、お金を持ってでないようにと注意されたのは、怖かった。
実際街の雰囲気が、特に旧市街は、全体的に、危険な感じがした。
旧市街の、歴史的な建物は、年月を経て、歪んでいて、崩れそうだったし。
僕は、「これは長くいるところじゃない!」と、すぐに決断した。
翌日出発のフォルタレーザ行きバスの切符を手配することにした。
RODOVIARIA(バスターミナル)へ、また市バスで戻る。
明日(8月21日)、19時出発、窓側の5番席、を取る。
寝台バスでのんびり行きたかったのだが、走っていないので普通バス。
ただ、ブラジルのバスは、基本的には立派です。
料金は、49.90クルザード(2500円)。
おつりの0.1クルザードは、当然の様子で、くれなかった。
バスターミナルの、荷物預かり所を確認する。
バスターミナルの、サルバドール旧市街行きバス乗り場近くのバーで、ビール(1.90クルザード/95円)を3本飲む。
最初と一緒で、R-1のバスに乗り、ラセルダエレベーター下で降りる。
歩いて、ホテルへ戻る。
怖いからと、部屋に閉じこもっているのもなんなので、お金を小額持って、夕方の旧市街へ出る。
「CATEDRAL BASILICA」へ行くと、内部が金ぴかで、ものすごくキラキラしている。
これは確かに見ものだった。
あとは、教会などは、一通り外から見ただけで、観光は終了。
翌朝は、天気もスカッとはれていた(バスで到着した日は曇り空で陰鬱だった)。
朝食が出て、卵、パン、クラッカー、スイカ、ホットコーヒーお変わり自由だ。
無料サービスかと喜んだら、別に3クルザード(150円)取られた。
朝のうちに、バスターミナルへ移動。
旧市街の教会横のバス停から、バスターミナルまで、45分もかかった(0.5クルザード)。
バスターミナルの荷物預け所に、バックパックを預けて、身軽になる(1.5クルザード/75円)。
本当は、バスターミナルにバックパックを置いて、またサルバドールへ戻るつもりだった。
旧市街に見残したところがたくさんあったからね。
しかし、旧市街に戻るのが面倒になって、バスの出発まで、バスターミナルにいることにした。
絵葉書を4枚買って、日本にいる友人知人と実家に送った(はがき1枚0.8クルザード/切手1.35クルザード)。
バスにバックパックを預けると、荷物札をくれる。
その番号が、72379番。
バスターミナルは結構大きくて、小さな本屋もあった。
英字月刊誌「SOUTH」を購入。
英語の雑誌は、「SOUTH」と、「TIME」「NEWSWEEK」の3冊しかなかった。
英語の本を読み、雑誌を読みして、食事を取り、ビールを飲む。
バスターミナルは、一応危険はないし、あとはバスに乗るだけ、という安心感で、居心地はよかった。
結局、サルバドールの町へは戻らずに、バスターミナルで一日過ごしました。
午後7時15分、フォルタレーザ行きバスが出発。
このバスは、海岸線ではなくて、高原を走っていった。
目を覚ましたら、「SALGUEIRO」という町でした。
バスがフォルタレーザに到着したのが、翌日(8月22日)の午後4時半。
予定では、19時間だったが、実際は、21時間かかりました。
さて、フォルタレーザですが、サルバドールよりもずーっと楽しかったです。
それでは、次の話を読んでね♪

xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx