『サルバドールからフォルタレーザへ到着して泊まった宿は、その朝に値上げしたばかりだった(インフレのため)』@フォルタレーザ/ブラジル
注:ここからブラジル通貨クルザードは、30円と考えてます。その前までは、50円と考えてました(笑)。
これは、長く旅をしていて、しかも通貨の暴落があったりして、自分でも、はっきりしたことがわからなかったせいです。
気になる人は、その時期の、日本円と米ドルのレートを比較してみてください。
米ドルからブラジル通貨のクルザードについては、僕の旅行記に正確に書いてあります。
1989年8月21日午後7時15分、サルバドール(SALVADOR)のRODOVIARIA(バスターミナル)からフォルタレーザ(FORTALEZA)夜行バスに乗る。
このバスは、リオデジャネイロからサルバドールまで乗った「LEITO(寝台バス)」よりは格が落ちた。

1989年ではサルバドールからフォルタレーザには、豪華寝台バスのレイトは走ってなかったんだ。
僕は、この時期まだ資金は潤沢だったので、出来るならば、全部レイトで移動したかったんだけどね(笑)。

寝台バスのレイト(LEITO)とは、大型バスの一列三席で、シートは大きくて、ほとんど横になるくらいリクライニングがする。
また、毛布も寝具もあり、サービスの飲み物もあった。

清潔なトイレもあり、乗客も金持ちの上品な人ばかりなので、とてもいい感じだ。
また、もちろん、時々停車をして、食事やトイレも出来るようになっている。

ブラジルのレイトに一度乗ったら、もう住みつきたいような気持ちになるよ。
僕が乗ったのは、1989年だが、いまだったらどんなに豪華に進化しているか考えるだけでうっとりしてしまう(笑)。

レイトではなくても、なかなか豪華なバスで、僕は翌朝の午後4時半にフォルタレーザ到着。
このバスは、サルバドールからは、海岸沿いではなくて、内陸部の高原地帯を走った記憶があるね。

出発が午後7時15分、到着が午後4時半なのだから、約21時間かかったわけだ。
でも、ブラジルの大型バスに乗っている限り、21時間も苦痛ではない。

フォルタレーザのバスターミナルに到着したら、バスターミナルで、すぐにやること。
それは、次の目的地ベレン(BELEM)へのバスを調べる。
このとき軽く調べたら、レイトもあるが、週に一回水曜日だけで午前8時半発。
また、他のバスは、毎日13時と、21時発がある。
料金は、レイトが119CZ(クルザード)、他のバスは59クルザード。
さすがに寝台バスのレイトは普通のバスの2倍するね。
フォルタレーザからベレンまで、バスで24時間かかる。
このころまでには、ブラジルのバスにも慣れているので、24時間程度は全く問題ない。

ところで、1989年8月のブラジルの通貨はクルザード。
そのレートは、この時は、1クルザードは30円検討かな。

実は、この時期、両替レートはハッキリしていないんだ。
というのが、1989年の7月7日には、1ドルは1.7クルザードだった。

ところが、8月4日には3.60クルザードになり、8月20日には4.15クルザード。
8月26日には、4.50クルザードになった。

インフレが続いているので、正確な値段はわからないんだよ(笑)。
それと、日本円を持ってないので、クルザードが日本円でいくらかはわからない。
日本円の、対ドルレートもいろいろ変化していると思う。
でもこれからは、一応、1クルザードが30円と考える(昨日までは、1クルザードは50円と考えてました)。

すると、寝台バスのレイトで3千円ちょっと、(結構豪華な)普通バスで1800円程度か。
これはこれとして、記録しておく。

フォルタレーザのバスターミナルから、市内へ行くローカルバスに乗る。
ここもフォルタレーザの町の郊外に、バスターミナルがあるわけだ。

「Lonely Planet Southamerica on a Shoestring」を読んで、宿を決める。
それが「HOTEL REAL GRANDIER」という、名前はすごいが、ただの安宿(笑)。

料金はシングル(トイレシャワーは共同)で、20クルザード(600円)。
しかし、インフレが激しいので、今朝値上げしたばかりだそうだ。

昨日までは、15クルザードだったという(涙)。
いやはや、インフレの影響というのはすごいね。

だから、僕がブラジル旅行をしていた1989年夏の物価は、わけがわからないんだよ。
でも、そのゴチャゴチャが、その時代のブラジルのインフレの状況を表していて、感動的でしょ(笑)。

ホテルで、フランスのロレーヌ地方から来たオリビエ(OLIVIER)くんと会った。
2人とも何もすることがなく暇なので、一緒にビールを飲みに出る。

会話は、フランス語と英語のごっちゃ混ぜだ。
ただ、お互いに南米を長期旅行しているので、話すことはたくさんあるよ。

近くの安レストランで、ビールを6本飲んで、盛り上がりました。
ビールは一本が2.5クルザード(75円)。

これに、10パーセント付けられたので、ちょっと不愉快になったりした。
フォルタレーザに何があるかというと、さっぱりわからない。
僕としては、ブラジルの東海岸をバスでアマゾン川までたどり着く途中の町という位置づけ。
サルバドールからバスで21時間でフォルタレーザ、フォルタレーザから24時間でアマゾン河口の町ベレン。
一気に45時間もバスに乗るのは、僕の年齢ではいくらなんでも疲れる。
だから、フォルタレーザは身体を休めるための町。
オリビエ君のガイドブックによると、フォルタレーザでは、ビーチが有名らしい。
この僕の最初の世界一周旅行では、ビーチがあれば必ず泳ぐことにしていた。
僕としては、フォルタレーザのビーチで泳ぎたい。
あとは、アマゾン河口の町ベレンへのバスを確保すればいい。
でも今日は、サルバドールからフォルタレーザに到着して、安宿に収まったことで十分。
フランス人のオリビエ君とも話ができたしね。
明日のことは、明日になって考えましょう。
明日になれば、また誰か、面白い人と出会えるかもしれない。
明日になれ明日の風が吹くrからね(Tomorrow is another day)。
注:ここでフランス人のオリビエくんは、「ドイツ女性とフランス女性のセックス観」についてディープに語りました。
この話は、僕の本「間違いだらけの海外個人旅行」を読んでくださいね。

xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx