『サポ滝で泳いで、滝の裏を通り抜けて、ボートで戻って、シウダボリバールへのセスナに乗る』@サポ滝/カナイマ/ベネズエラ

【セスナから見おろしたサポ滝の全景】
僕が参加したのが、シウダ・ボリバール発日帰りの、「カナイマ一日ツアー(FULL DAY CANAIMA TOUR)」(150米ドル)。
カナイマへセスナで飛び、まずカナイマ湖(CANAIMA LAGOON)をボートで渡り、滝の近くを通る。
そのあと、アナトリー島(ISLA ANATOLY)でボートを降りて、ジャングルを歩く。
山道を上り下りすると、さっと目の前が開ける。
なんと、右手に大きな滝がある。
これがサポ滝(SALTO EL SAPO)で、滝の下は静かな湖なっている。
僕たちが山から出てきたところが、砂浜になっている。
上の写真を見ればわかりやすいが、右手のジャングルを出たところに白い砂浜があるのが見えるだろう。
1998年12月16日、この時期は、とにかく泳げるところでは泳ぐ方針だ。
すでに水着は着ていたので、Tシャツを脱いで、水に入る。
僕は水中メガネ代わりに、ゴーグルを持っている。
軽く水中を見る程度だと、ゴーグルをつけて、水面を泳ぐだけでいい。
ところが、ゴーグルをつけて水にはいっても、何も見えない。
それもそのはず、この水は茶色に濁っている。
濁っているというのではなくて、水自体が茶色なんだよ。
キモチワルイと思うだろうが、実は、僕はガイドブックを読んで、この地域の水はタンニンが溶け込んでいることを知っていた。

【タンニンの溶け込んだサポ滝前のプールで泳ぐ】
写真を見ると、僕の手前の水が茶色なのに気が付くだろう。
アブランくんの話では、タンニンが溶け込んでいるせいで、魚がいないとか。
僕が見た範囲では、確かに魚はいませんでした。
ただ本当にそうなのかは、わかりませんから、自分で調べてください。

【サポ滝の裏を通って、反対側へきました】
サポ滝の名物は、滝の裏側に通路があって、歩いて通れること。
滝の裏側だから、ずぶ濡れになるかというと、それほどのことではない。
アブラン君から、黒いビニール袋をもらい、そのビニール袋にデイパックを入れて、濡れないようにして通りました。
滝の反対側に出て、アブランくんから、写真を1枚撮ってもらいます。
サポ滝観光は、滝の前のプールで泳ぐこと。
続いては、サポ滝の裏を通ること。
しかし僕は、滝の向かって左側から、サポ滝の上まで登りました。
ところが、滝の上に出た風景を写真に撮ろうと思ったら、フィルムがなくなってた。
フィルムは36枚撮りのつもりだったら、24枚撮りでした(涙)。
この時代はまだフィルムカメラを使っていたので、こういうことがあったんですね。
滝の上を見て、また滝の下へ戻ると、男女のカップルがいた。
後で話をしてわかったが、このカップルはベネズエラ人の父娘。
彼らについていたのが、女性のガイドで、彼女も水着を着ていた。
ベネズエラ人の娘と、女性ガイドはなかなかスタイルがよくて、ビキニ姿に見とれてしまう。
カメラにフィルムがあれば、一緒に写真が撮れたのに…、と悔しい思いをする。
ラグーンで一緒のボートに乗って、移動する。
父娘は「HOTEL AVENZA(CAMPAMENTO CANAIMA)」という一流ホテル前でボートを降りる。
レストランで昼食を取る(この昼食はツアー料金に含まれていました)。
ただ、ビール(POLAR BEER)が、800B(160円)と、観光地値段で高いのが残念。
フィルムを買うと、コダックの36枚撮りフィルム(ASA100)が、4500B(900円)でした。
さて、これでカナイマの観光はオワリです。

【カナイマでお世話になったガイドのアブランくんと】
僕の「専用ガイド」としてお世話になった、ガイドのアブラン君には、チップをあげました。
写真を見ると、チップをもらって、喜んでいるのがわかります。
でも僕は観光中でも、文庫本を持っているところがすごいね。
いま写真を見て、自分でもびっくりした。
が、昼食を取る時に、本を読んでたせいでしょう。
あとは、セスナに乗って、シウダボリバールへ帰るだけ。
オランダ人の父娘のカップル、オランダ人女性、僕とパイロット。
僕はパイロットの横に席を取りました。
雨の降りそうな空に向けて、セスナは飛び立ち、帰途に着きます。
あれっ、肝心の「エンゼルフォールズ」は見ないの?と思う人もいるかも。
ご心配なく、一日ツアーの場合は、滝の下まで、ボートや歩きで行くことはないです。
カナイマからシウダボリバールへの帰りのフライトの途中で、空から見ます。
正直言うと、僕は一人旅なので、これの方が面倒くさくなくてよかった。
欧米人の海外旅行の場合は、一人旅というのは極端に少なくなってるようです。
この日に会ったのは、オランダ人父娘、ベネズエラ人父娘、スペイン在住ベネズエラ人父娘と、父娘カップルが多かった。
それとも、父娘はウソで、会社の上司と秘書のカップルだったのかしら?
一人旅の日本人というのは、こういう場所では浮いてしまうので、時代遅れかもしれませんね(涙)。
そうして、セスナは、いよいよエンゼルフォールズへ。