ブラジル通貨の下落を見て、バイーア(サルバドール)へ飛行機を使うか迷ったが、結局、噂の寝台バス(レイト)に乗ることに決めた@リオデジャネイロ/ブラジル

1989年8月17日、昨日は、リオデジャネイロの目ぼしいところを、一日で見てしまった。
今日は、見残したところへ行って、リオデジャネイロのあと、どこへ行くかを考える。
どうやって行くかもね。
正直、疲れているので、飛行機を使ってアマゾンへ行ってしまっても、いいとは思うんだけれど。
僕が泊まっている「HOTEL MONTE CASTELA」の場所ですが、「CANDIDO MENDES」通りの201番地だった。
もともと行くつもりのホテルが、すぐそばにあって、その近くを「Lonely Planet」で調べていたら、自分で書いた住所があった。
僕のいる場所は、「GLORIA」という地下鉄の駅周辺らしい。
「Lonely Planet」の地図によると、この付近が、安ホテル集中地帯と書いてあった。
いまも安宿地帯なのか、わかりませんが、気になる人もいるらしいので、場所を書いておきました。
1989年にもリオデジャネイロには、地下鉄があった。
しかし、8月17日の朝は、なぜか運行してなかった。
それで、グロリアから歩いて、リオブランコ通りへ。
「NOSSA SENHORA DA CANDELARIA」へ。
これは、通りのど真ん中に立ってるので、ちょっとびっくりこいたね。
また、「SAO SEBASTIANO CATEDRAL」は、円錐台形のビルで、四方が大ステンドグラスになっていて、びっくりした。
この付近の建物は、変わったものが多くて、見て歩くのも楽しい。
中央郵便局へ行って、実家と友達に絵葉書を出した。
絵葉書を送るための切手は、各1.35クルザード。
ここで買った切手は、裏に糊がついてなかった。
テーブルにロール糊があったので、それで、切手をはがきに貼る。
あと、エアログラム用の切手を買った(一枚1.75クルザード)。
これは、「地球の歩き方」へ情報を送って、暇つぶししようと考えたからだ。
次に旅行代理店へ飛び込んで、航空券の値段を調べてみた。
ところが、はっきりした答えがない。
ブラジルでは、どうやら、出発時刻が悪いと、値段が安くなっているようだ。
だから、頭が混乱して、値段を控えてません。
1989年夏のブラジルの国内線の料金なんて、誰の役にも立たないよね。
航空運賃を調べようと考えたのは、ものすごいインフレが継続中で、通貨クルザードが暴落しているのが前提にあった。
案外と飛行機の運賃が、安いのではないかという、予感がしたんだよ。
でもそれはないようだったので、バスで行くことになるだろう。
この日(1989/08/17)は、1ドルは4.15クルザードになってました。
僕がブラジルに入った日(1989/08/04)は、1ドルが3.6クルザードでした。
この時期のブラジル通貨、クルザードは、2週間で、15パーセントほど下落したわけだ。
円で考えるときは、1クルザードを50円と固定レートで考えているので、矛盾がありますが、そこは読者が考えてください。
リオデジャネイロでぐずぐずしていても、南米旅行は終わらない。
バスターミナルへ行って、明後日(1989/08/19)のサルバドール行きのバスを切符を買った。
8月19日、朝10時発、サルバドール行きで、値段が138.80クルザード。
1クルザードが50円とすれば、6940円。
高い!
が、それには理由がある。
ブラジル旅行をする人が、必ず、乗らなければならない、伝説の寝台バス「レイト」なんだよ。
どういうものかわからないが、寝台バスの話は、聞いている。
実際のところは、19日に実際に乗ったときに書きます。
時間が余ったので、フラミンゴ海岸へ出て、海岸通りを歩いた。
ホテルに戻って、イギリスで買った「THOMAS COOK OVERSEAS TIMETABLE」を読んでみる。
バスに乗って、どのくらいで着くのか、確認したかったからだ。
トーマスクックによると、リオデジャネイロからサルバドールまで、28時間。
サルバドールからブラジルの東海岸沿いに北上したフォルタレーサまで19時間。
フォルタレーサからアマゾン河口の町、ベレンまでが24時間だ。
うーん、なかなかのものだね。
明日は身体を休めて、長距離バスの旅に備えましょうか。
夜は、「地球の歩き方」にブラジル旅行の情報を書いた。
サンパウロを出てから、というかサンパウロを含めて、日本人バックパッカーには出会ってない。
ツアーの観光客は、多かったけどね。
明日はのんびり過ごして、それから、長距離バス旅行の連続だ。
まだ若かったからできたんだろうけどね(笑)。

xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx