ベルメーリャ海岸でゆっくりと泳ぎ、ザラメ状の砂に寝転がり、人の運命を考える。@リオデジャネイロ/ブラジル

1989年8月18日になった。
昨日はリオデジャネイロからアマゾン河口の町ベレンまでの旅行計画を立てて、とりあえず、サルバドールまでのバスの切符も買った。
明日の19日に、寝台バス「レイト」に乗って、バイーア(サルバドール)へ行く。
寝台バスの乗り心地も、サービスもいいという話なので、サルバドールまでのバス乗車時間28時間も問題はないだろう。
続いて、サルバドールからフォルタレーザへ19時間。
フォルタレーザからベレンまで24時間と、長距離バスに乗り続けることになる。
今日はとにかく、身体を休めて、リオで心残りになっている場所を再訪する予定。
サンパウロもそうだったが、リオデジャネイロへまた来るなんて、考えられないからね。
ベルメーリャ海岸で泳ぐつもりだったので、天気が悪いと困るなーと心配していた。
朝は少し曇っていたが、すぐに晴れて、スカッとしたいい天気になる。
ホテルのメイドさんが、新しいバスタオルを置いていった。
これは、海水浴に行けと、神様がお膳立てをしてくれているようなものだね(笑)。
ホテルを飛び出して、まず、地下鉄でGLORIAからURUGUAIANAへ(0.55クルザード)。
「カンデラリア教会(IGREJA NOSSA SENHORA DA CANDELARIA)」で神に祈る。
「地球の歩き方」の編集部へ、昨日書いたエアログラムを送った。
あまりに間違いが多いので、それを指摘したんだ。
普通ならこんな手紙は書かないで、旅行者同士で、悪口を言って盛り上がる材料にしかならないもの。
ところが、サンパウロでも、リオデジャネイロでも、まともな日本人旅行者に会ってない。
本当に情報がないのかしらと考えて、ガイドブックの間違いを指摘したわけだ。
ロンドンで一緒だった、K君に絵葉書を書いた。
ロンドンを引き払って、いまは、東京に戻っているようだが。
絵葉書は、中身が全くなくても、また中身がないからこそいい。
絵葉書で、海外から、借金のお願いなんか書かないし。
「いまリオにいて、観光してまーす。じゃあね♪」だけなのだから、書くほうも読むほうも無難だ。
現金100ドルを両替すると、415クルザードになる。
トラベラーズチェックを100ドル両替すると、400クルザード。
ブラジルの場合は、トラベラーズチェックよりも現金の方が、レートがいいようだ。
だいたい経済がしっかりしている国では、トラベラーズチェックのレートがよく、経済が悪いところでは、現金の方がいい。
トラベラーズチェックは、現金に換わるまで時間がかかるのに対して、現金は、その場ですぐ使えるからだろうね。
それがわからない旅行者は、「トラベラーズチェックのレートは悪い」などと、わけのわからないことを言ったりする。
何事も経験がないと、ダメなんだよ。
トラベラーズチェックを両替した膨大な経験がなければ、その本当のよさがわからない。
本屋を見つけたので、「MAD」(13クルゼーロ/650円)と、「VIDEO」(12クルゼーロ/600円)を買った。
「MAD」は、日本で定期購読していた、おなじみのユーモア雑誌。
旅行ノートに名前をメモしてあるだけなので、「VIDEO」はなんなのかわからない。
たぶん、似たような雑誌だったのでしょう。
ホテル近くに一度戻って、バーで食事。
焼肉(CARNE ASADA)8クルゼーロ(400円)と、大ビール(1.4クルザード/70円)。
107番のバスに乗って、ポンジアスーカルケーブル乗り場の向こう、ベルメーリャ海岸で泳いだ。
確かに水は少し冷たいが、目的は、海岸のきれいな砂にねっころがることだ。
ポンジアスーカの岩山がきれいに見えて、とても気持ちいい。
砂はザラメ状で、半分はガラス質のものだ。
細かい砂ではないので、身体に着いても、一泳ぎすると、すぐに落ちる。
いままで世界中のあちこちで泳いできたが、砂としては、一番いいのでは?
ベルメーリャ海岸にいる人は、10人程度。
鳩が、海岸の砂の間にいる、何かエサになるものをあさっていた。
砂に仰向けになって、目を閉じると、波の打ち寄せる音しかしない。
ここまで僕を運んでくれた神に、目を閉じて、感謝の祈りをささげる。
神は僕に何をさせたいのだろうか?
そういう真面目なことは考えない。
ベルメーリャ海岸で寝て、太陽を浴びていることを感謝しよう。
人にできるのは、ただ神が与えた、一瞬一瞬に感謝することだけだ。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx