噂の寝台バス「レイト(LEITO)」に乗って、リオデジャネイロからサルバドール(バイーア)まで28時間のバス旅@サルバドール/ブラジル

1989年8月19日、午前6時半にベッドから出る。
前夜ベッドに入ったら、隣の部屋から、男女が仲良くしている声がしたので、すんなりと眠りに入れなかった。
今日はとにかく、リオデジャネイロを出て、サルバドールへ向かう。
午前10時発で、乗車予定時間は、28時間。
順調に行けば、到着は、8月20日の午後2時になる。
もちろん、サルバドールの宿は予約したりなんかしてないので、飛び込みで見つけることになる。
午後2時に到着予定なら、少々バスが遅れても、ホテルを捜して、落ち着く時間は十分にある。
いままで、エクアドルの首都キトから、すべて飛び込みで、ホテルを決めてきた。
ホテルについての心配はない。
初めての町へ入って、ホテルに落ち着くまでは、ある程度心配するけれど、すべてうまく行ってきた。
アルゼンチンのバリローチェの民宿「レジデンシアル エリザベス(RESIDENSIAL ELIZABETH)」は、ひどかったけどね。
ブエノスアイレスでも、宿を探して2時間もさまよったけれど。
だから、僕はアルゼンチンは嫌いになった。
アルゼンチンは、南米の中でも、お高く止まっていて、人種差別が激しいという話もいろいろ聞く。
ブラジルは、いろんな人種がいるところで、特に、東海岸になると、黒人が多くなる。
それほど人種差別されることもないでしょう。
リオデジャネイロで泊まっていたホテル「HOTEL MONTE CASTELA」も、グロリアの安宿街で飛び込みで見つけた。
なかなかちゃんとしたところで、一泊20クルゼーロで、ちゃんと朝食も付いてたし、バスタオルも交換してくれた。
午前7時50分に、ホテルをチェックアウトして、4泊分(20クルゼーロ×4)の80クルゼーロ(4千円)を払った。
地下鉄に乗って、「CARIOCA」駅へ(0.55クルザード/27.5円)。
「1 de Marco」まで歩き、バス127番を捕まえて、バスターミナル(RODOVIARIA)へ(0.5クルゼーロ/25円)。
CHOP(ショッピ/生ビール)を一杯(0.95クルザード)やって、景気をつける。
乗り物に乗る前は、お酒を飲まないのが原則。
寝台バスにはもちろん、清潔なトイレが付いていると確認してある。

トイレがあったって、使えなかったりすることはある(メキシコでの体験)。
普通のバスに乗る前は、ビールは飲まないほうがいいです。
トイレに行きたくなくても、念のために、バスターミナルのトイレへ行く(0.70クルゼーロ/35円)。
バスの出発するプラットホーム「C-4」へ。
レイトの中の僕の座席(POLTRONA)は、31番。
進行方向右の窓側後方の一人席でした。
シーツ、毛布、枕が、ビニールパックされて、僕の席の頭上に置いてある。
大型バスなのに乗客は少なく、余裕がある。
乗客もさすが金持ち風に上品で、みんな静か。
バスは時間通りに、午前10時、スーッと出発した。
運転もとてもていねいで、急発進、急停車などはせず、揺れを感じない。
バスの僕の席からは、バスが「リオ・ニテロイ橋」を渡るときに、コルコバードの丘がきれいに見えた。
巨大なキリスト像に、旅の無事を祈る。
バスは、静かに、順調に走る。
時々停車して、軽いミールストップがあった。
運転手席の上に、気温と時刻を表示する、赤い数字が出ていて、それを見ながら、午後11時ごろに眠りに付いた。
ぐっすりと寝て、午前7時ごろに、自然に目が覚める。
バスはそのまま走り、朝食と昼食のミールストップも、あったはずだが、記憶にない。
あまりに快適で、動きたくなかったキモチだ。
バスの揺れも感じないので、本を読むにも最適。
リーディングライトもあるので、バスの中で、AGATHA CHRISTIEの「BODY IN THE LIBRARY」を読了した。
余裕を持って走っているのだろう、レイトは特にスピードを出した感じはなく、予定の午後2時少し前に、サルバドールのバスターミナルに到着する。
サルバドールのバスターミナルは、市街地から離れたところにあるので、不便。
バスターミナルの案内所で、サルバドールの市街地へ行くバスを教えてもらう。
教えてもらった「R-1」バスに乗ったが、かなり時間がかかって、有名な「ラセルダエレベーター」下に着いた。
このエレベーターは、海岸と旧市街のある台地を結ぶもの。
エレベーターを上るのに、0.05クルゼーロ(2.5円)かかった。
教会がたくさんある、旧市街を歩いていく。
旧市街ど真ん中の、「HOTEL SOLAR SAO FRANCISCO」に到着(8クルゼーロ/400円)。
サルバドールの旧市街は、全体的に、建物が腐って、歪んでいるいる感じがした。
この印象は、マナウスで出会った、ドイツ人カップルも同じ感じを持ったそうだ。
あんまり居心地のよさそうなところではないかも…、という第一印象。
このホテルでは、まずお客の貴重品を預かって金庫に入れることになるらしい。
ホテルの金庫の方が信用できなかったけどね(笑)。
一応お金は分散してある。
僕は基本的にドルのトラベラーズチェックなので、たとえ盗まれても、再発行はできる。
鍵のかかる貴重品バッグに入れてあるので、そのバッグごと金庫に預けた。
次の町、フォルタレーザへの脱出方法を考えなければ。
バスターミナルでは、まず宿を決めようと、何も調べずに来てしまった。
バスターミナルへ戻って、次の町、フォルタレーザへ脱出する切符でも買いましょう。
サルバドールの旧市街は、かなり危険な雰囲気がしたからね。
でも一応有名な教会を見て歩きました。

xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx