コルコバード、ポンジアスーカ、ベルメーリャ海岸、レーメ、コパカバーナ、イパネマ、レブロン、夜の市バスでホテルへ戻る@リオデジャネイロ/ブラジル

1989年8月16日、昨日飛込みで見つけたホテル「HOTEL MONTE CASTELA」の「CAFE DA MANHA(朝食)」を取る。
思いがけなくコーヒーがおいしくて、レイチがたくさんでとてもおいしい。
このホテルは、最初に考えたものではなく、飛び込みで見つけたのだが、「アタリ」だったね。
食事を済ませて、部屋に戻り、手持ちのお金を数えてみる。
米ドルのトラベラーズチェックが、2220ドル。
米ドルの現金が、873ドルある。
もちろん、この時代(1989年)のブラジル通貨、クルゼーロも持っている。
つまり全部で、3000ドルをちょっと越えたくらい。
現金の割合が多いのは、手数料がわずかのところ、またはゼロのところで、トラベラーズチェックを米ドルの現金に、両替してきたからだ。
ドルの現金は、使いやすいからね。
手許には、3000ドルを越える金がある。
3000ドルとはいっても、この時期、1ドルが140円ほどなので、42万円と考えられる。
そのほかに、クレジットカードも、使えるはず。
これで、ロサンゼルスまで、たどり着ければ、また日本の僕の銀行口座から、お金を送ってもらえばいい。
お金的については、いまのところ何も問題がない。
お金を分散して隠し、隠し場所のメモを取り、リオデジャネイロの町へ飛び出す。
リオにはいろんな見所があるが、「コルコバードの丘」に登って、丘の上に立つ巨大キリスト像を見なければ話にならない。
498番のバスに乗り、コルコバードへ行き、COG RAILWAY駅COSME VELHO(コズメベーリョ)へ(0.5クルザード)。
COG RAILWAYで、キリスト像へ往復(12クルザード/600円)。
この電車は、左回りに登っていくので、景色を見るには、右側の席がいい。
降りるときは、逆の左側の席だ。
コルコバードの丘からの、リオデジャネイロを見下ろした風景は、天気もよかったので、圧巻だった。
ただ、日本人観光客がいやに目に付くし、日本語も聞こえるのが、ちょっと不思議な感じ。
今日は、あちこち見て回るつもりなので、コルコバードの丘はこれでオワリ。
次は、ケーブルカーに乗って、「ポンジアスーカル」へ。
584番のバスに乗って、BOTAFOGO海岸へ行き、107番のバスで、ケーブルカー乗り場へ(各0.50クルザード)。
ロープウェイを乗り継いで、ポンジアスーカル(PAO DE ACUCAR)へ。
上りと下りで、12クルザード(600円)。
ここでも日本人の観光客がたくさん目に付いた。
前夜の夜のお付き合いの話を大声でする人もいたが、どこかの学会の先生たちのようだ。
他にも日本のツアーがいくつもいた。
よく考えたら当然の話で、いまは8月16日、つまり、日本の夏休み休暇のど真ん中だ。
バブルの絶頂期で、日本人はとにかく、お金が余って、海外旅行に出かけている。
アメリカの週刊誌で特集を組んだくらいで、つい先日も読んだ。
1988年から1989年にかけて、さらに1990年も、この時代、日本人の海外旅行は最盛期を迎えたわけだ。
その時期に世界中を旅していた、世界旅行者先生の旅の価値が、とても重要だってことね。
今の不景気な時代に、だらだらと、旅をしても意味がない。
旅をすべきときに、旅をする価値がある人が旅をするから、旅は意味を持つんだよ。
パックツアーの集団の中に、バックパッカーの格好をしている若者がいたので、批判的な気持ちが沸いた。
いい若者が、高額な日本からのツアーに参加するなんて、ちょっと問題だね。
ツアーに参加していながら、バックパッカーの格好だけしているなんて。
とことん根性無しなのか、またはものすごく要領のいいやつなのか、ま、僕には関係ないので、どーでもいいですよ〜。
ポンジアスーカルを降りてきて、すぐ近くのベルメーリャ海岸へ。
海岸で、海を見ながら、大ビール(2.50クルザード)を飲む。
ポンジアスーカルの上だと、350MLの缶ビールでも、4.5クルザード(225円)もしたんだけど。
もちろんそんな高いビールは飲まずに、海岸で安い大ビールを飲むと、もっとずっと、おいしいね(笑)。
ベルメーリャ海岸の砂は、ザラメのような粒で、とてもキモチがいい。
海岸にも人は多くなかったので、泳いでみたかったが、水着を持ってきてない。
バックパックには入ってるんだけれど、いまは、南半球は冬だ。
泳ぐなんて考えもしなかったが、リオデジャネイロでは、太陽が照り付けていて、昼間は暑いくらいだ。
「水着を持って来るべきだったなー」と、反省するが、また天気のいい日にこのベルメーリャ海岸へ来ればいい。
リオデジャネイロを出る前には、とにかく泳ぐのは大切。
僕はこの時代、「とにかく海があれば泳ぐ」というのをモットーにしていた。
いまは紫外線が身体に悪いとも思うので、積極的ではないが、ザブーンと頭まで水につかることくらいはするよ。
海流の関係で、アメリカ大陸の西海岸は、水が冷たくて、泳ぐには適していなかった。
東海岸になれば、海流は温かく泳ぎやすいわけだが。
これで、コルコバードの丘へ登山列車で上り、ポンジアスーカルはケーブルカーを2つ乗り継いだ。
ベルメーリャ海岸でビールを飲み、ステキな海岸を発見した。
でも、まだまだ終わらない。
窓がアーチ型のバスが来たので乗り込むと、別のビーチへ行くとのこと。
乗り込む(0.8クルザード/40円)で、トンネルをくぐってビーチへ出る。
レーメ、コパカバーナ、イパネマ、レブロンの海岸を、バスで見てまわる。
観光客用のビーチ周遊バスのようだ。
ブラジルの8月は冬なので、ビーチの人出は少ないが、泳いでいる人もいました。
バスを降りて、ロドリーゴ・デ・フレイタス湖を見る。
のんびりしてたら、日が暮れてきたので、急に焦ってくる。
リオデジャネイロの治安はよくない、と聞いていたからね。
人に聞いて、イパネマ海岸(IPANEMA)で132番のバスに乗る。
リオデジャネイロのバスは、バスの車内に仕切りがあって、そこでさらに、行き先を確認すると、154番と教えられる。
後ろにやってきたバスが、154番だったので、交通渋滞のときに、前のバスから後ろのバスへと移動する。
バスのお客といろいろ話をしているうちに、LARGO DA GLORIAへ到着。
バスを降りても、どこにいるのかわからない。
開いている店に飛び込んで、道を聞きながら、歩いて、ホテルへ戻った。
ホテルへ戻る直前に、またビールと食べ物を買った。
今日は、リオデジャネイロの名所を全部見たんじゃないかな。
すべて、ローカルバスや、公共交通機関で。
やはり、僕の旅は、神に導かれていると感じる。
神に従っていれば、悩むことはない。
いまは、リオデジャネイロも、安全になったとか(??)。
危ないと言われていた時代に、市バスで観光した僕の経験は、より貴重になったわけだ。

xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx