『サンチアゴの宿をLONDRESに決めて、五月女で文庫本を入手し、ステーキとワインを夕食にする』@サンチアゴ/チリ
1989年7月17日午前11時半、アントファガスタを前日の午後3時半に出たプルマンは、サンチアゴの北バスターミナルに到着。
アントファガスタからサンチアゴまで、20時間かかった。
僕とゲーブルくんは、まず、ガイドブックを見て、観光案内所へ行った。
観光案内所はガイドブックに書いてある場所にはなかった。

これは、ある意味定番の行事として行ったこと。
別に、サンチアゴの観光案内所で、特に聞きたいこともない。

サンチアゴの市内地図でも無料でもらえるならもらう。
あとは案内所のかわいい女の子と、スペイン語で世間話をしてもいい。

そんなつもりの、ただの時間つぶし。
僕はある町に行く直前まで、その町の情報を調べることがない。

出来るならば、全く情報がない状態で、新しい土地へと行きたい。
そう考えている。

なにも知らない方が驚きが大きくなるからね。
すべてが新鮮だし。

アントファガスタからサンチアゴへのバスの中で、ガイドブックを読んでいた。
他にすることもないし、暇つぶしには最適。

一緒にいるゲーブルくんは、彼なりの旅のイメージを持っている。
彼には彼の、僕には僕の旅のやりかた、というものがある。

僕のガイドブックは、「Lonely Planet South America on a Shoestring」と「地球の歩き方・南米」。
ゲーブルくんは、そのころ有名だった「オデッセイ」の南米ガイドブックを持ってた。

バスの中で目が覚めて、お昼にサンチアゴへ到着するまで、2人でガイドブックを読んで、サンチアゴについて語った。
サンチアゴのイメージ、それぞれサンチアゴで何をするか、なんかね。

僕としては、とにかくサンチアゴで、落ち着けるシングルルームを確保することが大事。
サンチアゴにしばらくいて、身体を休めるつもり。
ボリビアのラパスからチリのアリカまで、フェロバスで、11時間。
アリカからアントファガスタがバスで11時間。
アントファガスタからサンチアゴまでが20時間。
僕はこの移動を連日続けているんだから、休息を入れないと体が壊れてしまう。

僕はどちらかというと、遺跡が好き。
すでに、エクアドル、ペルー、ボリビアと旅を続けて、インカやプレインカの遺跡を見てしまっている。

あとの文化的で近代的な南米は、サッと見てオワリにするつもり。
ただ南米の長期旅行は、何度も出来るものではないから、ポイントだけは抑えたい。

イグアスの滝とかアマゾン川などの自然。
リオデジャネイロとかブエノスアイレスという、定番の有名都市(サンチアゴもそうだけどね)。

ゲーブルくんは、チリ、アルゼンチン、ブラジルなどで、都会的な遊びをしたい。
彼の主な目的地はアルゼンチンで、女性にモテるために、スーツを買うという計画もある。

ゲーブルくんと僕は、南米についての考え方が違っている。
それだからこそ、逆に、キモチよく付き合えるのかもしれないね。

「Lonely Planet」を読んで、僕は「Residencial Londres」へ行った。
なかなか評判のいい宿らしく、シングル料金が1300ペソ(520円)。

この宿がいいのは、石造りのどっしりとした建物にあること。
建物というのは、建材と壁の厚さで決まるね。

僕がロンドンで英語学校に通っていた時、下宿していたのがクラプハムジャンクションの住宅街の一つだった。
同じ形の家が、通りの両側にずらりと並んでいる。

全部がレンガ作りで、三階建てで、地下室もある。
裏には塀で囲まれた庭もある。

ずいぶん年季が入っているのだが、それを買って、内部を改装したりする人もいる。
イギリスの中古住宅というものは、そうやって、受け継がれていくものなんだ。

イギリスの建物の耐用年数はものすごく長い。
そういうイギリスならば、長いスパンで物事を考えたり、計画したり出来るだろう。

イギリスの住宅は、レンガ造りだが、もっと高級になると石材を使っている。
その建物の中を歩くだけで、気持ちが落ち着いてくる。

石材で出来た建物だと、階段ももちろん石材で出来ていて、角が磨り減っている。
それもまた、いいよねー。

日本人は、どっしりと物事を落ちついて考えられない。
その場限りのいい加減な性格、あきらめやすい性質だ。

これは、もともと住んでいる建物が安っぽいからだ。
日本の建物は、お寺を除いては、百年以上持つようには考えられてない。
いま流行の、湾岸に立つ高層マンションも、どれだけ耐用年数があるか、疑問だ。
これから、高層マンションの建て替え問題などがでてきて、やっと建物の寿命について考える。
建築する時は、その時代の流行の建物にする。
だから、日本のビルは、安っぽいんだ(涙)。
安っぽい家に住んでいるから、日本人は安っぽい、その場限りの考えになってしまう。
もっとどっしりした家に住めたら、日本人も歴史や、文化、伝統について、考えるかもしれないが。
僕は重厚な「ロンドレス」に宿を決めて、部屋にバックパックを置く。
自分の部屋が決まれば今日は十分で、あとは特に何もすることはない。

ゲーブルくんは、サンチアゴの有名な日本人宿「五月女」へ行く。
僕はゲーブルくんにくっついていく。

その理由は2つ。
一つは、有名な五月女がどんなところか、話のネタにするため。

もう一つは、日本語の文庫本を借りるため。
自分でも、五月女にプレゼントする文庫本を持っているしね。

地下鉄に乗って「BAQUEDANO」駅で降りて、「レストラン ハポン」を捜す。
その2階が「ペンション五月女」というゲストハウスだと聞いている。

ハポンは、AV. VICUNA MACKENNAをMARCOLETAで曲がったら、すぐに見つかる。
トントンと2階へ上がり、ゲーブルくんは泊まる交渉をしている。

僕は中へ入って、すぐに本棚を見つける。
「本を持ってきたので、少し借りていきますねー。また持ってきますから」と、大声であいさつをして、勝手に文庫本をあさる。

最初なのにあまりに多くの本を持っていくと嫌われるので、文庫本を2冊借りることにした。
何度か顔を出して、宿泊者とある程度親しくなれば、いくらでも本は読めるしね。

ゲーブルくんは、五月女をそんなに気に入ってはいない雰囲気だ。
僕も正直、このときの宿泊者の皆さんの感じは、好きではなかったね。

だが、ゲーブルくんはとにかく、五月女にチェックインした。
そのあと、2人でサンチアゴの中心部をうろつき、レストランでステーキとワインの夕食にする。
ちゃんとしたレストランで、ステーキを食べて、ワインを取って、全部で5百円程度だった。
しばらくはサンチアゴでの、「ステーキとワインの日々」が続く。


南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx