『ラファエル・ラルコ・エレラ博物館(MUSEO RAFAEL LARCO HERRERA)を見るのは、話のネタを作るため@リマ/ペルー』
1989年6月8日(1ドル=2800インティ)。

日本へ絵葉書を送ると、600インティだった(30円弱)。
続いて、ドルをインティへ両替しようと、サンマルティン広場へ行った。

最近ペルーの通貨「インティ」のレートが、変に上昇している。
ペルー政府が6月6日の夜に、なにか政策発表したらしい。

昨日は3000インティ、今日は2800インティ。
一部では、2500インティという両替商もいた。

ここで、20ドルの現金を56000インティに両替する。
毎日両替レートが変化していても、ホテル代が1ドルで、ビールの大瓶が60円程度ならば、文句をはないよ。

今日は「MUSEO RAFAEL LARCO HERRERA」へ行くつもりだ。
この博物館には、エッチをしている土器があるらしいからね(笑)♪

間違えては困るが、土器がエッチをしているのではないよ。
エッチをしているのは人間で、その体位を土器にしたものがあるというのだ。

これは、世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)としては、ゼッタイに逃せない。
人間として、一番大切なこと、それは「話が面白いこと」だ。

いくらエッチな話を知っていて、話が上手でも、それが本で読んだり、人から聞いた話ではダメだ。
僕のように、実際にエッチな体験をしていなければ、ウソになるからね。

エッチな体験とはいっても、ただたくさんエッチをしていても意味がない。
「どういう変わったシチュエーションでエッチをするか」というのが、ポイントなんだよ。

とにかく世界常識として、「話の面白くない男ほどつまらないものはない」んだから(涙)。
日本人というのは、世界中で馬鹿にされている。

理由は単純明快、「日本人の話がつまらない」からなんだよ。
世界旅行者ほど興味深い話が出来る日本人はいないだろうね。

いまからでも外務省が頼みに来たならば、僕は米国大使になってあげてもいいよ。
僕は何しろ、英語もフランス語もスペイン語もしゃべれるしね。

話が面白いという、その点だけで人生が測られるならば、僕は人生の成功者だ。
ただ日本では、「話が面白い男」は、社会的に弾圧されるからねー。

日本社会は「話の面白くない男」の集団で成立している。
「話の面白くない男」なんて、社会的に存在価値はないとおもうけどね。

だから、日本の男性は、バーやクラブに行って、お金を払って、女の子に「面白くない話」を聞いてもらっている。
それではダメなんだよ。

世界旅行者協会には銀座や六本木のクラブのホステスさんがいる(いた)。
僕は彼女たちとワリカンで、話をしていたからね。

僕にお金がないときは、女性からおごってもらうこともよくあった。
その理由は、僕の話が面白いからなんだよ。

それは、僕の文章(旅行記)を読めばわかるだろう。
僕の文章のファンは、知的で個性的な女性が多い。

それがまた、僕の文章の欠点でもあるわけでね。
僕の旅行記の欠点は、頭の悪い男性に嫌われるらしいこと。

頭の悪い男なんかと知り合っても意味がないから、どうでもいいんだけどね。
でも、頭のいい女性だけを対象に文章を書いていたら、ブレイクはしにくいだろう。

そこが僕の欠点なんだよ。
でも、この1989年6月8日の朝は、そこまで深くは考えてなかった。

「話のネタになるところへはゼッタイに行かなければならない」という意識が、世界旅行者を突き動かしていたわけだ。

僕は「ゼッタイに一生の話のネタになる、エッチな土器を見るぜっ(笑)」、という意欲に満ちていた。
これはコレクティボに乗っていったと思うが、興奮していたせいか、料金がいくらだったか残してない。

「ラファエル・ラルコ・エレラ博物館(MUSEO RAFAEL LARCO HERRERA)」は、入場料が学割を効かせて5000インティだった。
この博物館の特徴は、展示品にほとんど説明がないこと。

普通の展示品は適当に見て、目的の「性交体位土器」に移った。
最初から「性交体位土器」を見に行くと、スケベ!と思われるからね。

博物館の人に聞くと、目的の土器は別館にあるとのこと。
案内されて、土器を見る。

ガラスケースに入った土器を見ると、後背位や側位が多かった。
昔はバックからするのが一般的だったみたいだ。

こういう知識があると、女の子とエッチをするとき役に立つ。
「プレインカ文明では、後背位が普通だったんだよ」とバックに誘いやすいわけだ。

しかも知的だ♪

フェラチオの土器もあったが、期待していた「乱交土器」はなかった。
博物館の人が一緒になって見学していた。

だから、僕も「フムフム、興味深い土器ですねー」という態度を取っていた。
実際は、「オイオイ、こういう体位よくやるよなー(笑)」という話をしたかったんだけどね。

リマの中心部に戻って、NEWSWEEK(6000inti)とIHT(6500inti)を買った。
天安門事件の記事がないか、気になっていたからね。

シェラトンホテル近くのバス会社で、6月10日のナスカへの切符をTEPSAで買った。
ナスカへの出発時間が午前11時30分、座席番号は28番、料金は9220インティ(3ドル)だ。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx