キトの旧市街@エクアドル
1989年5月14日日曜日、僕はコスタリカのサンホセから、キトへと飛んだ。
この時の問題点は、エクアドルのビザが必要かどうか、それがはっきりしなかったこと。
結局、サンホセのエクアドル大使館で、受付の女性に泣きついて、20ドルも払ってビザを特別に当日発給してもらった。
実際はビザは不要だったんだけどさ…。
しかし、世界旅行者という立場からは、パスポートにエクアドルのビザも増えた。
ビザでバタバタしたという話のネタもできたのでうれしい。
しかも、「結局ビザは不要で、心配しただけ損した」という、オチまでついている。
オチのない話は、聞いててイライラするしね(笑)。
飛行機の中で隣に座ったオーストラリア人のデイビッド君と一緒に、夕暮れの町をバスに乗って、キトの旧市街サントドミンゴ広場へ到着。
ホテルスークレの屋上の掘っ立て小屋へ泊まった(シングルルームで、1泊1ドル)。
翌日、キトの、サンアグスティン教会、サンフランシスコ教会、サントドミンゴ教会などで片っ端から祈る。
これから始まる南米一周旅行を祈ったのだ。
そのあと、アメリカ大使館に行くと、簡単に、あっけなく、インタビューもなしに、ポロッと、5年有効の、米国のB-1,B-2ビザ(観光、短期商用)が取れてしまった♪
神に祈ることが、旅行ではとても大切なことがこれでもわかるだろう。
【旅行哲学】神に祈り、神にすがる、そして神の導きのままに進む、それが海外個人旅行だ。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx