キトの旧市街のホテルを当り、「スークレ」から「ワシコンチネンタル」へ移って、教会で神に祈る@キト/エクアドル
1989年5月15日朝、エクアドルの首都キトの安宿「ホテルスークレ」の屋上部屋で目を覚ます。
部屋から外に出て、スークレの屋上で大きく背伸びをする。
やっと南米まで来たぞ!
ところでこの話は、1989年のこと。
日本人にとっては、南米というだけで、大冒険だった時代だ。
この時代は、南米ツアーの料金が馬鹿高かった。
南米のツアーに参加すると、短期の旅行でも最低でも60万円した。
南米の名所を織り込んであちこち回るツアーだと、百万円を軽く越えるのが常識だったよ。
また、よほどの金持ちでないと、南米旅行を考えることさえしなかった。
南米ツアーに参加するには、時間的な余裕も必要だ。
一週間で南米旅行なんて、とても考えられない。
最低でも、2週間、3週間程度の旅行になったのではないだろうか。
今では短期のツアーも出てきて、南米が好きな人の間では、短期の旅行を繰り返す人も多いようだが。
この時代の南米旅行と言えば、時間とお金に余裕のある高年齢者のツアーと、安宿に泊まり歩く極端な長期旅行者に二分されていた。
僕としては、高額なツアーに参加していないだけで、「南米へ来ただけで、百万円得した」という感じかな(笑)。
すると、南米を何か月も旅していたら、一千万円くらいお得になるかもしれない(驚)。
日本でこんな能天気で馬鹿なことを考えたり、口にしたりすると、平均とは違っているという罪状で、刑務所に送られるかも。
ここは南米だから、何を考えても、何を言っても、逮捕されない(もちろん、日本語で言った場合だ)。
この時代に僕が出会う日本人は、長期旅行者だらけだった。
もう一つのタイプとしては、「アメリカでバイトをして金を貯めて、南米で(白人女性と)遊ぶ」という人もいたようだ。
このタイプは、いずれ、サンパウロの「荒木」で出会うことになるので、お楽しみにね♪
僕としては、エクアドルに元気で到着しただけで、感動だ。
僕が泊まっている、ホテルスークレの屋上に作られた部屋には、トイレもシャワーもない。
顔を洗うのも屋上の共同洗濯場で、トイレも共同のものが屋上にあった。
これでは落ち着けないし、長くいることは出来ない。
この時代、ホテルスークレは「Lonely Planet」にも紹介してあったバックパッカー向けの安宿だった。
そのあと、どうやら日本人だらけの「日本人宿」になったらしく、「Lonely Planet」からは落ちてしまったようだ。
僕が行った時は、日本人には一人も会わなかったが、いたのかもしれない。
シングルで400スークレ(百円)と安いが、もっと落ち着いた部屋を見つけたいものだ。
キトでは、いろいろと考えること、やることがあって、数日は過ごすことになるし。
僕はまず、宿を出て、ホテルの前のサンフランシスコ広場へ歩く。
まずサンフランシスコ教会で、祈った。
次に、適当なホテルを捜して、キトの旧市街を歩き回る。
目に付いたホテルに次々と飛び込んで、部屋を見せてもらい、値段を確認いていく。
「BENALCAZAR」は千スークレ(250円)だったが、特にいいとは思わない。
「HOTEL INTERNACIONAL VIENA」は3700スークレ(925円)と、ちょっと高すぎる。
「ROMA600」というホテルが、2040スークレ(510円)。
結局、「HOTEL HUASI CONTINENTAL」にした。
このホテルは、部屋にホットシャワーも、トイレもあって、料金が1300スークレ(325円)。
窓は小さいのが欠点だが、壁が厚くてどっしりいているので、落ち着くしね。
ホテルスークレをチェックアウトして、バックパックをワシコンチネンタルに移動して、ホッとした。
自分の確実な居場所を見つけた、という感じかな。
引き続き、キトの旧市街を歩いて回って、目に付いた教会で片っ端から祈った。
「サンアウグスティン教会」、「サントドミンゴ教会」、それからもちろん「カテドラル」ね。
キトの旧市街の教会は、どれも古くて、建物自体が歪んでいる感じがした。
教会の入り口には、ロウソクを売る人がいる。
僕は、ロウソクを買って、薄暗い教会に入り、ロウソクを灯す。
老婆が1人熱心に祈り続けていた。
僕も、祭壇に向かって、ひざまずき、強く祈る。
僕をここまで導いた、神の力に対してだ。
ホテルを移動し、教会で神に祈っても、まだ午前中だ。
次は何をしよう?
そう、まず、観光案内所へ行ってみましょう。
次にちょっと気になっている、ドルの現金を入手しておいた方がいいかも。
観光案内所へ行く前に、ホットシャワーを浴びて、髭をそり、髪を整える。
そうして、一番汚れのないTシャツを着る。
その理由は、次回に説明しますね。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx