『キトから、小雨のジャングルをバスで14時間かけて、アマゾン低地コカへ』@コカ/エクアドル
1989年5月23日、キトのホテルで午前5時半に起床。
荷物をまとめて、トイレに行って午前6時40分にホテルを出て、午前7時にバスターミナルに到着。
バスの切符は昨日買ってある。
「バーニョス社」のバスで、シート番号9番、2100スークレ。
この時代、1ドルが550スークレなので、エイヤッと、1スークレは0.25円と考える。
つまり、100スークレが25円。
2100スークレとは、525円。
バスは、午前7時半に出て、エクアドルのアマゾン低地オリエンテのコカに午後8時半到着予定。
13時間のバス旅だね。
もちろん、海外旅行では、予定が予定通りにいくことは、ほとんど期待できないわけだが。
バスはほとんど時間通りに、キトの「クマンダバスターミナル」を出る。
少し走ると、都会を出て、あとは田舎道から、ジャングルに入っていく。
そのあとは、ほとんど記憶がない。
なにしろ、20年以上前の話だからね。
途中で、軍の検問があったのを記憶している。
バスの乗客は、1人ずつ呼ばれて、身分証明書をチェックされる。
そのとき、僕はアーミージャケットを着ていた。
「アーミージャケットは禁止だ」と、没収されそうになる。
僕は、スペイン語で、「キトでもアーミージャケットを着ている人を見ました」と弁解する。
また、「僕はこれがないと旅が出来ません(涙)」と、お情けにすがった。
僕のたどたどしいスペイン語と、みすぼらしい服装で、切り抜けたわけだね。
アマゾン低地へどんどん下っていくと、小雨が降り続いていた。
バスを途中で降りる人もいるわけで、昼過ぎには、バスは結構ガラガラになって、居心地がよくなった。
ところが、細い崖道で、バスが停まっているのを発見。
どうやら、前日に出発したバスが、途中でエンストしてたようだ。
その客をこちらのバスに移したので、突然また満員になった。
僕の隣に坐った人と話をすると、「昨夜から同じ場所でバスが来るのを待っていた」という。
いやはや、大変だね。
バスの中に突然、人が増えた。
また、アマゾン低地に下るに連れて湿気が増し、気温が上がっていったので、気持ちが悪くなる。
このバスは、一応昼間のバスだから、バスの中で夜を明かすことはない。
それが唯一の希望の光かな。
コカへの到着は午後8時半の予定だったが、結局、午後9時45分になった。
14時間15分かかったわけだ。
途中で何回か、トイレ休息はあったが、大はしなかった。
これは、バスに乗る数日前から、体調については念入りに整えていたので、よかったのだろう。
世界旅行主義にも「トイレのない長距離バスに乗って下痢をするのは地獄」という格言がある。
とにかく、コカに到着したことを、神に感謝する。
続いて、コカの町を歩き、灯りのついていたホテルに飛び込む。
これが「HOTEL AUCA」で、シングルが2千スークレ(500円)。
荷物を置いて、外に出て、向かいのレストランで夕食にする。
スープとチキンにビールを飲んで、千スークレ(250円)。
たまたま、エクアドル海岸の町グアヤキルから来たレストラン経営者と話が弾んだ。
30歳で、金歯きらきらしていたので、記憶に残っている。
明日は、ここコカ(COCA)から、ナポ川(RIO NAPO)を遡るボートに乗る。
上流のミサウアジ(MISAHUALLI)まで、約9時間のボートの旅の予定。
ボートにはもちろん、トイレはないだろう。
いま考えると、よくこんな無謀な旅をしたものだ。
その時代でも、40歳近かったのだから、単純に何も考えてなかったのか。
とにかくこの日は、キトからコカへ、バスを14時間以上乗り倒した。
明日のボートがどんなものか、それは明日にならなければわからない。
だったら、いまは考えないようにしよう。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx