『話の面白くない、旅行常識がわかってない旅行者の扱いに困る』@ラパス/ボリビア
1989年7月8日、この日はまず、ドルのトラベラーズチェックを両替した。
200ドルのトラベラーズチェックを、20ドルの現金10枚に替える。

この時期の南米ではドルのキャッシュがモノを言ったからね。
でも、南米旅行にドルの現金だけ持って行くのは、自殺行為。

ドルのトラベラーズチェックを持っていって、払えるところはそれで支払う。
手数料の安いところで、トラベラーズチェックをドルの現金に替えて、ドルの現金を手にしておく。
これが、南米旅行の基本パターン。

例えば、ボリビアでも、チャカルタージャ山やティワナク遺跡へのツアー代金はドル払いだった。
中南米では、航空券もツアー料金もドルで示してあることが多くてドルがそのまま使えることも多い。

続いて、80ドルのトラベラーズチェックを、現地通貨の203ボリビアーノにした(1ボリビアーノは約50円)。
メルカード(市場)などで、実際に細かいものを買うには、現地通貨が必要だからね。

現金を入手して、ホテルトリノに一週間分の支払いをする。
1泊8ボリビアーノ(4百円)で、7月2日から7月8日までの7泊分、56ボリビアーノ。

シングルルームに一週間泊まって、2千8百円だ(笑)♪

正直、このレベルの宿泊費でなければ、長期旅行というのは不可能だよ。
だから、長期旅行者は宿泊費の安いところに集まることになる。

「ホテルトリノ」がキモチよかったのは、安宿なのに、宿泊費が後払いなところ。
また、宿泊費の請求をしない。
これは、ホテルが上品な雰囲気を持っているからだ。
先にも紹介したこのホテルのオーナーの女性は、顔つきを見ても、育ちがいいとわかるからね。
上品な人というのは、ちょっと顔を見て、二言三言、言葉を交わせばすぐにわかる。
日本でも海外でも、人は本質的に同じタイプとしか付き合わないもの。
僕は上品で頭のいい人が好きだ。
僕を好きな人は上品で頭がいいという噂です♪

この日も日本人会館へ行くと、薬剤師くんがいて、あいさつをする。
他に、初めて会う日本人が2人いた。

僕の旅行ノートには「ポルトガル」と「ロス」とだけ、短く書いてある。
こう書いた理由は、1人が「ポルトガルから南米へ来た」、もう1人が「ロサンゼルスから南米へ来た」から。
そのほかには何も書いてない。
ほとんど話をしなかったから書くことがないわけだ。

僕が彼らと話しなかった理由を説明しておこう。
とにかく、話が面白くなかった(涙)。
話が面白くない男というのは最低だね。
何の使い道もなんだから。
旅先で出会う旅行者というものは、共通の話題がある。
もちろんそれは、自分の旅の体験談だ。
旅を続けていれば、面白い話をいくつも持っている。
それは自分の話かもしれないし、自分が出会った旅行者の話かもしれないし、旅の噂かもしれないけどね。
旅行者というものは、いくらでも面白い話を持っているものなんだよ。
この「ポルトガル」と「ロス」は、全く話が面白くなかった。
話が面白くないだけならば、日本人にはそういう人もいる。
そういう場合は、僕が面白い話を聞きだすことにしている。
なぜ、僕が彼らの話を聞きださなかったのか。
この2人とも、特別な理由もないのに、異常に態度がでかかったんだ。

僕はこのころまでに、世界各地で日本人旅行者と出会ってきた。
僕は、興味深い旅行者には、自分から次々と話しかけている。

僕はディープな話にもって行くのがとても上手だ。
日本にいたら話さないことでも、海外でたまたま出会った、話の面白いおじさんには話してしまうもの。

僕は、少なくとも日本人旅行者については、深い理解をしている。
その僕から見て、この「ポルトガル」と「ロス」というのは、無駄に偉ぶっていて、底が浅かった。

誰にでも興味を持つ僕が、ほとんど話してないんだから。
旅先でちょっと言葉を交わせば、すぐにその人間が見えてしまう。

どういう旅をしてきたかによって、その旅人がどういう人間なのか、モロにわかってしまうからね。
旅人は、旅の仕方によって、その人間そのものがバレバレに見えてしまうんだ。

僕が「ポルトガル」と「ロス」を、あっさりと切り捨てた理由は、彼らに情報を集めようというキモチが感じられなかったから。
僕と薬剤師くんは、6月29日の夕方にペルーのプーノから、ラパスへ入った。
ラパスでは、チャカルタージャ山、ティワナク遺跡へ行っている。
僕たちはすでに10日近くラパスを歩き回っている。
旅行者ならば、僕たちからラパスの情報を聞きだすのが普通だ。
情報を集めるためには、そこにいる旅行者に対しては、下手に出ることが基本。
彼らは、とにかく態度がでかい上に、話が面白くない。
だから、僕もこの「ポルトガル」と「ロス」は、あっさり見切ったわけだ。
旅先では、「旅行者同士の見栄張り勝負」というものが存在する。
見栄を張る前に、相手の旅行者がどのくらいの旅行経験を持っているかを、考えた方がいいよ。
下手な旅行自慢をすると、より豊富な旅行経験者から一気に潰されてしまうこともある。
旅行自慢をする前には、相手の雰囲気や話し方から、旅行経験を推定することが大事。
僕くらいすごい旅行経験を持っていれば、相手が誰であろうと勝てるけどね。
それを自分から言わないのが、本物の世界旅行者なんだ。
僕の旅行記からもわかるように、旅先では僕は必要以上に下手に出て、相手をおだてあげ、何も知らない振りをして、情報を吸い上げてきた。
馬鹿な振りができる、何も知らない振りが出来る、これが本物の旅行者なんだ。

僕は1989年夏のこのときまでに、イギリスでは語学学校に通って、ケンブリッジ英検特級(CPE)を取っていた。
スペインのバルセロナでスペイン語学校に通っていた。

アフリカのナイロビではアリアンフランセーズ(フランス語学校)で黒人美人OLの皆さまと机を並べていた。
ヨーロッパ中をほとんど旅し尽くした。

ロンドンからニューヨークへ飛び、ニューヨークに一か月ほど滞在しカナダ・米国をグレイハウンドで2か月以上走り回った
ロサンゼルスのダウンタウンで3か月ほど過ごした
英語雑誌を読み、英字新聞を読み、英語のペーパーバックをほとんど毎日読んでいた。
ロサンゼルスでは、英語学習クラスにも通た。
ロサンゼルスから、陸路でメキシコ中米と下りコスタリカからエクアドルへ飛び、そこから陸路で、ペルーを回る。
日本人南米旅行者の定番パターンとして、グアテマラのアンティグアでスペイン語学校にも通った。
南米にはいっても、エクアドルからペルーペルーからボリビアへは陸路国境越えをして、いまラパスにいる。
これから引き続き、南米一周の予定だ。
南米へ入るまでにこれだけの旅行経験を持ってるやつなんかいないよ。
しかも僕は、京都大学工学部を卒業している。
「ポルトガル(と呼んでる男)」は、ただポルトガルから南米へ飛んできたことだけで自分がすごい人間だと思い上がっている。
誰を相手にしているかわからないで、自慢話をしようとした。
僕は旅行初心者の自慢話なんか聞くつもりもない。
素人旅行者の話なんか、面白くもなんともないから、すぐに話を打ち切ったんじゃないかな。

この「ポルトガル」と僕が旅行ノートに書いた日本人は、これ以降、日本人会館でも町でも、姿を見ることはなかった。
どこかへ逃げ出したか、ラパスのホテルで引きこもっていたのだろう。

問題だったのが、「ロス」と僕が呼んだ男だった。
この旅行者については、引き続き語ることになるので、楽しみに待ってください。
これは、人間に対する深い洞察があるので、わかる人はわかると思うよ。
なかなか難しい話になるので、ご期待ください。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx