『プーノ(ペルー)からボリビアの国境を越えて、巨大宇宙船のようなラパスの光の中へ突入する』@ラパス/ボリビア

1989年6月29日。
プーノ(ペルー)からラパス(ボリビア)へ国境を越える朝になった。
今日で、ペルーともお別れだ。
5月28日にエクアドルからペルーへの陸路国境をバスで越えた。
6月29日にペルーからボリビアの国境を越える。
つまり、ペルー滞在は33日間ということだね。

午前6時に目を覚まし、キッチリと朝食(desayuno)を取る。
昨日予約していた国境越えのバス「TRANSAMERICANO」のバスが、ホテルにやってくる。

バスがホテルに来たのが午前7時半で、客が集まるのを待って、出発が午前8時20分。
そのままガタゴトと走って、午前10時半に国境手前で、両替をする。

使い残していた6千9百インティが、6ボリビアーノになる。
6千9百インティは2ドル30セントで、この時期のレートだと約3百円。

3百円が6ボリビアーノに替わったので、1ボリビアーノは約50円と考えられるね。
中南米の陸路国境では、だいたい国境手前と、国境を越えたところに、両替商がいる。
特に両替のレートが悪いわけではない(悪いことも、いいこともある)。
時には町の中の銀行で替えるよりも、レートがずっといいこともある。
国境の手前で、ペルーの通貨インティを、ボリビアの通貨ボリビアーノに両替する。
そのまま、ペルーとボリビアの国境を越えた。

日本人がどうしても慣れないことは、陸路国境越えで時差があること。
ペルー時間が午前11時半だが、歩いて国境を越ええると、ボリビア時間では午後12時半となったよ(笑)。

ボリビアに入って、バスでコパカバーナ(COPACABANA)という町へ。
コパカバーナのレストランで昼食となる。
LOMO(腿肉)のサラダつきが5ボリビアーナ(250円)。
セルベッサ(CERVEZA/ビール)「ラパス(LA PAZ)」の大瓶一本が3ボリビアーノ(150円)。

ここで薄々感じたんだが、全体的にボリビアの方が、ペルーよりも物価が高いんじゃないかってこと。
特に、ビールの値段が高い気がする。
海外個人旅行では、ビールの値段で、すっかりその国の印象が変わるからね。
ペルーでは、ホテルで飲んでも、大瓶で2300インティ(100円)だったんだが。
ビールが高いのは最悪だ。
これで僕のボリビアの印象がぐぐっと悪くなった。
コパカバーナのレストランでは、1ドルを2.6ボリビアーノで両替していた。
この時期の1ドルは130円くらいなので、1ボリビアーノが50円で間違いない。
食事を終えて、マイクロバスに乗り換える。
マイクロバスの席が足りず、5〜6人は、別のバスで移動することになった。
マイクロバスは、午後2時にコパカバーナを出発する。
午後3時半に、船着場に出た。
船着場では、バスと乗客が分かれて、チチカカ湖を船で渡る。
バスは、小型の台船に乗せた。
台船大きさが小さいので、僕たちが乗ってきた大型バスを、マイクロバス2台に分けたってことね。
乗客は、小さなボートに別れて乗って移動する(0.5ボリビアーノ/25円)。
この船がものすごく小さくて丸くて、一寸法師のお椀みたいな記憶があるが、それは昔のことなので、自信がない。
チチカカ湖を無事に渡って、またバスに乗り込み、ラパスに向けて出発だ。

景色に変化のないアンデス高原をだらだらと走った。
だんだんと日が暮れてきて、暗くなる。
旅行者にとっては、日が暮れて、暗くなったあとに新しい町に到着するというのは避けた方がいいのだが…。
いつになったら着くのだろうと、隣の薬剤師くんと不安な眼差しを交わす。
ペルー時間の午前8時20分(ボリビア時間の午前9時20分)にバスが出た。
それから、国境を越え、チチカカ湖をボートで渡って、アンデス高原をたらたらと走ってきた。

いい加減に疲れた。
ラパスに着いてから、まだ安宿を探さなければならないんだから(涙)。

バスの窓から見ると、相変わらず、なにもないアンデスの高原が広がっている。
僕たちが向かっているラパスというのは、ボリビアの首都だよ。

首都ならば、近づくに連れて、郊外にも人の住む地域があって、徐々に賑やかになり、それから都市の中心に入るだろう。
まだまだ時間がかかるのだろうか(涙)。
ウンザリしていたら、突然、バスはグイーンと下り坂に入った。
アレレッと思うと、目の前に光がドカーンと広がる。
バスに乗っていた僕たちを、光が包み込む。
「未知との遭遇」の巨大宇宙船の中に入るような気持ちになる。
僕はすぐに理解したけどね。
ラパスは、アンデス高原にある都市で、すり鉢状にくぼんだ内側に町が広がっている。
僕を乗せたバスは、高原地帯から突然、そのすり鉢の内側に入ったんだ。
バスは周囲をラパスの灯りに取り囲まれている。
僕はわかった。
「神は僕に、このすばらしいシーンを見せたかったんだ」ってね。
バスはすり鉢の斜面を降りて、すり鉢の底、町の中心の道路わきに停車する。
薬剤師くんと僕は、バスを降りて、ホッとする。
ペルー時間の午前8時20分に、プーノを出た。
ラパス到着は、ボリビア時間の午後6時(ペルー時間だと午後5時)過ぎだった。
約9時間かかって、プーノからラパスへの移動したということ。
薬剤師くんと僕は、バックパックを背負って、歩き出す。
これから、安宿探しがあるんだ(笑)。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx