イズアスの滝で、アルゼンチンの入国スタンプがないのを、無事に切り抜ける@イグアスの滝国境/アルゼンチン〜ブラジル
注意:この国境越えの体験談は、1989年のもので、今とは違うと思います。あくまでも過去の旅行記として、お楽しみください。
1989年8月4日、午前11時、ブエノスアイレスからのバスは、無事プエルトイグアスのバスターミナルへ到着。
20時間半のバスで、かなり疲れたが、顔を洗い、ひげを剃り、歯を磨き、トイレに行く。
その前にビールを飲んだのは、緊張をほぐすため。
僕は、ウルグアイからアルゼンチンへ入ったときの、入国スタンプを持ってない。
ブエノスアイレスで、相談に行った日本大使館の女性職員の話では、理論的には「密入国」ということらしい。
しかし、「アルゼンチンではよくあること」だそうだ。
国境の係官に相談すればいいだけで、別に問題になるようなことではないらしい。
ただ、日本人というのは、規則は厳密に守ろうと思う民族。
日本人は、とにかく他の人とずれてしまっていると、恐怖を感じる性格だ。
他の人がみんな入国スタンプを持っているのに、自分が入国スタンプがない。
こういう場合は、日本人は、入国スタンプがないこと自体ではなくて、他の人と違っていることが怖い。
係官から「他のみんなは入国スタンプを持ってるのに、なぜお前だけ持ってないんだ」と言われるのが恐ろしい。
他の国の人は、「入国審査をしなかった係官が悪いだろう!」と、平気で言える。
普通の日本人は、規則どおりにしなかった自分が悪いと考えるもの。
それが日本の教育の基本にあるわけだ。
だから、僕にも言いたいことはあるが、とにかく何事もなく切り抜けられたらそれでいい。
この日一番大切なのは、アルゼンチンをトラブルなく、出国すること。
アルゼンチンのバスターミナルから、ブラジルのフォスドイグアス行きのバスに乗る(料金は320オーストラル/60円くらい)。
バスはまず、アルゼンチン側で止まった。
特に下りろとも指示されないが、僕は降りて、出国スタンプをもらわなければならないと考える。
バスは僕を降ろして、行ってしまう。
そこで係員に、アルゼンチンの入国スタンプがないことを説明して、出国スタンプが欲しいと言う。
僕としては、入国スタンプがないのはただのミスだから、単純に出国スタンプさえもらえばいい。
アルゼンチンの出国スタンプがあれば、ブラジルの入国スタンプは当然もらえる。
ブラジルのビザは、ボリビアのラパスで取ってあるしね。
係員は、ビザがないことを確認しようとするが、僕のパスポートは、増冊、合冊、増冊をしてあって、4冊分の厚さがあった。
しかも、パスポートのスタンプは、各国の係官が、そのときの気分で、好きな場所に押すもの。
決して、前から順番に押したりはしない。
自分でも、インクのかすれた、文字の読みにくいスタンプを見て、「どこのスタンプだったかなー」と思うことがよくある。
ウルグアイからアルゼンチンへ入ったときの、アルゼンチンのビザがないことなんて、アルゼンチンの出国審査で、気が付くはずがなかった。
もともと心配する必要もなかったことを、いかにも日本人らしい律儀さで、正直に申告してしまった。
係官が、スタンプを見ても、たくさんありすぎて、わけがわからない状況を見て、ハッと悟ったんだけどね。
結局僕のほうから、「入国スタンプはないんです。出国スタンプをもらえればいいんです」と言う。
係官はちょっと考えて、「入国スタンプと出国スタンプを押すから、10ドル」とのことだ。
10ドルでスッキリするのならば、まあいいことだと思おう。
本当は、5ドルという話も聞いていたが。
結局10ドル払って、8月4日付の、イグアスの滝での入国スタンプと、出国スタンプをもらった。
入国スタンプがない問題は、これで完全解決したわけだ。
愛想よく挨拶を交わして、僕は次に来たバスに乗る(料金は320オーストラル)。
バスが、ブラジル側の国境事務所へ寄る。
僕が降りると、バスは行ってしまう。
ブラジルの入国審査を受けて、ビザを見せて、入国スタンプをもらう。
正式にブラジル入国完了。
またバスに乗って(料金は320オーストラル)、料金を支払い、フォスドイグアスの町へ。
結局、3回も別のバスに乗って、出国と入国のスタンプをもらった。
バスに乗るたびに、320オーストラルを払ったので、1千オーストラルばかりかかったわけだ。
ところでこの日は、雨だった。
旅行ノートを見ると、「とんでもない雨の中を歩いて、ホテルを捜す」とある。
「Lonely Planet」に載っているホテルが見つけられない(存在しない)。
もちろん「地球の歩き方」のホテルも、存在しない。
しかし、街中には、適当にホテルがあるし、外見から値段は予想がつく。
飛び込んで、4軒ほど当たって、バスターミナル前の「HOTEL RIOMAR」に決める。
114号室が30クルザード(約千円)。
両替すると、1米ドルが3.6クルザード。
さしあたり、20ドルを72クルザードにする。
余っていたアルゼンチンのお金は、3710オーストラルが、18.5クルザードになる。
さて、無事アルゼンチンを出国し、ブラジルに入国した。
ホテルも、千円程度の部屋を確保した。
次に考えることは、イグアスの滝を見ることではない。
イグアスの滝を見るのは当然だから、滝を見た後のことを考えるわけだ。
つまり、フォスドイグアスからの脱出だね。
バスターミナルへ行って、バスを調べる。
フォスドイグアスからサンパウロまで、16時間(33.5クルザード)。
もっとちかい、クリチバという町まで、10時間(22.38クルザード)。
ここイグアスの滝は、ブラジル、アルゼンチン、の他に、パラグアイもすぐだ。
パラグアイに入国しないのは考えられないが、首都のアスンシオンまで行くかどうか。
バスはアスンシオンまで、5時間で15クルザード。
この時代、パラグアイ入国には、ビザが必要だった。
アスンシオン行きバス会社の女の子に、ビザのことを聞く。
「ビザは、5分もかからないでできます」とのこと。
つまり、問題は全くない。
イグアスの滝を見さえすれば、あとはバスに乗って、どこへでも簡単にいけるね。
これで、だいたいの旅行予定は組み立てられる。
今日はこれでいい。
フォスドイグアスには、バイキング形式のレストランが多い。
ステーキを含む料理が、5クルザードで、600MLのビール一本が、2クルザード。
ビールに、ステーキ、スープ、サラダ、スパゲッティ、ライスの食事が2ドルしないわけだ。
味も口に合うし、店の人も愛想がよく、オキラクだ。
アルゼンチンの変に堅苦しい雰囲気とはかなり違うね。
イグアスの滝を見るのは、明日にしましょう。
まだ雨が降り続いていたしね。
20時間のバスは、やはり疲れたので、ホテルでとっととベッドに入りました。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx