プエルトストロエスネルのタックスフリーが怪しいものだらけだったので、とっととブラジルへ戻る。おまけに「入国」を論じる」@プエルトストロエスネル/パラグアイ

【カザフスタン国境】
1989年8月4日はアルゼンチンからブラジルへの国境を越えた。
国境越えで大切なことは、ちゃんと出国スタンプ、入国スタンプをもらうことだ。
スタンプがないと、文句を付けられて、いろいろトラブルが起きたりするからね。
日本人は、その点きちんと考える。
日本は国境が海だから、正式の入国か、密入国か、二つしかないと考える。
しかし、入国スタンプがなくても、その国へ入って、歩き回ることはできる。
ある国の土地を、自分の足で歩いていれば、それを入国と考えるのが、世界旅行者協会の考え方だ。
例えば、バングラデシュの首都ダッカで、トランジット宿泊したとき。
普通トランジット宿泊の場合は、ホテルに閉じ込められて、ホテルの敷地から出ることはできない。
この場合、ホテルに泊まって、敷地を歩けば、確かにその国の土地を歩いたことにはなるのだが、入国というのはおかしいね。
ところが1984年のダッカの場合、管理がいい加減だったので、ホテルを出て、勝手に町の中をうろついていた。
僕はこのとき、人力車に乗りたくて、1ドル札を出したが、ダッカのリキシャーマンは1ドル札を受け取らず、リキシャーにも乗れなかった。
これが僕の「バングラデシュ旅行記」だ。
これだけでは面白くないが、飛行機を乗り継ぐときに、旅行者同士が情報を与え合って、助け合った話は感動的だよ。
近々、書く予定なので、ご期待ください。
また、上の写真はカザフスタン国境だ。
中央アジアでは、ソ連時代、中央アジア各国の国境は意味がなかったので、ウズベキスタンの道路がカザフスタン領へ入っていた。
道路は、ウズベキスタンを走っていて、途中でカザフスタンを通り、またウズベキスタンへ戻る。
しかし、車に乗っているだけでは、自分の足で歩いていないので、通過しても入国したとはいえないだろう。
僕は、ツアーバスをわざわざ止めて、カザフスタンの土地を歩き回った。
とすれば、ほんの一部分であっても、確かにその土地を踏んでいるわけだから、スタンプがなくてもこれは入国だね。
これが僕の「カザフスタン旅行記」だ。
ベラルーシになると、リトアニアのビリニュスからポーランドのワルシャワへの列車が、途中でベラルーシ領を通過していた。
列車の中で、ベラルーシの通過ビザを取らされた。
これで列車から降りなければ、ベラルーシ旅行記は書けない。
しかし、わざわざ列車から降ろされて、入国審査を受けたよ。
だから、法律的にも、実体的にも、僕はベラルーシのビザを取り、ベラルーシ国内を歩いている。
これは、50ドルという大金もかかり、夜中に一人列車を降ろされて、ロシア語をしゃべるなど、大変だったが、いまとなればいい旅行だった。
これが僕の「ベラルーシ旅行記」なんだ。
次は、いよいよお待ちかねの、僕の「パラグアイ旅行記」だ。
イグアスの滝は、アルゼンチンとブラジルの国境にまたがっている。
ブラジルとパラグアイは、すぐ近くだ。
ここら辺の国境は、戦争の影響でかなり変化しているらしい。
ブラジルのフォスドイグアスの町から、短い橋を渡ると、そこはもうパラグアイ。
入国審査無しに、パラグアイのプエルトストロエスネルという町へ入れる。
この町は、国境にあって、免税地区になっているらしく、ブラジルからも買い物客が自由に行き来している。
僕が行った1989年は「プエルトストロエスネル」だったが、そのあと「プエルトデルエステ」と名前が変わった。
政治的な問題があったのでしょうが、それはネットででも簡単に調べられます。
南米を旅しているときに、パラグアイが親日的で、日本人旅行者の集まる日本人宿もあると聞いていた。
調べたら、「ホテル内山田」でした。
面白いところらしく、南米には、パラグアイファンの人もいるとか。
僕の場合は、旅を急いでいるからね。
別にアスンシオンへ行っても仕方ないし、また同じ道を戻ってこなければならない。
僕としては、左奥歯のクラウンが外れているのが気になっているので、とくかく日系人歯科医のいるサンパウロへ行きたい。
アスンシオンで時間を使っても意味はない。
国境の町を歩いて、免税のウィスキーでも買って、日本食堂でご飯でも食べれば、それでいい。
とにかく行ってみましょう。
市内バスターミナルの向かいから、「Pto. Stroessner」行きのバスに乗る。
料金は1.90クルザード(95円)。
バスは何のチェックもなく、橋を渡り、パラグアイの国境を越えて、停車する。
僕は、とっとと降りて、あるきだす。
この町は本当に人出が多く、ゴミゴミしたところだった。
いろんな品物を売っているので、冷やかしながら、通りをうろうろする。
一応行くつもりだった、日本食堂が見つからない。
売ってある品物をじっくりと見ると、ほとんどが怪しい。
カメラなどは、ほとんどがニセモノだ。
同じカメラなのに、名前だけが、ペンタックスとかニコンとか、キャノンと名前が違っているだけ(笑)。
おもちゃなら納得するが、一応まともそうに見えるところが怖い。
他の店でも、中途半端なものが次々と見つかる。
ウィスキーはとても信じられない。
中身は紅茶かもしれないし。
結局、何も買わなかった。
歩きつかれたところでまた国境へ戻る。
今度は、ブラジルへと橋を歩いて渡りました。
入国も出国も、ノーチェックで国境を越えた。
ブラジル側で、バス(0.4クルゼーロ/20円)に乗り、バスターミナルへ戻った。
わざわざプエルトストロエスネルまでバスに乗らなくてもよかったみたい。
まだ時間はある。
そうだ、「イタイプーダム」見学に行きましょう。
で、イタイプーダムって、なーに(笑)??

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx