ティワナク遺跡で太陽の門を見たあと、日本人会館の旅行者諸君とホテルトリノで飲む@ラパス/ボリビア
ティワナク(Tiahuanaco)遺跡はペルーのプーノからボリビアのラパスへ行く途中の道路わきに存在する。
僕はコパカバーナからボートでチチカカ湖を横切って、ラパスへ来るルートを使った。
しかし、チチカカ湖を渡らないルートだと、デサグアデーロ(Desaguadero)へ出る。
国境の町デサグアデーロからラパスへ通じる道路わきに、ティワナク遺跡が存在する。
気の利いたツアーバスならば、国境越えの途中で寄ってくれるかもしれない。
それとも、別にした方が金が儲かるので、寄らないかな。
少なくとも、このルートは国境越えのメインルート。
とすれば、地元の人が利用するローカルバスが通っているはずだ。
世界旅行者ならば、ツアーなどに参加せずに、もちろんローカルバスに乗っていく。
ボリビアの首都ラパスはすり鉢状の都市で、すり鉢の底が中心街、官庁街、繁華街。
すり鉢の上のほうが庶民の生活地域、上に行けば行くほど貧乏人が住むことになる。
ということはだね、庶民が使うローカルバスの出発地は当然坂を上ったところになる。
世界旅行者の歳だと、4000mの高地でさらに上り坂を歩くなんてことは疲れる。
1989年7月5日、中心地からタクシーに乗って(2ボリビアーノ/百円)バス会社へ行った。
行ったのはいいが、バスを見るとすでに超満員で、人間ばかりか鶏や豚までぎっしり乗っている。
これにさらに乗り込むのは大変だと、ローカルバスで行くことはあっさり諦める。

世界旅行者の性格で特徴的なのは、「なんでもすぐに諦める」ってこと。
帰りはもちろん下り坂なので、ゆっくりと歩いて中心街に戻った。
町の中にある「国立考古学博物館(MUSEO TIUHUANACO/MUSEO NACIONAL DE ARQUEOLOGIA)」へ行って、ティワナク遺跡のことを研究する。
入場料は2ボリビアーノだったが、メキシコシティで作ったISIC(国際学生証)を見せて、1.75ボリビアーノにする。

日本人会館で食事をしていると、ゲーブルくんに会う。
2人で翌日一緒にティワナク遺跡へ行くことに話を決めて、バス会社へ予約をする。

一日ツアーで1人26ボリビアーノ。
1ボリビアーノは50円と考えるので約1300円、これは結構高いよね。

翌朝、1989年7月7日、旅行会社が僕の宿にピックアップに来るのが午前8時50分。
ピックアップの約束は午前8時だったのだから、気分が悪い。
南米だからと怒りを押える。
ゲーブルくんと僕が乗った中型バスは走り続けて、2時間後の午前11時に、ティワナク遺跡へと到着した。

遺跡には、目立つものとしては、有名な「太陽の門(Puerta del Sol)」がある。
その他は特に大きな建築物はない。
丘のまわりはインカ風の石垣が取り囲んでいる。
これは遺跡そのものよりも、アンデスの高地の青い空の下に立つ門を見るだけで価値があるということでしょうか。
たいして見るものがないので、「これでおわりっ!」と、見るのを止める。
遺跡横のレストランでコーヒーを飲んで、世間話をして時間をつぶす。
一応遺跡には2時間滞在したが、実際は、1時間も見なかったと思うよ。
正直たいしたことないんだから。
ゲーブルくんも僕も、中米南米の遺跡を片っ端から見て回っている。
その2人が興味を持てなかったという意味は、「ティワナク遺跡はつまらない」ってことね。
ただ、ラパスに来てティワナク遺跡を見ないでは済まされない。
そこが難しい問題なんだろうね。
でも、僕はちゃんと見たので、これでオワリ。
ツアーバスは、現地を午後1時出発して、ラパス到着が午後2時15分だ。

そろそろラパス脱出を考えているので、鉄道駅(ESTACION DE FERROCARRIL)へ行ってみる。
銀山で有名なポトシ行きのフェロバス(FERROBUS)を見つける。
ESPECIALが22ボリビアーノ(千百円)。
PULLMANという豪華列車はなかったが。
これが、7月8日の土曜日に、運行する。
しかし明日出発は無理だ。
まだまだラパスでは、やることがある。
大聖堂に行って、これからの旅路を示すように祈った。
夜はまた、日本人会館へ行く。
僕は、本を4冊借り出した。
日本人会館にいた旅行者4人と、僕のホテルに戻ってビールを飲んだ。
話はいつものように、盛り上がった。
僕が話を振っているのだから。
クスコから時々会っていた日本女性2人組みが、僕がいる「ホテルトリノ」へ、移ってきたそうだ。
ホテルトリノは居心地がいいので、みんなに来るように勧める。
その結果、この時期ラパスにいた日本人旅行者は、みんなトリノに集合してしまった。
【旅行哲学】この時期、ホテルトリノに日本人旅行者が集まったのは、僕が誘ったからです。
xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx