馬でピサック遺跡へ登り、ピックアップの荷台でクスコへ戻る@ウルバンバ渓谷/クスコ/ペルー

【ピサックの日曜市で買ったインカ帽をかぶって海外旅行講演してます】
これは、ピサック遺跡に馬で登ると…@ピサック/クスコ/ペルーの続きです。

ピサックの日曜市で、手編みのインカ帽子を買った。
これが上の、海外旅行講演の写真で、僕がかぶっている茶色のやつだ。

交渉した結果、そのころの値段で4500インティでゲットした。
1989年はペルーの通貨が「インティ」で、この通貨は毎日激しく変動していた。

僕がクスコにいた1989年6月は、だいたい1ドルが3千インティを超える程度。
だから、4500インティは180円くらいだね。

手編みのインカ帽子が180円なら安いと思いませんか?
それに、このインカ帽はとても役に立つんだ。

例えば、世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)ファンや雑誌編集者、メディア関係者と最初に待ち合わせする時にいい。
いくら僕が写真を公開している(著書にも写真を大量掲載している)有名人だとしても、初めて会うときは、すぐにわからない場合もあるだろうね。

ところが、このインカ帽をかぶっていれば一発で世界旅行者だとわかる。
東京にいる普通のおじさんがインカ帽をかぶってる可能性は限りなく低いからね。

読者の皆さん、クスコへ行ったらお土産にいいですよ♪
そのインカ帽をピサックの日曜市で購入した。

そのあと、ピサック遺跡へ馬に乗って、登りだした。
この馬がすごかった。

子供が馬と一緒に山を登っていく。
子供は歩いていて、時々馬のお尻を鞭で叩く。

すると馬は、急に走り出したりする。
その馬には、僕が乗っているわけだけどね。

何しろ僕の長い人生で、初めて馬に乗ったわけなので、ただ馬にしがみつくだけ。
山道はとても狭くて、片側は断崖絶壁だ。

子供が馬の尻を打つと、馬はその断崖へ向けて走り出す。
僕は「もう僕の人生は終わった…」と、何度も思ったよ。

しかし馬は馬で、変な日本人を乗せたまま崖から飛び降りるつもりはない。
崖の手前でちゃんと止まるんだ。

考えてみれば、馬に乗ってた方が安全かもね(笑)。
このときもナスカで知り合った薬剤師くんが一緒だった。

2人で「死ぬー!」と叫びあっていた。
子供はむっつりしていたが、僕はその瞳の中に隠し切れない悦楽を読み取ったよ。

僕たちは馬2頭を連ねて、叫びながら、山道を上っていった。
と、後ろから声がかかって、1人で馬に乗った白人美女が追い越していった。

僕はその白人女性のお尻を見ながら、絶望的な人種的劣等感を感じたね。
というか、金持ちと貧乏人の絶対的な格差、というものかもしれないが。

おそらく20分程度で山の上の平らなところへ着いた。
ここで僕は、特に意識したのではなくて、杉良太郎の「すきま風」を歌っていた。

「いいさ、生きてさーえいれば〜」
そのあとに僕は、「いつか、ピサック遺跡にめぐり合えるー♪」と続けた。

ピサック遺跡で馬を降りて、約束の2500インティに500インティのチップ渡した。
あとは歩いて、ピサック遺跡を見て回る。

歩いて「INTIHUATANA(インティワタナ)」へ行き、さらにトンネルを通って、「QALLAGASA(カジャガサ)」へ。
カジャガサでは石組みだけではなくて、日干し煉瓦(ADOBE)も使ってあった。

正直言うと、遺跡自体については、それほどの記憶はない。
遺跡に腰掛けて、ウルバンバ渓谷を見下ろしたときの感情だけが、今も残っている。

ウルバンバ渓谷を見下ろして、僕は滅びていった文明のことを考えていた。
その文明がどんなに(今から考えれば)変わったものであろうと、そこにはたくさんの愛が生まれたことだろう。

それがどんなに激しいものであろうと、どんなに純粋な美しいものであろうと、すべて失われてしまった。
すべては滅びていく。

滅びと戦うこと出来ない。
すべてのものは、ゼッタイに滅びるのだから。

人に出来ることは、ただ滅びること、失われることを、受け入れることだけ。
世界旅行者をピサック遺跡へ導いた神の意思を感じていた。

一緒に来た薬剤師くんも、南米一周中の本格的な個人旅行者なので、互いに干渉することはない。
静かにウルバンバ渓谷の風に吹かれている。

「あらっ、日本の方?」という声が聞こえる。
声のする方へ振り返ると、日本人カップルが立っていた。

普通の観光客の服装なので、「あの山道をここまで上るのは大変だったろうなー」と考えた。
それを聞いてみると、彼らは「山の上までタクシーで来た」そうだ。

遺跡の裏には、ちゃんと舗装された道路が走っていたよ(涙)。
これはかなりなショックだったね。

薬剤師くんと一緒に山道を歩いて降りると、30分ほどかかった。
ピサックには教会もあったので、僕はとにかく神に祈った。

そのあと、ピサックからクスコへのバスを待つのが大変だったんだよ。
バスは来るのだが、ほとんど満員で乗れない。

また、日曜の午後のせいなのか、バスを待つ人が多かった。
やってくる車に声をかけて、ヒッチハイクをする人もいる。

この状況では、下手すると「ピサックで泊まらなければならないかも」と覚悟を決める。
僕は「神よ、助けてください!」と心で祈った。
僕の祈りはすぐに通じて、特別なピックアップトラックがスーッとやってきた。
みんながぞろぞろと乗り込む。

僕と薬剤師くんも荷台に乗った。
このピックアップの料金が1人千インティ(約40円)だった。

荷台でペルー人のお姉さんと世間話をしていたら、クスコに到着しました。
これは僕が中南米を陸路でゆっくりと旅行していた、1989年の話です。

いま(2009年)は、最初からタクシーで突入した方がいいでしょう。
クスコやウルバンバ渓谷に、きちんと交通システムが整備されているとは思えないからね。

【旅行哲学】見に行った遺跡よりも、帰りのバスを待つ時間が想い出に残ることもある。
xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx