『南米の日本人宿を論じ、ペンション花田へ行って本を借りだし、メルセー教会で祈る』@クスコ/ペルー

【日本人宿リバーハウスにて@ナイロビ/ケニア(1988)】
1989年には、南米への日本語ガイドブックは頼れるものはなかった。
日本語のガイドブックとしては、オデッセイの中南米旅行ガイドブックがあったが、これは情報が少なすぎた。

「地球の歩き方」も南米を出していたが、これはとにかく、いい加減な本だったよ。
オデッセイの方は、実際に旅行した人が書いていた。

「地球の歩き方」は、おそらくいろんな情報をパクッて本を作っていた。
英語のガイドブックからのパクリも多かったが、英語を訳し間違った部分も多かった。

1989年のこの時代は、旅行者同士の情報交換に実際的な意味があったわけだ。
これを書いている2009年になると、昔のような本格的な旅行者もいない。

インターネットやガイドブックでいくらでも旅の情報が入手できる。
旅行者同士の情報交換に、それほどの意味がなくなった。

人と会話が出来ないヒキコモリでも、海外旅行が出来る。
海外に出ても、現地の人や旅行者と会話もしないでいい。

でも、ネットで(日本語の)情報をかき集めて、要領よく旅をしたとして、それは旅だろうか?
そんなものは、旅のようなものではあるが、旅ではなく、ただのお笑いだよ。

旅の面白さを、自分から捨てているわけだから。
旅とは、旅先でのとんでもない人との出会いなんだから。

僕が南米へ来たのは、理由があった。
アジア、ヨーロッパ、アフリカと旅をして、まだ時間もお金もあるならば、アメリカ大陸へ渡るのは自然なことだろう。

ただ、北米を一周した後、さらに中米、南米と下っていくには、またもう一つの動機が必要だね。
それが、僕が1988年の夏に、イスタンブールで出合った「世界一周自動車旅行者」だった。

彼は、大阪で土木工事の現場監督をしていたと言っていた。
アメリカ大陸を回って、それからヨーロッパへ渡り、イスタンブールへと来ていた。

これからアジア横断して、日本へ向かうとのこと。
そのころのイスタンブールの日本人宿「モーラ」に泊まっていたので、知り合ったわけだ。

彼の話では、「南米の女性は情熱的だ♪南米を旅行している日本女性も情熱的だったねー(うふふっ)♪」とのこと。
それが理由で僕は、南米へ下ろうと思ったわけではないけどね。

自動車男から聞いた、南米の日本人宿情報は次の通り。
僕の旅行ノートを調べると、僕が彼から得た情報が書いてある。
サンパウロ ペンション荒木
サンチアゴ ペンション日本(ハポン)
リマ    ペンション西海(にしうめ)
アスンシオン スキヤキ亭
アラサトゥーバ ユバ農場
たった、これだけだ。
僕はこの日本人宿情報だけで、南米へ下ってきた。

「日本人宿の場所はどこですか?」、「電話番号はいくつですか?」、「予約はできますか?」などは考えない。
行けばわかることを、行く前から調べても意味はない。

クスコには、日本人宿として「ペンション花田」が存在する。
前回述べたように、日本人宿に行けば、「旅の情報が手に入る」かもしれないし、「(日本人相手に)旅行自慢が出来る」かもしれない。

もう一つの大きな理由は、「日本人宿には必ず日本語の本がある」ってこと。
日本人宿というのは、日本人旅行者が長期にボーッと滞在しているところだ。

絶対に、日本語の文庫本、日本のマンガがある。
僕の最初の世界一周旅行(1987〜1990)では、まず、ナイロビの「リバーハウス」が最初の日本人宿だった。

リバーハウスには、日本食と、日本の音楽(カセットプレーヤーとカセットテープ)があり、日本語の本がたくさんあった。
ロサンゼルスの「大元(ダイマル)」と「ホテル加宝」も日本人宿だったが、ここは旅行者のための宿ではなかった。

そうそう、中米を下る時に、中米グアテマラのアンティグアにあった日本レストラン「ZEN(ゼン)」にも行ったっけ。
ここは、日本語の本がたくさんあって、日本人が集まっていた。

日本人が集まる宿、食堂には、日本語の文庫本がたくさんあるものなんだよ。
僕は、日本語の文庫本をゲットしようと、ペンション花田へと歩く。

「地球の歩き方・ペルー '08-'09」を読むと、まだペンション花田は存在するようだ。
ちょっと坂を登って行くと、花田はすぐに見つかった。

経営者の花田さんがいた。
花田さんももともとは南米旅行者で、ペルー人の奥さんと知り合って結婚したそうだ。
スペインはバルセロナの日本食レストラン「小雪」のマスターみたいな人なんだね。
気楽に会話をして、コーヒーと餡子をご馳走になった。
日本人旅行者が3人くらい泊まっていて、結構話が弾んだ。
その中に、ニューヨークでビデオの宅配のバイトをしてお金を貯めて、南米へ下ってきたという若者がいたのを覚えている。
旅行者同士の話は、特に変な人が混じらない限り、大いに盛り上がるものだ。
互いに話す内容(旅のトンデモ話)を持っているし、泊まった宿などの情報交換も出来る。
僕は中南米旅行中に、ロサンゼルスのホテル加宝の宣伝をしていた。
中南米旅行者が、どんどんホテル加宝へやってきたそうだ。
僕が中南米を一周してホテル加宝へ戻ったら、「西本さんのおかげでお客さんが増えました♪」と、僕の扱いが非常によくなったよ。
僕が直接話した人だけではなくて、旅の噂というのは、旅人から旅人へ、広まっていくものだしね。
1989年のホテル加宝は、ロサンジェルスのダウンタウンのど真ん中で、快適なテレビ付きのシングルルームが、一週間95ドルだった。
この情報は、中南米を旅行した後、日本へ帰国する前に、ロサンジェルスに滞在するには貴重な情報だったしね。
他の旅行者からも、僕がこれから進むボリビア、アルゼンチン、チリ、などの情報を得た。
適当に雑談をしていると、夕食時間になる。

花田の夕食は、お味噌汁つきの日本食だった。
僕は花田に泊まっていないので、ちょっと遠慮をして、夕食を取らずに外へ出る。

花田の本棚から、文庫本を2冊借り出した。
和久俊三の「沈黙の裁き」と、豊田有恒の「パチャカマに落ちる陽」。

サンフランシスコ広場で、肉の串焼き(300インティ/12円)を2本買った。
ホテルでビール(2300インティ/92円)を2本買って、夕食にした。

結局、1989年6月15日は、マチュピチュへの翌日の切符を買ったばかりではない。
20ドルをインティに両替して、花田へ行って本を2冊借り出した。
明日は、南米旅行の白眉「マチュピチュ」へ向かう。
旅の一日としては、とても充実していた。

サンフランシスコ広場から、アルマス広場へ歩くと、途中の「La Merced(メルセー教会)」の扉が開いている。
教会の中に入り、祭壇にひざまずいて、神に祈った。
「すべては、ただ、神の指し示すまま」

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx