ホテル池田の人に日本人歯科医の予約を取ってもらい、ペンション荒木へ突入すると…@リベルダージ東洋人街/サンパウロ/ブラジル

1989年8月8日、ブラジルサンパウロの東洋人街の「ホテル池田」303号室で目を覚ます。
昨夜気がついたが、目覚まし時計を、クリチバのホテルに忘れてきたようだ。
このところ、いろんなものをあちこちに忘れてきているね。
一昨日は、懐中電灯を忘れた。
昨日は、目覚まし時計を置き忘れた。
小型英語辞書の「COLLINS GEM」になると、何冊世界中に忘れてきたか、わからない。
もちろん、英語のペーパーバックは結構忘れている。
一番忘れたのが、「IT」だったね。
これは、本自体が厚いので、読み終わるまでに時間がかかり、途中で忘れることも多かった。
僕の旅行記にも、書いてある。
シェルブールへの列車の中で「IT」を読んでた。
最後は、トルコで読み終わり、出会った女性にプレゼントしたっけ。
旅を長く続けていれば、いろんなものを置き忘れてしまう。
不要だと思ったものは、捨てたり、送ったりする。
そうして、必要なものだけと一緒に旅をするようになる。
僕が、1987年から1990年の、最初の世界一周をして、日本に戻ってきたときは、僕のたいして大きくないバックパックはガラガラでユルユルだったよ。
日本に戻って、部屋を借りて、最初のうちは、本当に、布団も無しでやっていこうと思ったんだけどね。
もちろんテレビも持たないようにした。
しかし生活していると、だんだん荷物が増えていって、動きが取れなくなったりする。
人間は、本当は荷物なんか要らない。
人間関係もどんどんなくなって、所有物もなくなって、最後は枯れたように死んでいくのが、本当だろうね。
おそらく江戸時代の長屋住まいの庶民は、ほとんど持ち物がなかっただろうし。
結局、目覚まし時計は、サンパウロで買ったんだけれど、これがさすがブラジル製(?)。
ムーブメントがいい加減で、時計として使えないので、捨てて、またどこかで買ったよ。
この時代は、中国製の懐中電灯が、世界中どこでも1ドルで売ってたので、それを買った。
懐中電灯なんて、下手に高いものを買っても、旅先に置き忘れるものだから、安物でいいです。
まず今日は、サンパウロへ来た目的を果たさなければならない。
日本語を話す、ホテル池田の人に歯を治療したいと言って、日系人歯科医の予約を取ってもらった。
さすが、リベルダージの東洋人街(実は日本人街)、日本語でテキパキ、スンナリと片付く。
予約は今日の午後4時に入ったので、それまでに、リベルダージ探検とでも行きますか。
まず、60ドルを両替すると、レートは1ドルが3.68クルゼーロだった。
これは、リベルダージの旅行会社での両替。
次に、リベルダージの観光案内所へ行って、サンパウロの地図をもらう(無料)。
「日本文化協会」(サンジョアキン381)へ行って、図書館のチェックをした。
このとき、0.2クルザード(10円)払ったと思う。
僕の旅行ノートに書いてあるからね。
次は、南米中にその名がとどろく日本人宿「ペンソン荒木」だ(サンジョアキン193)。
ここには日本人旅行者が固まっているという話で、ひょっとしたら僕の知っている旅行者もいるかなというキモチ。
僕は世界中の日本人宿に入りlこむテクニックを持ってるから、オキラクなものだ。
大声で、「すみませーん!」と声をかけて、中に入る。
そのあとは、漫画雑誌なんかを持って、読もうかという姿勢で、「サンパウロに着いたばかりなんですよ。何か面白い話、ないですかね〜」と言う。
とにかく下手に出て、相手を持ち上げて、情報を得ることだ。
日本人宿に行って、最初から、「僕は世界一周の途中なんですけど」などと、上から出てはダメ。
「生意気なやつだ」と思われたら、相手にしてもらえなくなるからね。
ところが、さすがペンション荒木の猛者諸君だ。
僕は、「何か面白い話」とは言ったが、海外旅行を考えていた。
彼らが語り始めたのは、サンパウロの夜遊びの話だったよ。
女性の連れ出し方とか、値段とかね。
この勝負では、僕の完全な負けだ。
まあ、いま考えてみれば、僕も素人さんには見えないわけで、向こうも、新人に脅しをかけたってことなんでしょう。
僕は「ところで、○○くんという人、来てませんか?」と話を続ける。
僕はこれからも、ペンション荒木にやってきて、いろんな人と話をするつもりだ。
そのためには、「友人と荒木で待ち合わせしている。おかしいなー。もう来ると思うんですけどね」という、ストーリーがあると便利なんだ。
実際には待ち合わせはしてないが、僕を知ってる人が泊まってるかもしれないしね。
結局、荒木に泊まっている日本人2人と話をした。
このとき(1989/08/08)は、荒木には新館と休館があり、宿泊者で満室だとか。
満室だと、30人ほど泊まれるらしい。
一泊は5クルゼーロ(250円)、コーヒーは飲み放題。
適当に馬鹿話をしていたら、歯科医の予約の午後4時が近くなったので、荒木を出る。
歯科治療をしてもらって、歯科医と日本語で話をして、一安心。
リベルダージの東洋人街は、まだまだ、探検したほうがいいね。
それに、荒木の状況ももっと知りたいし。
今日は、さらっと表面を見ただけだと思う。
誰か面白い旅行者と、会わないかなー。
女の子を見つけたら、一緒にバスに乗って、リオデジャネイロへ行ってもいいわけだからね。
今日はここまでで、いいでしょう。
明日になれば、また明日の面白いことが待っている。
だってまだ僕は、30歳代で、若いんだ。
注)歯科治療ネタを知りたい人は、僕の本「世界冷汗一人旅」を読んでください。
サンパウロの歯科治療の詳しい話は、ボルネオのミリでの歯の話と一緒に、『世界冷や汗一人旅』に、詳しく書いてあります。
アマゾンで入手可能ですから、是非、ご購入お願いします♪

xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx