『パチャカマ(Pachacamac)遺跡(パチャカマ神殿)へローカルバスで往復し、一人海を眺める@リマ郊外/ペルー』
これは、僕の中南米一周旅行の話。
1989年5月28日、エクアドルから陸路国境を越えて、ペルーのトゥンベスへ入る。

トゥンベスからバスでトルヒーヨへ移動した(12時間)。
トルヒーヨに滞在して、チャンチャン、アルコイリス、ワカデルソルとワカデラルナの各遺跡を見る。

さらに、トルヒーヨから日帰りで、チンボテ、カスマ経由でセチン遺跡を日帰りで見た。
結局トルヒーヨに1週間ほどいたので、いつも両替する銀行で、ペルー人男性とも知り合っていた。

彼は「いつまでトルヒーヨにいるんだ?」と、聞いてきたけどね。
その理由は、単純明快、とっととリマへ移動する予定の日にお腹を壊して、バスに乗れなかったから(涙)。

お腹が落ち着いて、トイレの心配がなくなったころ、バスに乗る。
トルヒーヨから夜行バスでリマ(9時間)へ。

町を歩いて、安ホテルを当たって、「HOTEL EUROPA」へ入った。
ここがシングルルームで3900インティ。

この時代、毎日両替レートは変化していた。
6月始めだと、1ドルは3300インティと考える。

つまり、シングルルームが1ドル20セント程度。
1ドルを130円と考えると、150円程度。

シャワーやトイレは共同でもシングルで150円だと、旅はとても楽になるね(笑)♪
このホテルは、米国からの若者のツアーみたいなものもいて、かなり人気があったようだ。

さて僕の南米旅行計画を語ろう。
これからリマからナスカへバスで移動して、ナスカの地上絵を見るつもり。

リマ市内で、「TEPSA」「ORMENO」「ROGGERO」というバス会社へ行って、ナスカへのバスをチェックした。
バスを比較して、TEPSAの午前11時半発で、ナスカに夕方に着くバスでいいと考える。

チリへ行ったらイースター島へ行くことも考えてないわけではなかった。
リマのアルマス広場にあった「金城旅行社」へ行って、フクイさんという日系の女性に相談した。

予約だけなら無料ということだったので、一ヵ月後のイースター島への往復切符を予約した。
このとき、サンチャゴからイースター島までの往復が税金21パーセントを入れて、449ドル。

結局は、一ヵ月後までにサンチャゴへたどり着けなかったので、この予約は自動消滅した。
旅の途中でだんだんイースター島のモアイの価値について疑問を持ってしまった。

1989年の南米は物価が安かった。
だから500ドル近い金を、イースター島の往復だけに使うのは、かなりの度胸が必要だった。

リマで、だいたいの旅行計画は出来た。
ナスカ経由でクスコへ行き、マチュピチュなどのインカ遺跡を見て、ボリビアへ入る。

ボリビアからチリへ抜けて、どんどん南へ下っていこう。
そのあとは、旅をしながら考えればいいだろう。

いままでペルー北部から遺跡を見てきたので、リマ近辺の遺跡に行くことを考える。
「パチャカマ遺跡」というのがリマの郊外にあるようだ。

6月5日、アルマス広場の南にある観光案内所へ歩いた。
パチャカマ遺跡への行き方を聞く。

最初は「タクシーで行け」と言われた。
そこを無理にローカルバスで行きたいと説得して、バス乗り場を教えてもらう。

6月6日に、パチャカマ遺跡へ行くことにする。
バスが出発すると言われた場所は、「Montevideo y Andahuaylas」という交差点付近。
バス乗り場といっても、ただのみすぼらしい通りだ。

おんぼろバスが3台ほど停車していた。
子供がバスを洗っている。

「パチャカマ遺跡へ行くか」と聞いても答がない。
ちょっと身体の大きなおじさんに聞くと、「パチャカマへは行かない」という。

わけがわからないので、立ち去ろうとしたが、バスに乗り込む人がいる。
その人にパチャカマ遺跡へ行くかと聞くと、行くと言う。

バスに乗り込んで、じっとしていた。
だんだん人が増えきたので、さらに確認すると、みんなが遺跡へ行くと答える。

バスが動き出す。
見ると、「パチャカマ遺跡へ行かない」と答えたおじさんが、バスの運転手だったよ(笑)。

乗客は親切で、パチャカマ遺跡へ来ると、降りる場所を教えてくれた。
約1時間、料金は450インティ(20円弱)だった。

遺跡の入場料は、6千インティ(200円)。
僕はメキシコシティで作った国際学生証(ISIC)があるので600インティ(20円)で入れた。

説明のパンフレットが4千インティ。
遺跡は全長4kmあるそうだ。

遺跡は修復中の雰囲気で、しかもほとんど見学者がいない。
ピラミッドや建物の跡は入場禁止だが、中央を貫く「Calle este-oeste(東西通り)」を歩いた。

この通りの一部では、通りの両側の壁が迫っていて、とても神秘的だ。
「Templo del sol(太陽の神殿)」は、階段があって、歩いて上れる。

太陽の神殿の上からは海岸線が見え、左手には沖に島々が見えた。
ペルーの太平洋岸は、常にぼんやりし感じで、水平線はけぶって、はっきりとは見えない。

「Palace of the Mamacunas」という、インカに捧げられる女性の教育センターを見た。
かなり大きな遺跡だが、とにかく僕が行ったときは、ほとんど観光客を見かけなかったのがよかった。

リマへの帰りは、遺跡から出た通りに立って、通りかかったバスを呼び止める。
もちろん、遺跡の前にバス停なんかは存在しない。
リマから乗ってきたバスとは反対側の道端に立って、やってくるバスに手を上げるだけだ。
リマも、結構歩き倒しているので、リマに戻りさえすれば、宿までは何とかたどり着けるからね。
手を上げても、満員のバスは、僕のために止まったりしない。
3台目くらいで、バスが止まってくれた。
帰りのバスでは、リマまでの運賃は600インティ(30円)で、ちょっと高かった。
が、バスもきれいだったよ。
往復ともローカルバスに乗って、ほとんど観光客のいない遺跡を見た。
これは、神に選ばれた世界旅行者のみに許された特権だ。
いまは、リマ市内からツアーが出ていることでしょう。
でもそれでは、海外旅行の話としては、面白くない。
わけのわからないローカルバスで、遺跡まで往復したことが、面白いんだ。
正直、パチャカマ遺跡自体は、それほどのものではないと思うし。

【旅行哲学】リマからパチャカマ遺跡へ、ローカルバスを利用して往復する。これはポイントが高いね(笑)。
xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx