『ローカルバスを乗り継いで、クスコからオリャンタイタンボへ往復』@クスコ/ペルー

大きな地図で見る

1989年6月14日にアレキパからクスコへ到着。
クスコからマチュピチュへの切符を自分で手配してマチュピチュへ行きアグアスカリエンテスからクスコへ戻った。
別の日に、ピサックピサック遺跡を見に行った。
クスコ内の教会や、遺跡を全部見た。

昨日は、ローカルバスと歩きで、タンボマチャイ、プカプカラ、CUSILLUCHAYOC、ケンコー、サクサイワマンを見た。
あと思い浮かぶのは、ウルバンバ谷(URUBAMBA VALLEY)のオリャンタイタンボ(OLLYANTAYTAMBO)かな。

この旅行記を書いている2009年だと、オリャンタイタンボは、マチュピチュへ行く列車に乗る駅としての方が有名のようだ。
僕が旅をした1989年は、わざわざオリャンタイタンボから列車に乗る人はほとんどいなかった。

オリャンタイタンボには、大きな遺跡があるから、それを見に行くわけだ。

まずクスコから15人乗りのコレクティボに乗って、ウルバンバへ。
1500インティ(60円)。

ウルバンバで降りて、そこからは、インカのおばさんたちとトラックの荷台に乗った。
これが500インティ(20円)。

乗り換え時間も含めて、2時間ちょっとでオリャンタイタンボへ到着した。
これは、オリャンタイタンボの町から上った斜面を登ったところにある遺跡だ。

特徴的なのが、「6個の巨石」その間に石板を挟んでいる。
覚えているのが、そのころの「地球の歩き方・南米」では、巨石ではなくて、「洞窟」と書いてあったこと。

おそらく、「Lonely Planet」の英語を翻訳し間違ったのだろう。
そのころのクスコでは笑い話のネタになっていた。

何しろこの「地球の歩き方」では、「南半球では太陽は西から昇る」と書いてあったんだから(涙)。
いくらでも突っ込める素人っぽい作りが、そのころの「地球の歩き方」の人気だったんだけどね(笑)。
今では「地球の歩き方」も普通の旅行ガイドブックになってしまった。
宿も、最初に、1泊数万円する高級ホテルの説明がある。
バックパッカーが使うガイドブックではない。
日本人バックパッカーも、英語ガイドブックの「Lonely Planet」を読めばいいだけだ。
日本人バックパッカーというのは、基本的にあんまり賢い人は多くない。
英文ガイドブックにある程度の、簡単な英語も読めないようだ。
海外に出て、現地の人や、他の国のバックパッカーとも話せない。
正直、こんな状況ならば、海外旅行に出ても、面白くないだろう。
海外旅行に出ない方がいいと思うんだけどね。
僕は、日本政府に、「英語もしゃべれないような日本人は海外への個人旅行を禁止すべきだ」と提案しておこう。

オリャンタイタンボ遺跡の特徴としては、遺跡の下の方にある水場が目立ったくらいかな。
インカの遺跡には、水の供給が豊富なところが興味深いんだ。

世界旅行主義によると「どんな遺跡も2時間で見られる」。
というわけだから、オリャンタイタンボにも時間をかけなかった。

サッと見て、とっととクスコへ戻ることにする。
オリャンタイタンボからウルバンバヘは、コレクティボで500インティ(20円)。

ウルバンバからクスコへは、ミニバスで1200インティ(48円)。
行きも帰りも、ウルバンバでの乗り換え時間を含めて、片道2時間ちょっとで済んだ。

クスコへ戻って、郵便局へ。
すると、ペンション花田の花田さんと出会って、また花田へ行く。

前回宿泊していたのは、日本人旅行者3人だったが、新しい日本人が増えていた。
このときにわかったのだが、近々「インティライミ」というお祭りがあるそうだ。

クスコの町で、子供が行進をしていたり、急に旅行者が増えたのは、「インティライミ」が近いからしい。
花田さんから過去のインティライミの写真を見せてもらった。
あまり感心しない。
たいしたお祭りじゃないね。
インカの人たちは、リオのカーニバルのような爆発的な感情を持ってない。
インカの人たちは、穏やかな、静かな人たちなんだよ。
僕が花田さんの写真を見て感じたのは、「インティライミは、観光客向けに作られたものだな」ってこと。
そんなお祭の影響で、クスコに人が増えたりするのも、困るよなー。

花田に泊まる日本人旅行者が増えたのも、インティライミを見に来たらしい。
コカ茶を飲みながら、日本人旅行者諸君と話をしたが、あんまり盛り上がらない。

このときは、それほどの長期旅行者がいなかったからかな。
短期でポイントポイントを見て旅行をするタイプと、長期旅行者というのは、基本的に違うからね。

僕としては、また花田へ行って、週刊宝石をゲットできたのが、うれしかったかな。
インティライミという有名なお祭りが、近々あるという情報を得た。
インティライミを見て、それから、クスコを出るのが、旅の常道だろうか。
それもこれも、明日考えればいいこと。
今日考えるのは止めよう。
僕は週刊宝石の、久しぶりの日本女性のグラビアを見て、ぐっすりと眠りにつきました。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx