「ネッカールツアーズ(NECKAR TOURS)」@ホテルコロニアル/シウダボリバール/ベネズエラ

ベネズエラといえば、エンジェルフォールズ。
そのほかは、ミスワールドなどのコンテストの優勝者の常連国。
つまり、滝と女性は世界的に有名だ。
ではそのほかは…、というと、もちろん石油が出る。

だから、その石油の富をちゃんと分配すれば、世界でもまれに見るステキな国になっていたことだろう。
南米で最初の高速道路を作ったのは、ベネズエラなんだからね。
中東の国は、部族制度なので、案外と富の分配はうまく行っているとか。
例えば、「ドーハの悲劇」で有名なカタールは、石油収入があるので、国民は一生遊んで暮らせる。
だから、カタールで実際に働いているのは、出稼ぎに来た外国人だけ。
カタール国民は、王族も含めて、海外で遊び暮らしている。
ベネズエラも、中東アラブ諸国のように、国民に富を分配すればよかった。
ところが、アラブ諸国のような部族社会でもなく、宗教の縛りもないベネズエラでは、富は権力者が独占するもの。
その石油は収入は、一部の富裕層、権力者に独占されて、一般国民は貧しいままだ。
だから、政治的なトラブルが続いている。

そういう不安定な国では、誰かを下に置かないと精神的に安定しない。
というわけで、ベネズエラの一番の特徴は、東洋人差別だ。

個人旅行した日本人で、ベネズエラをよく言う人はいない。
また、日本人駐在員も、ベネズエラはできるだけ避けたい国のトップらしいよ。

ベネズエラの首都カラカスのヒルトンホテルには、日本人専用のフロアがある。
日本語の新聞も、雑誌も、日本語を話すスタッフも、日本人向けのレストランも何もかも揃っているとか。
それを逆に言うと、日本人は他のところでは気持ちよく過ごせないってことなんだよね。
僕も、カラカスにいたときは、ホテルでもレストランでも、ずいぶんひどい目にあったよ(涙)。
でも、地方に行けば、そんな変なことは考えないもの。
エンジェルフォールズ観光の起点、シウダボリバールでは、親切にしてくれた。
と言っても、そのホテルの階段ですれ違った若者は、東洋人(日本人)を馬鹿にしたようなことを言ったけどさ。
僕はスペイン語がわかるので、珍しく、ちょっとムカッとして、反撃した。
ま、ラテンアメリカ人だから単純だ、話せば気のいいやつだったけどね。
シウダボリバールの「ホテルコロニアル(旧 グランホテルボリバール)」には旅行代理店「ネッカールツアーズ(NECKAR TOURS)」があった。
ここのおばさんとおねえさん、彼女らは普通のラテンアメリカ人らしく、冗談好きで、朗らかだった。
彼女たちに会って、「ベネズエラもやはり、ラテン系だね♪」と思い返したけどね。

ベネズエラは物価も高いし、エンジェルフォールズ以外は見るところもない。
ぜったいに日本人は馬鹿にされるので、個人では行かない方がいいです。
エンジェルフォールズを見るときは、現地でも結局はツアーに参加する。
だから、日本からのツアーがオススメです。
【写真】NECKAR TOURSのおばさんとおねえさん
【旅行哲学】世界中で日本人が人種差別されているとわからないうちは、全く世界を知らない。