からし泥棒に話しかける@ブエノスアイレス/アルゼンチン
日曜日のブエノスアイレスの青空の下を、レティロ駅を左に見てずんずんと歩く。
もっと先に長距離バスターミナルが見えてきた。

しかし僕が目指しているのはウルグアイへの船なんだ。
何かわからないが、それが「アリスカフォス」というもの。

その「アリスカフォス」の埠頭へはどこを曲がったらいいのだろう。
まあ、誰かやって来たら聞けばいい。

そう考えていると、後ろから早足で歩いてきた学生風の若者が僕を追い越そうとした。
ちょうどいい。
彼に聞こう。

「すみません。アリスカフォスのターミナルはどこなんですか?」と、スペイン語で訊ねる。
なぜか彼は僕に話しかけられて、ひどくびっくりしたようだ。

口をモゴモゴさせているところに、前から歩いてきた中年の紳士が話しかけてくる。
「失礼ですが、服にカラシが付いてますよ」

えーっ。有名なカラシ泥棒に狙われたのかっ!
僕の頭は、芝増上寺にずらりと並ぶ水子地蔵たちの手に持つ風車が台風に遭った時のようにくるくると回り出す。

さてここで、いい機会だから『カラシ、シャンプー、ケチャップ泥棒概論』をやっておこうかな。
世界旅行者みどりのくつした(みどくつ/みど先生)の僕は、このすべてに出くわした経験がある。

カラシ泥棒に出会ったのは、最初にマドリッドにいたとき、蚤の市に出かけた時だ。
その頃は「吉田のラゲッジラベル」を肩から斜めに掛けて、バッグは体の前にくるようにしていた。

カラシ泥棒のことは話でよく聞いていた。
だから蚤の市を歩いている時に「カラシが付いてますよ」と知らせる人がいても、僕は落ち着いていた。

カラシが着いているだけだ。ウンコじゃないんだ。
なら、慌てることはない。

教えてくれた人に「グラシアス(ありがとう)」と言って(この教えた奴がカラシをつけた奴とぐるに決まっているのだ)しばらく平然と歩いて立ち去った。
そして、あたりに人のいないところで建物の壁を背にしてバッグを降ろす。

その肩紐を足に通して確保し、アーミージャケットを脱ぐ。
安全を確保して、ゆっくりと、どの位カラシが着いているか落ち着いて調べたものだ。

この時はカラシは目立つほどではなかった。
つまり、カラシが付いていることが重要なのだ。

旅行者がからしが付いていることに気が付いて、あわてて、パニックになって、服をを脱いだり、バッグを外したりする。
その隙をねらって、泥棒さんはバッグや上着を持っていく、のがパターンなのだからね。

ケチャップを付けられたのは、ニューヨーク34丁目の『SLOAN HOUSE YMCA』をチェックアウトした日だったよ。
グレイハウンドでカナダのモントリオールへ行くため、42丁目の『ポートオーソリティバスターミナル』まで歩いた。

バスターミナルに入って切符を買っている時に、肥った人の良さそうな黒人のおばさんが『ケチャップが着いているよ』と教えてくれた。
でも僕は(当然)、このおばさんを信じなかった。

「すぐトイレに行って落とした方がいい」と言うのだが、それはつまり「トイレに泥棒の親玉が待っている」と解釈できる。
だから、トイレには入らず、ターミナルの中のバーガーキングでティッシュを使ってケチャップを落とした。

シャンプー泥棒の場合は、僕が出くわしたのではなかった。
ペルーのナスカで一緒のホテルに泊まっていた北西君がアレキパの町を歩いている時にやられた。

同じようなパターンで「シャンプーがついてますよ」と注意された。
彼があわてているときに、日本人がよく使うウエストポーチから金を抜かれたというのだ。

といっても現金は少しだったから、大した実害はなかったのだが。
この北西君はクスコでマチュピチュ行きの列車に乗ろうとした時にもディバッグをナイフで切られた。

横を歩いていた僕は何ともなかった。
泥棒も、いじめやすい、あわてそうな人を選ぶのだ。

いじめられっ子がいくら学校を変えても、どこに行っても、同じようにいじめられるのと同じ。
「世界中どこへ行っても駄目な奴は駄目」という法則を確認することになった訳だ。

話をもとに戻そう。
ブエノスアイレスのレティロ駅前で、僕はどうやらカラシ泥棒に出会ってしまったようだ。

僕が話しかけた若者も、注意してくれた紳士も、親切に「荷物を下ろして服を脱いだ方がいい」と言う。
ここで「すぐにこの二人が怪しいと思った」と書けばいいのだろうが、それでは嘘になる。

というのはこんな南米のパリと呼ばれるブエノスアイレスでカラシ泥棒に会うとは、僕は全く予期していなかった。
心の準備が出来ていなかったのだ。

マドリッドやニューヨークやペルーなら、当然泥棒が押し寄せてくると予期している。
なにかあってもそれなりの対応が出来る。

痩せても枯れても一時は世界中の富を集めるかと言われたアルゼンチンのそれも町の中心で、日曜日の午前中に泥棒に出会うとは‥‥‥。
そこまで考えていたら、そりゃあおかしいよ、セニョール。

という訳で、僕はこの2人を、最初のうちは「見も知らぬ東洋人がカラシ泥棒に会ったのを心配してくれる親切な紳士と学生」と思いこんでいた。
思いこんでいたが、バックパックを降ろしても、僕はそれを足の間に挟んでいるので、取る訳には行かない。

それに降ろしかたを見れば、パンパンにふくれたこのバッグがかなり重いと解ったはずだ。
僕はとにかく本を山と詰めて旅行する変な人なのだから。

「ジャケットを脱いだら」と2人は言う。
僕は、このときになってやっと、ちょっと変だなと疑い始めた。

今までの経験から言って、アルゼンチンの人がアーミージャケットとジーンズの小汚ない東洋人にこんなに親切なはずはないのだもの。
ピーンと来たが、ここで「泥棒!」と叫んだところで、誰が助けてくれる訳でもない。

平気な顔で「アリスカフォスはどこですか?」と紳士に聞く。
「ここを右に曲がった突き当たりだ」と教えてくれる。

紳士は紳士の役を演じ続けなければならないのだ。
「僕はアリスカフォスに行きます。ウルグアイに行くので」と宣言する。

「今日は運行してないよ」と紳士は言う。
「行くだけ行ってみます。運行してないならば、明日の時刻も調べなきゃいけませんしね」と僕。

僕はそう言ってとっとと歩き出した。
向こうも僕が気付いたとは途中で理解していたみたいだ。

おとなしくたがいに「アディオス」と言って別れた。
まあ、こんなものだ。

アリスカフォスのターミナルのトイレで調べると、彼らもムキになったのか身体の後ろ側はジーンズもアーミージャケットもカラシだらけだった。
ちょっと恥ずかしい。

これでいい。
向こうの顔も立てたのだから。

ラテンアメリカの人たちは泥棒も含めて、非常に誇り高い人たちだ。
目の前で「この泥棒野郎!」と僕が叫んで騒いでいたら、ナイフで一突きだってあったかも知れない。

長期旅行をするという事は泥棒に会うという事も、詐欺師に会うという事も、ただの嘘つきに会うという事も、ごく自然な事なのだ。
世の中にはそういう人たちが山といるのだよね。

【旅行哲学】旅でも人生でも、恋愛でも、出会った人を信じてはいけない。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx