『国立自然史博物館を見て、イースター島旅行を考え、プエルトモンへの寝台車の切符を買う』@サンチアゴ/チリ
1989年7月20日。
「朝食(DESAYUNO)にチュラスココンパパスを食べたがおいしくなかった」と日記に書いてある。
「チュラスココンパパス」が何か記憶にない。
「チュラスコ」で検索かけたら「シュラスコ」という肉料理が引っかかった。
僕はアマゾンの中心都市マナウスでシュラスコを食べたことがある。
その時に「これがシュラスコか。初めて食べるなー♪」と感動した記憶がハッキリあるしね。
それに、朝からシュラスコのような焼肉料理を食べるはずもないし。
しかも、その値段が「450ペソした。高い」とある。
シュラスコならば、串に刺した肉の塊から、肉を切り取ってどんどん食べる。
だから、ここまで安いはずはない。

何か別の料理だったと思うが、それがなにか、忘却のかなたにある。
メキシコシティで「チュロス(CHURROS)」という揚げ菓子を食べたことがあったので、そのチュロスかもしれない。
「パパス」とはポテトのことで、揚げ菓子にポテトが付いたのだろうか。
普通は、「カフェコンレチェ」つまり、ミルクコーヒーと一緒に食べるものだが。
なにしろ1989年のことなので、いま考えても、何を食べたのか不明のままでいいだろう。
この日は、まず「国立自然史博物館(Museo Nacional de Historia Natural)」へ行った。

博物館は、サンチアゴの西の「キンタ・ノルマル公園(Parque Quinta Normal)」にある。
入場料は120ペソ(50円)。

平日の午前中の博物館へ行った理由は、ガラガラだろうと予想したから。
僕はこのときまでに、アジア、アフリカ、ヨーロッパ、北アメリカ、中央アメリカの博物館、美術館を片っ端から見ていた。

その経験から言うと、「博物館や美術館はガラガラでないと意味がない」ということね。
サンチアゴの国立自然史博物館に、平日の午前中に1人でやってきた。
ところが失敗だった。
この日の朝は、小学生の団体が、たくさん入ってたんだよ(涙)。

あまりに騒がしいので、さっさと展示物を見て、外へ出る。
ちなみに、この博物館には、モアイ像も展示してありました。

公園の池に面したベンチに座り、日本人宿の「五月女」から借りてきた日本の文庫本を読んだ。
泡坂妻夫の「花嫁は二度眠る」だ。

しかし、小説を読んでいても、頭には入らない。
僕は別のことを考えていた。

それは、サンチアゴに来た旅行者がみんな考えること。
「イースター島に行くかどうか」だった。

もちろん中南米旅行を始めたころは、イースター島へ行くキモチはあった。
ペルーのリマで、アルマス広場にあった「金城旅行社」へ行って、フクイさんという日系の女性に相談した。

予約だけなら無料ということだったので、一ヵ月後のイースター島への往復切符を予約した。
このとき、サンチャゴからイースター島までの往復が税金21パーセントを入れて、449ドル。

結局は、一ヵ月後までにサンチャゴへ来なかったので、この予約は自動消滅した。
旅の途中でだんだんイースター島のモアイの価値について疑問を持ってしまったんだ。

「Lonely Planet」を読んでも、イースター島のモアイは、宇宙人と関係しているのでもなく、南米や太平洋の島々とも関係ない。
イースター島の中の部族が張り合って立てたもので、モアイを作りすぎて滅びたのだとか。

日本国が必要もない道路を作り続けて滅びたようなものなんだよ。
ただ、日本の国土交通省の役人とイースター島の住民は、大きく違う。

日本の役人が作った無駄な高速道路は補修費用、維持費がかかるだけの金食い虫。
イースター島のモアイは世界中から観光客を呼び込むアトラクションになっている。

イースター島の島民の方が、日本の道路族よりも、ずっと賢かったといえるかもしれないね(笑)。
僕はサンチアゴで、イースター島へ行くのか行かないのか、まだ考えていた。

ただ、五月女でイースター島帰りの学生2人に会っていた。
この学生が、いかにも頭が悪くて、下品で、話が通じなかった。

僕のキモチとしては、「こんな馬鹿大学生と同じようなことをするのもイヤだなー」となったんだよ。
僕の世界旅行経験では、迷っている時、神が何か、僕が進む道について、啓示を表すはず。

イースター島へ行った日本人馬鹿学生と会った意味は、「行くな」ということか、「行け」ということか…。
これは、「行くな」ということだと、結論付けた。

だって、もし僕がイースター島へ行く運命ならば、リマで予約したフライトの日までに、サンチアゴへ来ているだろうからね。
神の導きは、「イースター島へ行くな」ってことだと判断する。

いずれ、きれいな女の子と一緒に、タヒチからイースター島へ行く旅行も残しておいた方がいいだろうし。
全部旅をしてしまっては面白くない。

行き残したところを、あちこちに作っておくのが、ホンモノなんだ。
そう結論付けて、僕は鉄道駅へ歩いた。

明後日1989年7月22日のプエルトモン行き寝台列車の切符を買う。
寝台車上段で4900ペソ(約2千円)。

市場へ歩き、海産物鍋とセビーチェをとり、白ワインを飲む。
セビーチェがあんまりおいしくなくて、白ワインも濁っていた。

ロンドレスに戻り、ベッドで本を読んでいた。
夜になって、ゲーブルくんがやってきたので、また外へ出て、ステーキ屋で食事を取る。
もう、サンチアゴを離れて、旅を再開しようかな。
だって、南米の旅は、まだまだ長いんだから。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx