『ラパス行きバスの切符を買い、プーノの観光を済ませて、ゲーブルくんと酒を飲み、再会を約束せずにわかれる』@プーノ/ペルー
1989年6月28日。
朝は、チチカカ湖へウロス島観光に出かけた。

ウロス島観光の船が出たのが午前9時半で、浮島を3つ回って、正午12時には波止場へ戻る。
10ドルの現金を3万インティに両替した。

明日ボリビアへ向かうのだから、ペルーの通貨インティはできるだけ余らせないように、使い切ろうと考えている。
ゲーブルくんと、薬剤師くんの3人で昼飯を取ると、これが1人千五百インティ(65円)。

郵便局へ行って、ハガキを買い、切手を貼って日本へ送る。
ハガキが3百インティ(13円)、切手が5百インティ(20円程度)だった。
「MUSEO CARLOS DREYER」という考古学の博物館に行く。
入場料は、3千インティ(130円)。

展示は、プレインカの、チムー、モチ、ナスカの遺物が主だ。
シュスタニ遺跡については「コジャオ文化」という説明が詳しかった。

シュスタニ遺跡は、昨日見たばかりなので、説明を読んでも興味深い。
日本のデパートで「インカ展」などをやっても、実際に旅をしていないと、正直、ほとんど興味はもてないものだ。
メキシコで、マヤ文明の遺跡を訪れたあとで、メキシコシティの「国立人類学博物館」を見ると、感動がある。
僕は世界の主な文明の遺跡をほとんど見ているから、何を見ても感動が深い。
僕が南極や北極に行ってないし、行く気もないのは、ここには古代文明の遺跡がないから。
僕は単に自然を見ても共感できない。
滅びてしまった文明を見ることが大事だ。
僕たちも、また僕たちの文明もまた、いずれは滅びる運命なのだから。
博物館を見た後は、明日のラパス行きのバスの予約をする。
申し込んだバスは1人1万インティ(430円)で、普通より安いらしい。

普通は、1万5千インティ(650円程度)だとか。
バスは、明日午前7時45分にホテルウロスで、僕たちをピックアップする予定。

僕たちとはいっても、薬剤師くんと僕の2人だけ。
ゲーブルくんは、まだ少しプーノにいて、あちこち見て歩きたいようだ。

あとはお土産を買った。
インカのセーター(チョンパ)を一つ、17440インティ(756円)で買う。

言い値は1万8千インティ(780円)だった。
クスコでは同じ模様のセーターが3万5千インティで、どんなに値切っても2万5千インティまでしか下がらなかった。

プーノデは、このセーターは2万1千インティくらいする。
安く買えたのはよかったんじゃないかな。

ここで問題にしている、金額のレベルはすごいね。
例えば千インティとは、たった50円弱なんだけどね(笑)。

今日やるべきことすべてを済ませて、プーノの大聖堂(カテドラル/CATEDRAL)へ行く。
僕は、静かな教会の祭壇にロウソクを灯し、神に祈る。

夕方に、薬剤師くん、ゲーブルくんと待ち合わせていた。
昨夜ボブとジェラルドと日本女性2人と飲んだ店へ、3人で行く。

僕が「ビーノカリエンテ(VINO CALIENTE)はおいしいよー♪」と、2人を連れて行ったわけだ。
ところが、この夜は、ビーノカリエンテがなかった(涙)。
ビーノカリエンテとは、ホットワインだから、ワインを温めて、何かを混ぜたものだと思うのだが。
こんなものは、ワインさえあればすぐに作れる気がする。

人種差別されているのかしら?と、思わないではなかったんだけどね。
エクアドルで、ビールを注文しても断られることが続いた記憶が、まだ新らしいんだよ。

でも店には、「TE ANISADO(アニス酒入りのお茶)」や「ホットラム(HOT RUM)」があった。
酒飲みというものは、アルコールさえあればどんな形でも構わないんだよ。
温かいお酒を飲みながら、3人で、旅を語った。
ゲーブルくんと僕は、ロサンゼルスの伝説の宿「ホテル加宝」で一緒で、その時にだいたいの旅行経験を交換している。
薬剤師くんとは、深い話をしていなかった。
彼とは、ナスカの地上絵を見る時に、ナスカの宿(ホテルナスカ)で会って、アレキパ、クスコと偶然に出会い続けてきた。
3人の話は盛り上がった。
僕は3人の話を盛り上げるのは上手だからね。
お酒を飲んでいたので、何を話したか、覚えていないのが残念だ。
この夜も、気持ちよく酔って、ベッドにはいりました。

明日は、バスでペルーとボリビアの国境を越える。
薬剤師くんと僕は一緒のバスに乗る。

ゲーブルくんはまだ、シュスタニ遺跡なんか、いろいろ見るものがあるのでここに残る。
僕たちは、先の待ち合わせなんか考えてない。

ロサンジェルスで会った時から、僕はゲーブルくんが大好きだった。
2人の関係がからっとしているから。

ゲーブルくんが、のっぽくんたちと一緒にロサンジェルスから、メキシコに下った時、僕はわざと同じ車に乗らなかった。
次にゲーブルくんの消息を知ったのは、ペルー北部のチャンチャン遺跡の訪問者ノートだった。

2人がまた会えるものならば、神がそう定めている。
会えないとしたら、想い出をずっと持っていればいいだけだ。
ゲーブルくんも僕も、「またどこどこで会いましょう」などと再会の約束はしない。
約束しないで偶然にまた会えたら、とても嬉しくなるよね。

ステキなのは、ゲーブルくんも僕も、それを理解していること。
運命を神にゆだねているところだ。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx