モンテビデオから、ブエノスアイレスへの船に乗ると、大事件が起こってしまった。@モンテビデオ〜ブエノスアイレス/ウルグアイ〜アルゼンチン

1989年8月1日。
とうとう1989年も8月に入った。
僕が日本を出て、ロンドンに入ったのが、1987年9月8日朝のことだった
ロンドンの一流英語学校「インターナショナルハウス」で12月まで勉強して、ケンブリッジ大学英語検定試験特級(CPE)を取った。
試験を受けたのが、1987年の12月で、結果発表は、翌年(1988年)の3月か4月だった。
それまで僕は、イギリスの寒さを逃れて、スペインのバルセロナの「インターナショナルハウス」で、スペイン語の勉強をしていた。
スペイン語のほうは、それほど本気ではなく、ワインばかり飲んでたけどね。
いろいろあって、北アフリカのマグレブ3国(モロッコ、アルジェリア、チュニジア)を横断した。
それから、イタリアへ入り、フランスをずーっと鉄道で、移動した。
次に、シェルブールからイギリスのポーツマスへと、フェリーで入国
ここで、CPEの合格を確認した。
ロンドン滞在中に、英語学校に通っている日本女性とたくさん知り合った(女性だらけだったので、人生で一番モテたなー♪)。
調子に乗って、いろいろ旅の話をしているうちに、エジプトのピラミッドを見ないと面白くないなーと考え出した。
ロンドンからエジプトへ飛ぶのも面白くないので、僕はロンドンから、アテネに飛んだ。
アテネのシンタグマ広場で、日本人旅行者をからかっていたら、イスタンブールから来た日本人に出会ってしまう。
という意味は、「イスタンブールへ行け」とお告げなのだろう。
イスタンブールへ行って、トルコ一周をして、フェリーでギリシアのロードス島へ入った。
またアテネに戻り、エジプト航空で、カイロ経由ナイロビ行きの往復航空券を買った。
それで、エジプト旅行をして、ナイロビへ飛んで、いろいろあったが、ケニアの東海岸をうろついて過ごした
帰りもカイロ経由にしたが、アテネに寄るつもりがなかったので、ヨルダン、イスラエル、シリア、トルコと中東を北上した。
そのあと、ヨーロッパを少し見て、スイスのチューリッヒで、「一等ユーレイルパス」を買って、ヨーロッパを走り回ったわけだ。
イギリスへ渡り、アイルランドへフェリーで往復する。
ロンドンから、ニューヨークへ飛んで、ニューヨークに一ヶ月ほど滞在した。
次に、グレイハウンドの乗り放題「アメリパス」で、2か月の北米大陸一周旅行に出た。
ロサンゼルスに着いて、「ホテル加宝」に入った。
このホテルはいまは潰れてしまって、伝説だけが残っている。
僕は、「ホテル加宝」に、1988年の12月31日にチェックインした。
チェックアウトしたのが、1989年3月6日で、この滞在は、「ホテル加宝物語シーズン1」として、すでに完成している。
僕は「ホテル加宝」を出て、中米を下り南米へ入って、いま、ウルグアイから、ブエノスアイレスへ向かっているところなんだ。
モンテビデオの市内を、バスが出発するのが、予定通り、午前8時15分。
コローニャに着くのが、午前11時(乗車時間2時間45分)。
しばらく船を待って、ブエノスアイレス行きのフェリーが出たのが、午後1時。
この船の中で、アルゼンチンの入国スタンプを押されないまま、ブエノスアイレスに入ってしまいました。
この詳しい話は、僕の「世界冷や汗一人旅」に書いてあります。
知りたい人は、そちらを参照してください。

世界旅行者の「世界冷や汗一人旅」を読んでね♪


というわけで、無事(でもないが)ブエノスアイレスに入った。
船着場でちょっとバタバタしたことがあったので、迎えのバスに乗れなかった。
港から歩いて、「PLAZA DE MAYO」へ、14ブロックだった。
ちょっと遠かったが、きれいに区画整理されていると、道に迷うことはない。
以前泊まっていたホテル「HOTEL CENTRAL CORDOBA」へ。
前回と同じホテルで、値段も4000オーストラル。
値段は一緒だが、部屋401号室で、ぐっと広くなってうれしい。
前回愚痴を聞いてもらった飲み屋に行って、また飲むと、サービスで一品付けてくれた。
でもそれに応じて、チップも弾むわけなので、別に儲かったわけではないが(笑)。
とにかく明日は、日本大使館へ行きましょう。

xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx