『激しい雨の中を、トラックバスでミサウアジからテナへ、テナでバスを乗り換えて、小雨のバーニョスへ』@バーニョス/エクアドル
1989年5月25日、午前7時、ミサウアジ(MISAHUALLI)の「HOTEL BALCON NAPO」で、起きる。
午前8時に、ミサウアジからテナ(TENA)行きのバスが出発すると聞いていた。
雨の降り続く広場でバスを待っていると、やってきたのは、トラックに屋根と座席を付けたもの。
席は4列あったが、最後部左側の座席に座る。
午前8時発予定のトラックパスの出発は、8時20分になった。
バスの僕の後ろの窓ガラスが破れていて、風と雨が吹き込んでくる。
走り出したら、雨の勢いが急に増して、僕はずぶ濡れになる。
それに耐えてバスに乗っていると、テナ到着が9時10分。
僕が聞いた話では、テナは1時間後に到着と聞いていた。
ちょっと早く着いて、この場所がテナかどうか迷った。
隣のおねえさんに、テナだと確認して、バスを降りる。
ミサウアジからテナまで、バスで50分で移動できたわけだ。
テナにいても意味がない。
バスを降りて、近くの商店に走りこむ。
Tシャツを脱いで、タオルで身体を拭き、新しいTシャツと着替える。
テナのバスターミナルに歩いて行く。
テナのバスターミナルは円形の建物で、その中央にバス乗り場がある。
円形のバスターミナルの建物自体には、もちろん屋根があるわけだ。
つまり、乗客がバスに乗り込むの雨に濡れないように、わざわざこの建物を作ったのだろうね。
ということは、この地域は、いつも雨が降っているのではないか、と予想できる。
今日は、ミサウアジを出て、テナ、そしてバーニョスへ行く予定。
テナからバーニョスへ、正午発のバスの切符を買う。
バスを待っていると、日本人が珍しいのか、女の子が話しかけてくる。
僕のたどたどしいスペイン語で話をする。
誰かが、英語を話す元教師のおじいさんを呼んでくれた。
彼の話によると、エクアドルのアマゾン低地オリエンテでは、5月6月は、雨が降り続くのだとか。
昨日の晴れは、1週間ぶりのことだったようだ。
僕がコカからミサウアジへ、ナポ川を雨に降られずにボートで旅できたのは、奇跡だという。
確かに僕は、神に愛され、神に守られているとは、思っていた。
アマゾンの雨季に、僕がナポ川を旅するときに、1日雨を止めてしまうほど、神の愛が深かったとは…。
テナからバーニョスへのバスは、正午出発。
切符を買って、バスターミナルで、本を読んで、時間を潰す。
バスは予定通り正午に出発して、途中メラ(MERA)に立ち寄った。
メラで軍の検問があって、スタンプを押してもらう。
高原のリゾート地、バーニョス到着が午後5時半。
「Lonely Planet」を見て、「RESIDENSIA OLGUITA」へ歩く。
木材をふんだんに使った落ち着ける、建物だった。
ほとんど客がいないので、公園を見下ろす4号室を選んで、シングルで500スークレ(125円)。
オフシーズンのせいだろうか、町を歩いても、あんまり旅行者を見かけない。
外はしとしとと雨が降り続いているので、歩く気分にもならない。
バーニョスとは、その名の通り、お風呂のこと。
この町には、温泉があるわけなんだよ。
温泉とはいっても、プールみたいな施設で、水着を着て入るようだ。
オフシーズンで観光客もほとんど見当たらず、寂しい雰囲気だったので、僕は遠慮しました。
ホテルは安くて居心地がいいが、ただ全体的に、人が少なすぎる。
明日は一気に、太平洋岸の港町グアヤキルへ行ってしまおう、と決意する。
エクアドルで時間を使いすぎてはいけない。
僕は南米一周の途中で、南米の旅は、まだ始まったばかりなのだから。
これからペルーに入れば、インカやプレインカの遺跡がたくさんあるのだし。
また、南米には、チチカカ湖やイグアスの滝、アマゾン川など、まだまだ見るものがある。
エクアドルでは、アマゾン低地へ降りたことで、満足しましょう。
結構肌寒かったので、この日は、清潔なふっかふっかの布団にもぐりこんで、早めに寝ました。

xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx