『2河川合流点(ENCONTRO DAS AGUAS/MEETING OF THE WATERS)へドイツ人カップルと市バスで往復』@マナウス/ブラジル
1989年8月29日午前2時過ぎに、マナウスの「ホテルフォルタレーザ」で目を覚ます。
ベレンからマナウスへ深夜のフライトを利用するために、27日から28日の夜は、全く眠ってなかった
28日の午後の時間と、また夜も、ぐっすりと眠ったので、29日の朝は、体力は完全回復だ♪
まずは、汗をかきすぎて、塩が吹いているTシャツやジーンズを、手洗いする。
とにかく暑いので、干しておけば、すぐに乾くだろう。
次に、ホテルの朝食(パンとコーヒー)を取る。
洗濯と朝食が終わって、まず、「ホテルアマゾナス」へ歩いた。
というのが、大きなホテルに行けば、そこにマナウスのパンフレットがあると思ったからだ。
予想通り、「ギアマナウス(マナウスガイド)」という、観光客用の小冊子をゲットする。
続いて、通りで目に付いた「セルバツール(SELVATUR)」という旅行代理店で、マナウスからタバチンガへのフライトを調べた。
「SC236」便が、マナウスを午前5時半に出て、タバチンガに午前6時15分に到着する。
もちろん、2つの町がこんなに近いわけがないので、当然ここには、時差があるわけだよ。
マナウスからタバチンガへのフライトは、1日にこの1便しかないという。
一応、3日後の9月1日に予約だけ入れる。
予約を入れても、お金を払うわけではなくて、ただ予約が入るだけだ。
キャンセルしたり、変更しても、お金はかからない。
僕としては、マナウスを見て、アマゾンのリバーボートを見つけて、船でタバチンガまで行ければベスト。
でもアマゾン川をボートで遡ること自体に、すごくこだわっているわけでもない。
僕は、「もし僕がアマゾン川のリバーボートに乗る運命ならば、船が見つかるだろう」と考えている。
逆にいうと、「適当な船が見つからないならば、飛行機を使えということ」というわけだ。
さて、アマゾン中流の大都市マナウスの観光地としては何があるだろう。
最近だと、ジャングルのロッジに宿泊する「アマゾンジャングル体験ツアー」というものがメインらしいね。
もちろん、ホンモノのバックパッカーは、そんなツアーなんかには参加しません。
馬鹿高いから(笑)。
でもマナウスに来たら、当然見なければいけないものがある。
それが、「2河川合流点(ENCONTRO DAS AGUAS/MEETING OF THE WATERS)」だ。
アマゾン川上流の2つの川がマナウスで合流する。
その川の色が違っていて、違った色のまま流れていくという所なんだ。
この2つの川は、黒色のリオネグロと灰黄色のソリモンエス川。
今ならば、アマゾンツアーなんかに参加して、簡単に見ることができるだろうね。
ツアーに参加して観光するようでは、ホンモノの旅行者とは言えないんだよ(笑)。
ここは当然、現地の交通機関を利用して、行かなければならない。
マナウスのガイドブックには、マナウス市内から、アマゾン川の船着場へ行くバスのことが書いてあった。
その船着場からボートに乗ると、対岸まで行く。
途中で、この2つの川の合流を見ることができるようだ。
それならば、絶対にこのローカルバスに乗らなければならない。
僕は、大聖堂前のバス停で、セアーザ(CEASA)行きの508番バスを待った。
バスはなかなか来ない。
近くにいる人に聞いたが、バスは来るような来ないような、存在するような存在しないような(笑)。
30分ほど待ったときに、ドイツ人のカップルが僕にバスのことを聞いてきた。
彼らも、僕と同じく、ローカルバスで2河川合流を見に行くつもりのようだ。
ドイツ人のカップルと、日本人の世界旅行者が、同じバスを待つという意味、それはそのバスは存在するに違いないってこと。
待ちに待った市バス508番は、僕がバスを待ち始めてから1時間後に出現した。
3人で乗り込んで、バスに乗って45分したら、川の近くの広場に到着。
広場から歩いて、細い道をアマゾン川へ降りていく。
そこには、小さなボートがあった。
人数が集まると出発、料金は片道4クルザード(120円)。
このボートは、まず黒色の水(ネグロ川)を渡り、続いて黄土色の水(ソリモインス川)に入る。
これが有名な、「2河川合流点(ENCONTRO DAS AGUAS/MEETING OF THE WATERS)」というわけだ。
僕が行った時は、2つの川の水位差があったようで、合流するところに大きな波が立っていた。
川を渡るのが45分、これで目的を達したので、またボートで戻ってくる。
同じボートが15分、岸で待機して、また戻ってくるのが45分
また、さっきの広場でバスを待つ。
510番のバスが次々とやってくるが、聞くと、これはマナウスの中心に行かないとか。
結局、広場で45分もバスを待っていた。
市内へ行くという110番バスに乗って、45分かけてマナウスへ戻った。
ドイツ人カップル、特にドイツ人の女の子が話を引っ張ってくれた。
覚えているのが、「サルバドールの旧市街は、危険だと感じなかった??」という話。
僕も、サルバドールの旧市街を歩いたが、ホントに危ないと思った。
だから、一泊だけで脱出してきたんだから。
ここまでは話が合ったんだけどね。
でも、互いに、疲れきっていた。
朝バスを待ち始めてから、バスに乗って、2河川合流点を地元のボートで往復し、またバスで戻ってきた。
この合計時間は、5時間半かかったというわけだ。
強い日差しと熱風の中で、ボーッとバスを待っていたので、完全に体力を消耗した。
ドイツ人のカップルとも、話が弾まなくなった。
バスに乗り込んだら、ドイツ人の女の子から話しかけられても、おざなりな返事しかできない。
結果、彼女を、怒らせてしまったみたいだ。
いま考えると、僕の態度が急に変化したからだろう。
最初に会ったときは、僕は饒舌で、冗談を言い、女の子を褒めちぎっていたし、面白い旅の話もしていた。
それは取ってつけた僕の「仮面」だった。
僕は、あまりに疲れて、自分の内面に引きこもってしまったんだ(と思う)。
僕は外国人に対して、ものすごく魅力的な日本人になれるんだけれど、それは、僕の演技だ。
僕の内部は、暗い、オドオドした、気の弱い、普通の日本人のままなんだ。
その演技に疲れてしまうと、無愛想な日本人に戻ってしまう。
突然変化が起きてしまったので、気の強いドイツ人女性は、怒っちゃったんだろう。
ま、でも、あの日はとにかく暑くて、大変だった。
マナウスに着いて、ドイツ人カップルと別れる。
そのあとは、僕はタバチンガへのリバーボートを捜しに港へ行きました。
このときはまた、僕は、話し好きな世界旅行者のマスクをかぶってたけどね(笑)。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx