『長期海外個人旅行では、一日に一つのことをすればいいし、何もしなくてもかまわない』@クスコ/ペルー
1989年6月15日の午後、マチュピチュへの鉄道切符を買い、ドルの現金を(そのころのペルーの通貨)インティへ両替した。
これだけのことをやれば、長期旅行者の一日の仕事としては、十分すぎる。

長期旅行者は「一日に一つのこと」をすれば、それでいいのだから。
長期旅行者というものは、旅先ならば、一日中寝ていてもそれでいい(世界旅行主義)んだから。

僕が提唱する「世界旅行主義」って、なかなか魅力的でしょ(笑)。
明日出発のマチュピチュへの往復切符を自分で駅へ行って、窓口で自分で金を払って、自分で入手した。

これは、今では(これを書いているのは2009年11月です)普通の旅行者にとっては、大変なことだといわれている。
「マチュピチュへの鉄道切符は前もって予約を入れていないと、とても入手不可能」という話になっている。

僕の感覚から言うと、おそらくビビリの日本人旅行者が「現地ではマチュピチュ行きの切符は取れない」という話を広めたのだろう。
それで簡単にビビった日本人が、片っ端から予約を入れているのだと思うよ。

日本人旅行者の特徴は、とにかく気が小さいことなんだよなー(涙)。
半年も前から、交通手段も宿も、予約が取れないことばかり恐れているのだから。

予約通りに旅をしたとして、それで旅は成功したと思うのは大間違いだ。
旅というものはだよ、思いがけないことがあるから楽しい。

思いがけないことを出来るだけ起こらない手配をして、その通りに無事に旅を終わらせる。
こんなものは旅ではない(笑)!

僕は思うのだが、例えば、マチュピチュへの鉄道の予約なしでクスコへ行く。
そこでマチュピチュへ行き方を捜せば、絶対にいけるはずだ。

世界の人間は、日本人のように気が小さくもなければ、常に予約したりしない。
現地へ行けば、どうにかして(例えばオリャンタイタンボから列車に乗るなどして)マチュピチュへ行けるに決まっている。

クスコの現地で、マチュピチュへの行き方を自分で捜して、そうしてマチュピチュを見た方が、ずっと感動的ではないだろうか?
また万が一(そんなことはあるはずがないが)、マチュピチュへ行けなかったとして、それはそれで、いい想い出になることだろう。

マチュピチュへ行かない間は、クスコ周辺のインカ遺跡を、見て歩けるのだから。
「マチュピチュを見る」という希望を持って、残りの人生を生きられるのだから。
こんな話はどうでもいい。
僕はとにかく、1989年にクスコのサンペドロ駅で、自分でマチュピチュへの往復切符を買った。

正直、「どうだい、僕はキミたちよりも、ずっと偉いだろう♪」と言いたいだけなんです(笑)。
常識として、旅行会社に切符を手配させた旅行者よりも、自分で切符を買った旅行者の方がずーーーっと、偉いんだからね。

こんなこと、どこでも自慢できないので、ここで自慢しておきました。
あー、スッキリした(笑)。

長期個人旅行者としては、自分でマチュピチュへの切符を買っただけで十分だ。
クスコであちこちの両替レートを比較して、20ドルをインティにしたことだし。

あとは、僕が確保した部屋に戻って、本でも読みながら、昼寝をすればいい。
ここで問題だったのが、日本語の本はすべて読んでしまったこと。

僕はとにかく、常に本を読んでいる人間なんだよ。
小学校の時に、貸本屋からの帰りは、本(マンガ本だが)を読みながら歩いているというので、有名だった。

2009年の今でも、東京都港区で、歩きながら本を読んでいるというのは、まず間違いなく僕だけしかいない。
電車の中でも、バスに乗っていても、常に本を読んでいる。

最近では、歩きながら英語のクロスワードパズルを解いている。
ですから、そういう男性を見かけたら、「みど先生ですか?」と声をかけてください。

そちらのおごりで、「養老の滝」や「笑笑」レベルで飲ませてくれれば、いくらでも(本にもブログにも書けない)面白い話をしますよ。
それはそれとして、1989年6月15日の午後は暇だった。

ベッドに寝て読む、日本語の本がない。
それを解決する手段が一つある。

この時代、クスコには有名な日本人宿が存在した。
それが、「ペンション花田」だ。

世界の常識として、日本人宿に行けば、日本人旅行者がいる。
すでに、アジアヨーロッパ、アフリカ、北米、中米と旅を続けている世界旅行者に、まず旅行経験でかなう旅行者はいない。

だとすると、日本人宿にいる旅行者諸君に、思いっきり、旅行自慢が出来る。
これはとてもステキな時間つぶしではないだろうか?

また、日本人宿に行けば、反対方向から来た旅行者がいるかもしれない。
すると、これからの旅先の情報が入手できるかもしれない。

しかし日本人宿には、もう一つの重要な役割があった。
それがなにか、次回をお楽しみにしてくださいね。


南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx