『マナウスからタバチンガへのボートを捜しに船着場へ行くが、ぴったりのボートが見つからない』@マナウス/ブラジル
1989年8月29日、まず、マナウス名物の2河川合流点(ENCONTRO DAS AGUAS/MEETING OF THE WATERS)を見に行く。
このときは、同じく市バスを待っていた、ドイツ人カップルといっしょだった。
マナウスへ戻っても、まだ陽は高い。
マナウスへ来た僕にとって、最大の問題はマナウスからどこへ行くかだ。
一つは、マナウスからバスで北上し、ベネズエラへ陸路入国すること。
このルートの問題点は、ベネズエラの物価が高く、またベネズエラには東洋人差別があるってこと。
そういう話を聞いていたので、無理にベネズエラへ行きたくないんだ。
ベネズエラへ行くなら、世界最大の落差を持つという「エンゼルフォールズ」を見なければ、、行く意味がない。
このエンゼルフォールズ観光は、1人では行けず、ツアーに参加しなければならないので、かなり高額という。
このときの僕にとっては、ベネズエラは魅力的ではなかった。
このままアマゾン奥地へ行くほうが、ズーーーーーッと魅力的だからね。
アマゾンに来ているのに、河口のベレンや中流のマナウスだけでは、面白くない。
僕は、エクアドルのアマゾン低地「オリエンテ」で、ナポ川をボートで旅している。
この旅は、川の流れも速く、川の幅も狭くて、「アマゾンを旅した」という感動は得られなかった。
今朝、「2河川合流点」を見たが、それは、ただマナウス名物というだけで、アマゾンという感動はない。
ジャングルの中をボートに乗ったわけではなく、ただアマゾン川を横断しただけだ。
マナウスへ来て誰でも思のは、アマゾン川のリバーボートに乗って、流域の町から町へ移動することなんだよなー。
僕はアマゾン河口の町ベレンで、リバーボートは調べた
その時は、出発日の合うボートが見つからず、飛行機で飛んでしまった。
ベレンからマナウスよりも、マナウスからベレンの上流の方が奥地になるわけだから、もちろん魅力的だ。
ベレンの港は大きかったが、マナウスの港の方が小さい。
船を捜すには便利だってこと。
マナウスのRIVERBOAT DOCKには、ズラリと船が並んでいた。
その船の前に、行き先が書いた札が立っている。
これは便利だ。
タバチンガ行きの船を2隻発見する。
一隻は出発が遅すぎるので、これは論外。
もう一隻の「ベンジャミン(BENJAMIN)号」は、出発も2日後とちょうどいい。
CAMAROTE(キャビン/個室)があって、その値段は300クルザード(9000円)。
マナウスからタバチンガへのフライトは、284.47クルザード(8500円)だったから、同じようなものだ。
もちろん飛行機はあっという間に着くが、リバーボートだと、1週間かかる。
船のキャビンは小さいが、扇風機もついていて、僕の希望にぴったり。
船自体もなかなか大きくて、危険もなさそうだ。
案内してくれたのは、30歳くらいの、スペイン語を話す混血の美女。
僕は「いいですねー。このボートで、ビールを飲みながら旅をしたら最高ですねー(笑)♪」と、感想を述べる。
この瞬間は、僕は「ベンジャミン号に乗ってタバチンガへ行く」と、決めていた。
ただ混血美女の一言が、僕の運命を変えた。
「この船では、アルコール禁止です」だってさ(涙)。
このリバーボートが、マナウスからタバチンガへ行くのに7日かかる。
その1週間、僕はビールを飲めないのか…。
それは我慢できない。
1週間もビールが飲めないなんて、何のために旅に出たのか、わからない。
アマゾンのリバーボートで、川岸のジャングルを眺めながら、ゆったりとビールを飲む。
これが出来なければ、ボートに乗る意味はない。
もう一度確認したが、ベンジャミン号は船内でビールが飲めないんだってさ。
僕がこのあと、コロンビア領サンアンドレス島で会った日本人カップルは、アマゾンのリバーボートでビールを飲み続けていたという。
だから僕は、運が悪かったというか、アマゾンのリバーボートには乗れない運命だったのだろう。
でも、このあと、タバチンガで、リバーボート体験は出来たので、神様はちゃんと考えていてくださるものだね。
こういういきさつがあって、マナウスからタバチンガのリバーボートは諦めた。
ホテルに戻って、ビールを飲んで、早目に寝る。
今日は、猛烈な暑さの中を、市バスで移動したあと、タバチンガへの船を捜した。
1日に2つのことは、やりすぎだね。
明日は、ゆっくりと過ごしましょう。
旅では体力保存が、一番だからね。

xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx