『マナウスで南米から北米への脱出ルートをいろいろ考えて、タバチンガ〜レティシア経由でコロンビアへ入ることにする』
1989年8月30日、とんでもなく暑いアマゾン川中流の町マナウスにいる。
ベレンを夕方に発ってマナウスの空港に真夜中に着いた。
その、明け方まで空港で過ごして、始発のローカルバスで市内へ着いた。
クーラーなしの安いホテルはすぐに見つかったが、なにしろ40℃を越える暑さなのでクーラーが欲しい。
2時間も歩き回って10軒ほどホテルをあたった。
クーラーが付いているというだけが取り柄、床の傾いた部屋にはベッドだけのホテル、1泊25クルザードの『ホテルフォルタレーサ』を見つけた。
さて、この時期(1989年)のブラジルの物価を語るのは難しい。
毎日どんどんレートが変化しているのだ。
5日前には銀行より率がいいベレンの土産物屋で、1USドル=4.5クルザードで両替した。
つまり、1クルザードが30円。
それで計算すれば、このホテル代は750円ということになる。
念の為に書いておくと、2週間前は1ドル=4.05クルザードだった。
計算すると10日で10%レートが下がったことになる。
でもこれぐらいのインフレは南米ではおとなしいほうだ。
1989年のこの年、アルゼンチンは1日で一気に物価が3倍になった例もある。
昼下がり、頭の痛くなるほど大きなクーラーの音のする部屋で、ベッドに南米地図を広げる。
自分のたどったルートを書き入れてみる。
エクアドルから南米の旅を開始して、反時計回りにほとんどの国に足跡を残して来た。
これからはどういう形で南米から抜けるかということを考えながら旅のルートを設定しなければならない。
南米からの脱出は結構大きい問題だ。
南米旅行中に出会った日本人旅行者から2つの情報を入手している。
1.カリブ海に浮かぶコロンビア領サンアンドレス島はとても奇麗だし、ゆっくりするのに最適(これはクスコで一緒だった北西君の通ったルートだ).
2.コロンビアの女の子は親切で可愛い。コロンビアでモテなければ男を止めた方がいい(これはコロンビアで人妻に口説かれて同伴喫茶に入った日本人旅行者の体験談だ)。
ということなら、絶対にコロンビアへ足を伸ばすことになるだろうね。
問題なのは、ブラジルからコロンビアに入るのに、ベネズエラ経由にするのか。
それともペルー・コロンビア・ブラジルの国境が交わるアマゾンの奥地の三国国境地帯を通過するのかということだ。
海外旅行では、行きたいからとどこにでもすんなりと入国できるという訳ではない。
入国条件の問題があるのだ。
ベネズエラに入るためにはツーリストカードが必要で、それを取るためには出国切符が必要だという情報がある。
サンパウロの日系旅行社『ウニベルツール』で確認した所、飛行機で入国すれば自動的にツーリストカードをくれるとか。
この場合は十分な旅行費用を持っていれば、出国切符は必要ないともいう。
コスタリカからエクアドルの首都キトへ飛んで以来、南米の国境は陸路水路で越えてきた。
ベネズエラに飛行機ではいるのでは、一気に迫力がなくなってしまう。
定番ガイドブック『シューストリング』によれば『ベネズエラの滞在費は高く、安宿はいつも一杯』ということ。
ベネズエラのお土産は石油ぐらいのものだが、石油を飲んでも酔えない。
僕の好きな液体はアルコールだけだ。
経済的にいって、ベネズエラの長期滞在は無理ということになる。
ベネズエラで見る価値のあるものは高さ世界一(979m)の『エンゼルフォールズ』だけだと言っていい。
そしてこの『エンゼルフォールズ』はブラジルからベネズエラへ陸路で国境を越えるルートからアクセス出来るらしいんだ。
これはブラジル領ボンビスタからベネズエラのサンタエレーナへの唯一のルートを使うことになる。
ただ、ブラジルから陸路でベネズエラに入国する場合は、ツーリストカードを取得するのに、出国切符が要求されるという話だ。
そうなると、例えばカラカスからマイアミ(この切符は安いという噂をサンチャゴで聞いたのだが)のノーマルチケットを購入しなければならないかもしれない。
実際にはバスでコロンビアへ向かい、その後にこの出国用航空券の払戻をするというテクニックを使う。
これについてもいろいろな問題がある。
別の機会に『出国切符論』という論文で説明してもいい。
金も少なくなっているのに、これも面倒な話だ。
やはりアマゾン奥地の三国国境地帯からコロンビアへ入国するのが単純だし面白い。
コロンビアには日本人はノービザで入国出来ることになっている。
以前はここでも空路入国の場合、出国切符を要求されるという話があった。
多くの日本人がカリブ海のど真ん中にぽつんと浮かぶサンアンドレス島経由で中米から南米に向かう。
その理由は、コロンビアでここだけは出国切符のチェックをしない、という噂があるのも理由のひとつだ。
陸路で入国する場合は出国切符は要求されない。
この時期、コスタリカからコロンビアの首都ボゴダへ飛んだ旅行者の話では、空路利用の場合でも片道切符で問題なく入国出来たということだが。
アマゾン奥地でブラジル領『タバチンガ』からコロンビア領『レティシア』へ陸路で入国する場合は、何の問題もないはずだ。
きーめた、タバチンガへ行くことにしよう!
万が一コロンビアへ入国出来なければ、川をさかのぼってペルーへ入ってもいいのだから。

xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx