『トルヒーヨで下痢になって、インティの下落を感じ、夜行バスでリマに着いたとたん、財布が行方不明に(涙)』@リマ/ペルー
1989年6月1日から6月3日(1ドル=3300インティ)。

1989年のペルーはとにかく危険だ、ということになっていた。
「Lonely Planet」にもはっきりと書いてある。

「バスの屋根に荷物を上げたら、それが屋根に縛り付けられるまで見張っていないと、反対側から降ろして持っていかれる」とある。
旅行者の間では、「ペルーでは腕時計をしていたら手首を切り取られて盗まれる」という噂も普通に流れていた。

僕は、これまでずーっと、ホイヤーのダイビングウォッチをしていた。
結婚していた女性に、プレゼントしたものだ。
男女兼用の大きさだったので、いつの間にか僕専用のものになって、離婚の時も自然と僕のものになった。
世界一周では、ロンドンの有名百貨店ハロッズで、電池交換までして使い続けている。

腕時計をしていると、南米では手首から切り落とされるという(汗)。
だから、南米に入る直前に、腕時計を外して、貴重品袋の中に隠している。

トルヒーヨにいたときも、最初の日は、町を歩くだけでも緊張していたものだ。
トルヒーヨにはだんだん慣れて、ローカルバスに乗ってもそんなに緊張はしなくなった。

トルヒーヨに滞在して、近郊の遺跡チャンチャン、アクロイリス、太陽と月のピラミッドを見た。
1989年6月1日に、セチン遺跡まで日帰りした。

セチン遺跡を見たあとトルヒーヨに戻って、バスの切符を買った。
6月2日午前8時発のTEPSA(ペルーのバス会社の名前)だ。

トルヒーヨからリマまで、バスで9時間程度。
午前8時に出れば、午後5時ごろに到着予定。

夜行のバスというのは、体が疲れるので、昼間に移動することにした。
到着時間の午後5時が問題だった。

到着した時間はまだ明るいだろうが、だんだん暗くなるころなので、危険かもしれない。
ホテルを捜す十分な余裕がないかも…。

トルヒーヨ最後の夜は、中華料理屋へ行って、かなり豪華に食べた。
そのあと、チリ産の「GATO BLANCO」という白ワインを買って部屋で飲む。

早目にベッドに入って身体を休める。
お腹の調子が悪くなって、トイレに行く。

多分、中華料理に当たったのだろう。
または、ワインの味がおかしかったから、そのせいかしら(涙)。

どんどんひどくなって一晩中ベッドとトイレを往復していたら、朝が来た。
朝になると少しお腹は収まったが、これでバスに乗って、トイレに行きたくなったら地獄だ。

朝早くバスターミナルへ歩いて、切符を深夜12時発に変更してもらう。
リマの治安や両替の状況がよくわからないので、トルヒーヨにいるうちにまた両替した。

海外個人旅行でもっとも大切なこと。
それは、十分な現地通貨を持っているということだよ。

この日のレートは1ドルが3300インティ。
5月29日が3100インティで、6月2日が3300インティ。

4日で200インティ、6パーセントもインティが下落している(涙)。
昼はとにかく身体を休めて、ベッドに横になって過ごしていた。

お腹の調子もよくなったようだ。

午後10時半にバスターミナルへ行って、6月3日午前0時にバスが出発。
リマへの到着が午前9時になった。

到着したのは、シェラトンホテル前のTEPSAのバスターミナル。
「Lonely Planet」の地図を見ながら、リマの町を歩いていく。

最初の予定通り夜にリマへ到着するよりも、朝の方が良かったと思うね。
午前9時ならば、余裕を持って町を歩くことができるから。

もちろん、周囲には十二分に注意を払っている。
サンマルチン通り(Plaza San Martin)、ウニオン通り(Jiron de la Union)、アルマス広場(Plaza de Armas)と歩く。

サンフランシスコ教会近くの、「オテルエウロパ(HOTEL EUROPA)」へ。
シングル3900インティ(シャワーとトイレは共同)。

朝だったので、チェックアウトした人が多かったらしく、部屋は空いていた。
同じ値段で窓のない部屋があったが、僕は通りに面した、窓のある部屋をゲットする。

途中では、ウニオン通りの「リッチモンド」という宿も見た。
ここはシングル6000インティ、バストイレ付きが7000インティ。

夜はすぐ近くの「マチュピチュ」というレストランで夕食を取った。
ここは、日系人が経営をしていて、日本語も通じた。

部屋に戻ったら、財布がないのに気が付く(汗)。
レストランで支払いをしたのは確実だから、ホテルまで歩いている時に、財布をすられたのか(涙)。

いやはや、ペルーに来てお腹を壊した上に、リマに着いたらその日に財布がなくなった。
こりゃ、いい話のネタにはなるが、大変だね(笑)。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx