『レティシアで、「CALDO DE GALLINA」にはまり、ボゴダへの航空券を買い、絵葉書を出してのんびりする』@レティシア/コロンビア
1989年9月1日に、ブラジルのマナウスから飛行機で、タバチンガに到着。
僕はこの日に飛行機を乗り継いで、コロンビアのレティシアから首都のボゴダに一気に飛ぶつもりだった。
マナウスからボゴダへ飛ぶより、「マナウスからタバチンガ」、「タバチンガからボゴダ」と分けた方が航空券の値段としては、安かったからね。
タバチンガからレティシアへタクシーで国境を越え、急いでコロンビアの入国スタンプをもらう。
そのまま空港へ行って、ボゴダ行きの飛行機に乗ろうとした。
その中で、レティシアの人が、みんな親切で優しいことに気が付いたんだ。
僕としては、僕の世界一周旅行の一部分「中南米旅行」が70パーセント程度終了したところ。
特に急いでいるわけではないが、クターッと一か所に長く留まる気持ちはない。
でも、最初は飛行機の乗り継ぎ場所としてしか考えなかったタバチンガとレティシアが、居心地いいなら、それもまた神の定め。
数日滞在するのも悪くはないでしょう。
僕はレティシアの町を歩いて見つけた「HOTEL AMERICANO」に泊まることにした。
部屋にシャワーもトイレも付いていて、それで1200ペソ(360円)だから、気楽だ。
ホテルの部屋に入ったのが昼ごろで、ちょうどいい機会だからと、下着をまとめて手洗いして、部屋に干した。
ちょっとベッドで横になったら、眠ってしまったみたいだ。
昨夜はマナウスの空港で起きたまま粘ってたから、全く寝てなかったんだ。
夕方になって、ぼーっとした頭で起きて、レティシアの波止場へ歩いた。
アマゾン川の川岸が魚のマーケットになっている。
それをみると、ホント、変なのばっかしだよ。
魚はほとんど目が見えないようだね。
というのは、アマゾン川のこの地域は、水が茶色に濁っているからだろう。
形も頭が三角だったり、普通のナマズが巨大化したようなものなど、とにかく変だったね。
こういうものも、日本に行けば切り身になって、それなりの名前が付けられて、流通するのかも。
レティシアの子供たちも、とても可愛くて、純粋に笑う。
東京の地下鉄の中にいる、塾帰りの、こまっしゃくれた、性格の悪い日本の子供たちとは大違いだよ。
夕暮れまで、アマゾン川を見て、マーケットの食堂で、「CALDO DE GALLINA(カルドデガジーナ)」を食べる。
これは、「鶏肉の煮込み」で、味のあるスープの中に、コトコトと煮込んだ鳥の骨付き肉が入っている。
これが、とにかくおいしかった〜♪
おそらく鶏は、レティシアのジャングルを走り回っていた自然の地鶏だろう。
アマゾンの昆虫などを片っ端から食べている。
走り回っているので、とにかく健康だ。
自然の鶏だから、鶏肉自体はとても硬い。
それをゆっくりじっくり煮込んで、味が出ているんだろうねー。
まあいま考えると、ニワトリとは言いながら、ひょっとしたら、アマゾンのワニ肉だったかも。
あんなにおいしい「鶏肉」を食べたのは、後にも先にも、レティシアのあの食堂だけだったし。
僕はこの煮込みが大好きになって、これから毎日、食堂に通ったものだ。
食堂のおばさんとも、仲良しになったしね♪
レティシアの欠点は、ブラジルビールの「ANTARCTICA(南極)」の値段だ。
マナウスでは2.70〜3.00クルゼーロだから、日本円で90円以下だった。
ところが、レティシアでは、450〜500ペソだから、150円近くするんだ。
ホテルのシングルルームが1200ペソ(360円)だから、ビールの値段がレティシアで唯一の問題点だったね。
というわけで、おいしい食べ物をとって、ビールを飲んで、クターッと寝てしまいました。
翌1989年9月2日、パッチリと目が覚める。
今日やることは、まず例の「鶏肉の煮込み」を食べること、これは決まっている。
朝からコトコト煮込むので、食べるのは昼過ぎになる。
それから、とにかく、ボゴダ行きの切符を買った。
アビアンカ(AVIANCA)航空で、2日後の9月4日のフライト。
13時(午後1時)発で、27500ペソ(8250円)。
2時間前の午前11時に空港に来るように、と注意を受ける。
レティシアはほとんどブラジルのようなものだから、国際線並みにいろいろと厳しいのでしょう。
2日後のボゴダ行き航空券を買った理由。
それは、明日、ブラジルのタバチンガからベンジャミンコンスタントへのリバーボートに乗ることを考えたから。
そうそう、絵葉書を3枚買って、実家と友人に書いて、郵便局で送った。
あとは、本を読んで過ごした。
それで、この日のうちに、「A Key to Africa(Jonas Savimbi)」を読み終わった。
午後の遅い時間に、カルドデガジーナを食べて、またビールを飲む。
今日は、アマゾン奥地でゆったりとした、静かな時間を過ごせたね。
あすは、アマゾン川のリバーボートに乗って、ベンジャミンコンスタントへ往復しよう。
4日には、今日切符を買っていることだし、ボゴダへ飛ぶ。
ボゴダから、コロンビアをどう旅するのか。
それはいま考えることではない。
ボゴダへ行けばまた、神からまたなにかの、啓示があるだろう。

xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx