『レティシア(LETICIA)から、タバチンガ(TABATINGA))へ高速モーターボートで、アマゾン川を疾走する』@コロンビア/ブラジル
1989年9月3日、僕は、アマゾンの奥地、コロンビア、ブラジル、ペルーの国境がある三国国境地帯にいる。
コロンビアのレティシア(LETICIA)の宿「HOTEL AMERICANO」で目覚める。
朝、部屋の冷たいシャワーを浴びる。
体調はいいが、右の目の下の腫れがまだ少し残っている。
目が腫れているので、目の下のたるみが消えて、少し若く見えるね。
こういうことを感じられるのならば、それほどの問題はないでしょう。
今日は、アマゾン川のリバーボートに乗る。
ボートでブラジルの町ベンジャミンコンスタント(BENJAMIN CONSTANT)へ行くつもりだ。
別にベンジャミンコンスタントに、特別な何かがあるという情報もない。
ただ、レティシアとタバチンガの他に、近くにベンジャミンコンスタントという町があることは知っている。
ベンジャミンコンスタントはアマゾンのジャングルの中に、ポツンと取り残された町らしい。
道路がないので陸路では行けず、アマゾン川を通って船を使うしかない。
つまり、地元のリバーボートがあるので、アマゾン川観光に最適。
それほど遠くないので、往復乗っても日帰りできる距離だそうだ。
一昨日(1989年9月1日)、僕はマナウスから飛行機に乗って、タバチンガへ着いた。
空港からタクシーに乗って、すぐにDAS(コロンビアの入国管理事務所)へ行き、コロンビアの入国スタンプを押してもらった。
レティシアの空港からロンビアの首都ボゴダへ行くつもりだった。
が、アマゾン奥地にいる人たちがみんな優しくて、ホッとする感じて、とても居心地がいい。
それで、通り過ぎるのは止めて、レティシアにいることにしたわけだ。
レティシアの雰囲気はとてもいいが、長居することはできない。
僕は南米一周旅行の最終段階だが、まだこれからまたロサンゼルスまで、北上しなければならない。
それで、昨日、明日出発のボゴダ行き航空券を買ってしまった。
自由になるのは今日しかない。
この日を利用して、アマゾン川をリバーボートで旅することにしたわけだ。
南米を長期旅行したならば、アマゾン川のリバーボートに乗るのは憧れだよね。
僕もベレンとマナウスで、ボートを捜して歩いた。
アマゾン河口の町ベレンでは、リバーボートを探したが見つからなかった。
というか、豪華な船に乗ろうとしたら、運行の期日がズレていたんだけどね。
アマゾン中流域の大都市マナウスでも、波止場でリバーボートを探した。
この時は、船は見つかった。
ただ出港の日や、船内規則(ある船ではビール禁止だった)で、乗ることを諦めている。
でも、アマゾンに来ているのに、アマゾン川のリバーボートに乗らないのではマズイよ。
マナウスでは「2河川合流点(ENCONTRO DAS AGUAS)」を経験している。
これも、ローカルバスで行って、地元のボートでアマゾンを横断した。
僕はエクアドルのアマゾン上流地域「オリエンテ」へ行ったことがある。
そこでは、ナポ川をボートに乗って遡ったことがある。
ただ、アマゾンの定期船に乗ってないと、堂々と、「アマゾンへ行きました!」とは言えないかも…(涙)。
それならば、アマゾン奥地の三国国境地帯で、ボートに乗れば言い訳がたつだろう。
そんな旅行をした人は多くないだろうし。
逆に、自慢できるかも(笑)。
こう僕は考えた。
問題なのは、行き方がわからないことかな(笑)。
僕がわかっているのは、タバチンガからベンジャミンコンスタントへリバーボートがあるらしいこと。
この2つの町は共にブラジルに存在する。
多分タバチンガの波止場へけば、ベンジャミンコンスタントへのボートは見つかるだろう。
問題なのは、コロンビアのレティシアからブラジルのタバティンガへの行き方がわからない。
旅先で大切なこと、それは「わからないことは、そこにいる人に聞く」、これだよ。
歩いて、レティシアの波止場へ行った。
レティシアは、アマゾン川の交易中継地となっているらしく、港に人が集まっている。
人が集まっていれば、交通機関もあるだろうし、情報もあるだろう。
アマゾン川に面した食堂で朝食を取って、アマゾンの川岸へ出る。
地面にシートを敷いて、アマゾンの川魚を並べて、売っている。
まあ、この魚が気持ち悪かったね。
ナマズ類が多いけれども。
「さて、どうしたらいいのだろう」と、考え込みながら、川岸に立つ。
すると、沖のモーターボートから声がかかった。
「どこかへ行くのか?」ってね。
だから、「タバチンガの港」と答える。
すると、「オレのボートに乗って行けば、すぐだ」とのこと。
彼の言い値は千ペソ、この時期、1コロンビアペソは0.3円と考えるので、300円だ。
わけのわからないバスに乗って、タバチンガへ行くよりはいいだろう。
それに、彼のモーターボートはなかなか格好いい。
「高速モーターボートでアマゾンをぶっ飛ばす」というのも、いいね(笑)♪
乗り込むと、ボートはググーンと一気にスピードを上げて、あっという間にタバチンガの港へ着いた。
別の国の別の町とはいっても、隣同士で、ほとんどくっついてるんだけどね。
レティシアとタバチンガという2つの町はほとんど一体化している。
その途中に国境があるはずだが、実質上国境は存在しないと考えていい。
この地域から、それぞれの国の別の町へ移動する時に、本格的に、ビザや入国手続きが必要となるわけだ。
現地の人たちは、日常的に行ったり来たりしている。
理論的には、僕は高速モーターボートで、コロンビアからブラジルへ国境を越えたことになる。
これも新しい経験だね。
タバチンガの港に到着して、約束した千ペソを払う。
港で聞くと、タバチンガから、同じブラジル領のベンジャミンコンスタント(BENJAMIN CONSTANT)へは、リバーボートがある。
しかも、時刻表があって、定期的に運行しているらしいよ。
聞くと、次は午前11時半出発のボートがある。
ところで、タバチンガはブラジル領なので、使う通貨はもちろん、この時期のブラジルの通貨「クルザード(CZ)」だ。
この時期、インフレが進んでいたが、僕は「1クルザード=30円」で考えていた。
コロンビザの通貨ペソは「1ペソ=0.3円」だ。
そこで、タバチンガでは1クルザードは100ペソというわかりやすい換算で、そのまま使っていた。
船を待つ時間はたっぷりあるので、レストランで食事をする。
「カルドデガジーナ(ガジーナのスープ)」が4クルザード(120円)、ビールのアンタークティカが同じく4クルザード(120円)。
タバティンガの港に、僕の乗るリバーボートがやってきたようだ。

【僕がノートに描いたリバーボートのスケッチ(1989)】
リバーボートは、浮き桟橋(FLOATING PIER)に着いた。
乗客は陸からモーターボートに乗って、浮き桟橋へ行き、そこからリバーボートに乗り込む。
思ったよりも乗客は多く、ボートは二階建ての、典型的なアマゾンリバーボートスタイル。
さてこれで、アマゾン奥地の川を、現地の定期船で行くという大冒険が始まるわけだ。

xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx