『レティシアの空港で、コロンビア兵士の名前をカタカナで書いて、ビールをおごってもらう』@レティシア/コロンビア
1989年9月4日、朝起きて、鏡を見る。
ずっと気になっていた、レティシアの最初の日に虫に刺されて出来た、目の下の腫れがおさまっている。
よく見ると、針が刺さったままだよ(笑)。
つまり、アマゾン奥地のまだ名前も無い(であろう)謎の昆虫が、僕の目の下を刺した。
その時に、虫の針が突き刺さった。
時間がたって、針の毒が僕の身体の抵抗力で解毒され、目の下の腫れが引いてしまったあとも、その針が残っている状態だね。
針を抜こうとしたが、引っ掛かりが無く抜けなかった。
まあ、放っておいたら、気がつかないうちにどこかへ行ってしまいましたが。
さて、目の下の腫れが引いたら、体調は万全だ。
荷物をバックパックにまとめる。
その過程で、お金を身体に分散して持った。
足に巻きつける貴重品袋にトラベラーズチェックを7百ドル、と現金を20ドル札5枚の百ドルで、合計8百ドル。
ポケットに2百ドルのキャッシュを持つ。
これで、一千ドルを身に付けた。
あとは、貴重品袋に入れて、デイパックの中に入れる。
この時期のコロンビアというのは、麻薬カルテルの抗争が大きなニュースだった。
とにかく治安が悪くて、犯罪集団の殺し合いが激しいようだ。
僕のような金にならないバックパッカーを襲うことは無いだろうが、とにかく気をつけたほうがいい。
レティシアの町の、アマゾン川の桟橋近くの、いつも通っている食堂へ歩いた。
僕が大好きになった「鶏肉の煮込み(CALDO DE GALLINA)」を、最後に食べたくなったから。
午前10時くらいだったので、煮込み始めたばかり。
無理を言ってちょっと味見させてもらったが、まだ肉が硬く、スープにも味が出ていなかった(涙)。
仕方無しに、「牛のリブのスープ」にしたが、これもまだ硬くて、あんまりおいしくなかった。
しかし、空港に午前11時に来るように、と言われている。
やさしくしてくれたおばさんに、感謝のキモチと別れの言葉を残して、僕はレティシアの町から空港へと歩く。
途中のコロンビア軍の兵舎も、もう見ることはないので、寂しい気がする。
何か月もいたような感傷だが、実は、たったの4日だ。
旅では、ほんの数日の滞在が記憶に残って、一生思い出すことがある。
僕にとっては、アマゾン奥地の、このレティシアとタバチンガだったよ。
思い入れがあるので、南米旅行記のこの部分はなかなか書けなかった。
電子書籍にでもして出版する時は、もっときっちり書き込んで、手を入れて、ディープなものにします。
実は僕のネットにアップしている旅行記は、本格的な旅行記の下書きなんだよ。
一応ネタと、データをまとめておけば、それに冗談やディープな分析を追加して、本格的な旅行哲学書ができるからね。
期待して、お待ちください♪
世界旅行主義では「空港に行くのは早いほどいい」というものがある。
今日やることは、レティシアからボゴタへ飛んで、ボゴタで宿を見つけて落ち着くこと。
万が一でも飛行機に乗り遅れてはいけない。
1日に1便のフライトで、時期的に客が少ない場合、飛ばせないこともあるだろう。
僕の場合は、今日の飛行機の運航が中止になって、明日になったところで、別にかまわないけれど。
運行が中止になるにしても、早くわかれば、その日1日を有効に使える。
僕は11時前には、歩いて空港へ着いた。
他には誰もいない。
さすがラテンの国。
誰も指定された時間なんかには、来てない。
考えてみれば、レティシアの町の中心から空港まで、歩いても15分。
タクシーに乗れば、あっという間だ。
午後1時のフライトに、2時間も前の午前11時に来るやつなんていないよね。
くそ真面目で、時間を守るのがクセになっている、1人の日本人以外は…(涙)。
僕は、何かを待つのは慣れていて、全く気にならない。
空港の食堂の椅子に座って、本を読みはじめた。
僕のデイパックには英語のペーパーバックがあるし、バックパックには予備の本も何冊か入っている。
中南米でも、英語のニューズウィークが売ってあるので、それも数冊持っている。
本や雑誌を読んで時間つぶしをしていると、ドヤドヤッと軍人が食堂に入ってきた。
その中の1人が、僕に声をかけて、いろいろと質問する。
スペイン語が話せないと、暇つぶしに連行されたり、尋問されたりする恐れもあるだろう。
ところが、僕は日常会話程度は不自由なく話せるし、結構愛想がいい。
「どこから来た、どこへ行く、何をしてた?」程度を聞かれると、僕はその3倍くらい話す。
「レティシアはステキなところだ」「コロンビアの人はみんないい人だと聞いてます」「日本人はみんなコロンビアが大好きです」と褒め上げる。
適当な話しているうちに、兵士はノートを出して、「名前を書いてくれ」と言われる。
僕の名前を、漢字で書いた。
それを見た兵士は、「僕の(兵士の)名前を日本語で書いてくれないか?」と頼んできた。
愛想よく、兵士の名前を書いてあげる。
例えば、兵士が「SEBASTIAN」だとすると、「セバスチャン」と、ごく自然にカタカナで名前を書いた。
カタカナで名前を書いた兵士のノートを、兵士に手渡す。
兵士は、僕が書いた「セバスチャン」の「セ」を不思議そうに見て、「これはどういう意味だ?」と聞く。
それで、「これは日本の文字で、カタカナといいます」と教えてあげる。
1人の兵士が立ち去ると、他の兵士が「名前を書いてくれ」と言ってくる。
まだみんなハイティーンの若者たちだから、人のやることはまねしてしまうんだろう。
僕は愛想よく、1人ずつ、名前を書き続けたよ。
相手は自動小銃を持ってるしね。
約10人の名前を書き終わって、疲れて、クターッとする。
最初の兵士が、ちょっとランクが上だったのだろう、最後にまたやってきて「ムーチャス・グラシアス」と言う。
ビールを買って、持ってきてくれた♪
人の上に立つ立場の人は、気配りが出来るし、ポイントがわかってるね。
僕が人生を失敗した原因は、それがわからないわけではないんだよ。
僕は、よくわかっている(多分?)。
僕の問題は、わかっていてもそれが出来ないんだよなー。
ただの面倒くさがりや、なんだけどね。
ポイントがわかっていても、できない…、か。
僕はチェックインが済んで、飛行機に乗るために滑走路を歩いている時に、ふと気がついた。
僕に日本語で名前を書いてくれと頼んだあの兵士は、カタカナで書いて欲しかったんじゃない。
彼は、日本の漢字で、当て字で自分の名前を書いて欲しかったのでは?
カタカナの「セバスチャン」ではなくて、出来るだけ複雑な漢字を使った「瀬馬須地案」とかね。
僕がカタカナで書いたときに、予想していたのとは違ってたので、何を書いたか聞いたのだろう。
確かに、世界中のビーチ(例:ロサンゼルスのベニスビーチ)なんかで、外国人の名前を漢字で書いて、お金を取っている人がいるからね。
僕は世の中のことがわかってないのかもしれないね(涙)。
世間知らずでもなんでも、とにかく飛行機に乗れば、ボゴタへと着く。
ボゴタへのフライトは、時間通りに飛ぶようです。

xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx