『ラパス(ボリビア)からアリカ(チリ)へ、フェロバスで国境越え』@アリカ/チリ
1989年7月14日、午前5時半、ホテルトリノで目が覚める。
バックパックの中身を確認して、部屋を最後にチェックして、ラパスの街角へ出る。

ホテルトリノの美人マネージャーとは、昨日別れの挨拶は済ましていた。
彼女は、僕と別れるのがいやで、フロントには出てこない。
ゲーブルくんと一緒に、バックパックを背負って、ラパス鉄道駅へと歩く。
駅前で、コーヒーを一杯飲んだ(25円)。
チリのアリカ行きのフェロバス(ferrobus)は、午前7時出発予定。
だが、午前6時にはすでに、プラットフォームに入っていた。
フェロバスとは、普通の列車ではなくて、鉄道線路の上を走るバスみたいなものだったよ。
さっそく、車両と席のチェック。

僕の席は10Dで、ゲーブルくんの席は10Cで、並びの席になっている。
僕の席が、窓側なんだけどね。

シートはリクライニングする。
また、フェロバスには食事がついている。

国境越えの列車とはいっても、一人当たり5千円するんだから。
それを考えれば、食事付きでも不思議ではないが。

ただ、コーヒーとパンは別だとのこと。
食事が付いていて、コーヒーとパンが別売り(25円)というのは、不思議だ。

ゲーブルくんと僕は、食事が付いていなくても大丈夫なように準備してある。
チーズやソーセージと、オマケにワインを持ち込んでいるんだ。

ここまでは快適な雰囲気だった。
僕たちの席の前の9C、9Dにスイス人の30歳代の女とその子供が座ったのが、悪い予感がしたね。

フェロバスは時間通りに午前7時に動き出す。
ラパスを出るとすぐに、山の中に入る。

途中で塩の析出した谷などを見て、アンデス山脈が昔は海の底だったのだ、と考えたりする。
食事をしながら、スパークリングワインを飲んで、旅の話をするのも楽しい。

ここまでは天国のような鉄道旅行だったが、前の席のスイス人の子供がうるさい。
子供が、後ろの席の僕たちの方を向いて、わけのわからないことを言う。

最初は、僕たちも愛想よく相手をしていたが、うるさいのが続くので、額の血管が切れそうになる。
この経験から、「子連れ海外旅行は、親の自己満足、周囲の迷惑」という世界旅行主義が定義されたわけだ。

ボリビアからチリの国境を越えるところで、2時間の停車があった。
特に、入国するチリのチェックが厳しかったね。

チリに入ると、フェロバスは、順調に、アンデス山脈を下り、太平洋に下りていく。
途中で、列車の線路が山の脇をずっと続いているのを見た。

オモチャの列車が砂場を通っていくような、超現実的な感覚を味わう。
アリカに近づいていくと、砂漠が海岸に吹き寄せられて、迫っているのだとわかった。

大きな木があるが、それが砂に埋もれている。
太平洋岸の町アリカのある場所は、その砂が途切れたところなんだね。

アリカへの到着は、予定の午後7時より早く、まだ周囲が明るかった。
駅で、税関のチェックがあり、僕たちが持っていたチーズとオレンジが没収される。

とにかく、今夜の宿を決めなければ。
日がだんだんと暮れるころで、少し焦る。

駅で80米ドルの現金を、チリペソへと両替した(1ドル=291ペソ)。
ゲーブルくんとアリカの町へ歩いて、ホテルを4軒当って、「HOTEL NEMEZ」に決める。

シングルルーム1人600ペソだから、2ドル(250円)程度。
アリカというのは、国境の町らしく、怪しげな歓楽街もありそうな話もあった。

なんとなく、全体的に、流行ってなさそうかな。
ゲーブルくんは、アリカになにかを期待していたようだが、失望したようだ。

僕は、最初からアリカは一泊だけの予定。
翌朝は、とっととチリ名物の豪華バスに乗って、アントファガスタへ南下する予定。

コレクティボという乗り合いタクシー(8番)で、バスターミナルへ行く。
明日(7月15日)午前9時発、アントファガスタ行きのバス切符を買う。

FENUX社で3千ペソ、つまり約10ドル(1200円)。
明日の朝出発は、このバスしかないという話だ。

僕はこのバスに乗ることに決めた。
ゲーブルくんも少し迷って、僕と一緒のバスに乗ることにする。

切符を入手して、2人で中華料理屋へ行った。
食欲がないが、280mlの缶ビールが100ペソ(40円)くらいなので満足。

ビールさえ安ければ、海外個人旅行に不満はない。
ホテルに戻って、ゲーブルくんと「ジャー明日ね〜♪」と声をかけて、それぞれ別々の部屋に入る。

ゲーブルくんは1階の部屋で僕は2階の部屋。
部屋に入って、ベッドの下から明かりが漏れているのを発見。

ベッドの下のカーテンを開ける。
すると、ベッドの下は何もなくて、ゲーブルくんの部屋の天井になってて、ゲーブルくんが見えた。

オイオイ、わけがわからない構造だね。
密輸組織でも使っているのだろうか。

海外個人旅行では、陸路国境を無事越えたら、それで大成功。
僕はラパスからアリカまで、国際列車で国境越えしたわけだ。
僕は1989年に思っていたのは、「ラパスとアリカを結ぶ鉄道はいずれ廃止されるだろう」ということ。
この鉄道は、そのあと廃止されて、いまは存在しない。
実際1989年でも、このフェロバスの情報は、とてもあいまいだった。
こういうところを自分で捜して、自分で体験しているから、僕はすごいんだね。
今ではいくら旅行をしても、いくら金を使っても、廃止になった鉄道に乗ることは出来ない(笑)。
僕をこの鉄道に乗るように導いてくれた神に祈りを捧げる。
すべては、神の定め。
明日は、チリの豪華バスで、アントファガスタへ向かいます。
xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx