『歩き回ってホテルを決め、観光案内所を確認し、日本人会館で食事をする』@ラパス/ボリビア
1989年6月29日、ペルー時間で午前8時20分にプーノを出発した。
ボリビア時間の午後6時(ペルー時間だと午後5時)にラパス中心部の道端に降ろされる。

一緒に来た薬剤師くんと僕は、バックパックを背負って、2人歩き出す。
宿を探さなければならない。

もうラパスは夜になって、歩いていく道路の周辺は暗い。
歩いていてまず目に付いた「Hotel Los Andes」は、部屋はダブルだけ。

ダブルルームのシャワー無しが15ボリビアーノ、シャワー付きの部屋が18ボリビアーノ。
1ボリビアーノが50円検討なので、それぞれ750円、900円だ。

思い出して欲しい、エクアドルから陸路国境を越えて深夜たどり着いたトルヒーヨ。
ここでは、バスタブつきの「ホテルコンチネンタル」という立派なホテルの部屋が、4ドル(5百円)しなかった。

リマで泊まっていた「ホテルエウロパ」は、1ドルちょっと(150円弱)だった。
クスコの「ホテルカセレス」は、ツィンのシングルユースで2ドル(260円)。

昨日泊まっていた「ホテルウロス」は、ツィンで2ドル弱(240円)だよ。
ボリビアに入って、首都ラパスで飛び込んだ安宿が、シャワー無しで750円。

ボリビアのホテルの値段は、ペルーの倍している。
ビールも高かったし、ボリビアの物価はちょっと困る。
もちろんこれで決めることはない。
ホテルの値段のチェックのためにも、近くのホテルへ入っていく。
これがシングルルームで8ボリビアーノ(4百円)。
ホテルを次々当っても、たいした違いはない。
次のホテルの部屋が「コンクリートの箱」と言う感じで、7ボリビアーノ(350円)。
このあとホテルを探し回っても意味がない。
今晩は、一泊しかしない。
食事もしなければならなので、これで決める。
薬剤師くんと2人で、夜の町に食事に出る。
ちょっとまともそうなレストランにはいった。
夕食が10ボリビアーノ(5百円)もする。
ビールも飲んだので、1人16ボリビアーノ(8百円)も使ってしまった(涙)。
ボリビアの物価は高いね(ただしこれは、1989年の話です)。
南米で、ペルーからボリビアの陸路国境越えをして、ベッドを見つけて、ビールを飲みながら食事をした。
今日に限っては、大正解なんだ。
もちろん翌日には、もっと居心地のいいところへ移るわけだけれども。

翌朝(1989年6月30日)は、朝8時に起きた。
僕の旅先での起床時間としては、かなり遅い。

昨日のバスに乗っての国境越えが中年男の身体に、こたえていたのだろう。
歯を磨こうとしたら、歯ブラシが見つからない。

昨夜寝る前に歯を磨いたはずなのだが、どこかへ行ったのか?
「新しい国に入った最初の夜に、ビールを飲みすぎて、酔っ払ってはいけない」という神の警告だと解釈する。

僕の旅行ノートに「神の警告に従え」「神は偉大である!」と書く。
すると、すぐに歯ブラシが見つかった♪

神は、本当に偉大だね!
今日は、まず最初に、居心地のいいホテルを見つけること。

町を適当に歩いて、安くてキモチよさそうなホテルに、次々と飛び込む。
部屋を見せてもらって、薬剤師くんと部屋をチェックする。

「ILLAMPU」はシングル7ボリビアーノ(350円)だが、部屋は安っぽかった。
「RESIDENCIAL ROSARIO」は格上で、20ボリビアーノ(千円)して、白人観光客も多いようだった。

ちょっと分不相応かな。
次の「HOTEL ALEM」は、シングルで12ボリビアーノ(6百円)。

部屋は小さいが、全体的にまともで、清潔な感じがする。
僕は「HOTEL ALEM」に決める。

薬剤師くんは、さらにホテルを捜して歩く。
僕も付き合って、チェックして行く。

「HOTEL ASTORIA」が9ボリビアーノ(450円)で、薬剤師くんはここに決めた。
これで、薬剤師くんと僕のラパスでの最初の落ち着き場所が決定したわけだ。

次はとにかく両替して、本当のレートを調べたい。
町の両替商(CASA DE CAMBIO)を当ってみる。

トラベラーズチェックでは、1ドルが2.60ボリビアーノ。
現金は、2.64ボリビアーノのレート。

米ドルのトラベラーズチェックを米ドルの現金にする場合、2パーセントの手数料がかかる。
南米では、ドルをトラベラーズチェックにして、ドルキャッシュを使う(そのまま、又は現地通貨に両替する)のが普通だ。
2パーセントの手数料でトラベラーズチェックがドルキャッシュに変わるのが確認できてうれしい。
次に、観光案内所を捜す。

ラパスの観光案内所は、この時期の「地球の歩き方」や「Lonely Planet」に書いてある場所には存在しなかった。
「SOUTH AMERICA HANDBOOK」に書いてある場所へ行くと、ここは観光局の本局で実質的な仕事はしていない。

本局で聞いた場所「PLAZA DEL ESTUDIANTE(学生広場)」へ行くと、観光案内所が存在した。
観光案内所で出会った、米国留学中の日本人学生と話をする。

彼は、米国の大学院に留学していて、夏休みにボリビアへ山登りに来たそうだ。
彼の泊まっている「HOTEL TORINO」を教えてもらう。

いま泊まっている「ホテルアレム」は、それほど居心地がいいわけでもないしね。
いいホテルがあれば、すぐに移るつもりだ。
観光案内所で、カラフルなパンフレットをもらった。
パラパラめくると、旅行代理店やレストラン、ホテルリストなどがある。
これでラパス滞在の情報は手に入りそうだね。
町を歩いていると、アメックスと郵便局を見つける。
噂に聞いていた、日本人旅行者の定番「日本人会館」へ行った。
日本人会館は、ボリビア在住の日本人の心のよりどころだ。
日本人会館へ行けば、日本語の新聞雑誌も読めるし、もちろん日本食レストランもあるよ。
日本食レストランで、カツ丼(8ボリビアーノ/4百円)、素ウドン(5ボリビアーノ/250円)を食べた。
次にバスターミナルへ行く。
ラパスからの脱出ルートの一つは、チリのアリカへ抜けること。
ラパスからアリカへのバスは、午前8時に出て、深夜のの12時に到着すると言う。
このバスの時間は建前で、到着するのに朝までかかって、途中では凍え死にそうになった、という噂も流れていたよ。
脱出方法は、まだじっくり考えればいい。
ラパスに出なくても、ウユニ塩湖を抜けてアルゼンチンのカラマに行ってもいい。
バスで、アルゼンチンにも、パラグアイにも、ブラジルにも陸路で入国することが出来る。
ただ、南米一周のルートを考えると、次の国は当然チリになるだろう。
検討課題として取っておくことにする。
これで、一応、ラパスに落ち着く形が出来た。
「CHURCH AND MONASTERY OF SAN FRANISCO」で、ロウソクを灯して、祈った。
僕をここへ導いた神に感謝する。
ラパスからどこへ行くのか、神の導きに従うことを誓う。
ラパスでは、やることがたくさんある。
特に、僕個人が、とても気になっていたことがあった。
それは…。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx