『1989年の暑中見舞いを出し、日本人会館でたくさんの旅行者と会い、韓国レストランで食事をする』@ラパス/ボリビア
1989年7月7日、日本では七夕で、織姫と彦星が1年に一度会う日だ。
南米のボリビアでは普通の日。

午前8時に起きて、シャワーを浴び、ついでに靴下や下着を手洗いする。
もちろん、この日だけ洗ったのではないよ。

長期旅行者というものは、下着を3つくらいしか持ってない。
だから、2日に一度は手洗いをするものなのだ。

僕のノートにわざわざ書いてあるという意味は、この日がきっと久しぶりにスカッと晴れていて、洗濯日和だったということではないかな。
いまとなっては、どんな天気だったかは思い出せないが。

朝から日記に書くほど洗濯するのは、他に何も用事がないということ。
すでに、チャカルタージャ山にも登って高山病にもかかったし、ティワナコ遺跡へも行った。
あとは、ラパスからどこへ移動するかを考えるのだが、それがなかなか難しい。
1989年のこの時期、夏休みでもないのに、変に日本人がラパスに集合している。
暇なので、日本や米国、英国の友人に向けて、暑中見舞いを書く。
僕は、人をびっくりさせるのが好きだ。
僕自身、旅先から突然絵葉書が届いたら、うれしい。
きっと、ぼくの友人も、海外から絵葉書が届いたらうれしいだろうと思う。
「暑中見舞いもうしあげます。ボリビア・ラパスにて」とだけ書いてあったら、いいよねー。
今では暑中見舞いも、年賀状も、ほとんどは義理で出すようになった。
または、年賀状や暑中見舞いを送っても、人間関係をつなぎ、経済的な利益を得ようと考えているのがミエミエだったりする。
義理でもらうのもいやだし、また、もらった年賀状を無視するのもいやだ。
長期旅行者が海外から送る暑中見舞いには、何しろ返事を出すことができない。
「いま海外にいる」というだけの意味しかない。

相手を楽しませるためだけのハガキだ。
見返りを期待しないだけ、純粋で、書く方も楽しい。

今日も日本人会館へ行って、またステーキ定食(10ボリビアーノ/5百円)を食べる。
ゲーブルくんは、ステーキ定食に飽きたらしい。

いつもと違ったものを食べようと、野菜炒めライス(7ボリビアーノ/350円)を注文した。
が、「失敗でした(涙)」とのこと。

この日の日本人会館には、日本人旅行者がいつもよりさらに多く集まっていた。
僕が知っている元ホテルマンロボくん、ゲーブルくん、薬剤師くんに加えて、もう1人新しい男性がいた。

僕の旅行ノートには、次に「みどり嬢とBIBLIOTECA」とある。
BIBLIOTECAとは図書館のことだが、ひょっとしてラパスの図書館へ行ったのだろうか?

「みどり嬢」とは誰なのか、全く記憶にない。
でもエッチしてないことは確実だ。

エッチしていれば、少なくとも何年たとうが、覚えているはずだからね(笑)。
僕とエッチをした女性の皆さん、僕はずーっと覚えていますよ。

有名なチリワイン「GATO NEGRO」を一本(5ボリビアーノ/250円)。
AGUA MINERAL(ミネラルウォーター)を1.5ボリビアーノ(75円)で買って、トリノの部屋に戻った。
ゲーブルくんが部屋にやってきて、「韓国レストランに行きましょう!」との提案。
なんでも、ゲーブルくんが、すぐ近くで韓国レストランを発見したのだとか。

ゲーブルくんは旅行者として、とても優秀だ。
僕がゲーブルくんを好きなのは、べたべたしないで、勝手に動いて、それなりの情報を見つけてくるところ。

日本人旅行者が海外で出会うと、ベターッと引っ付くか、変に反発する。
僕とゲーブルくんの関係がステキなのは、会うたびに互いに何か新しい情報を交換し、互いに助け合っているところ。

今日のゲーブルくんの情報が「韓国レストラン」だ。
これは、行ってみる価値があるかな。

韓国レストランは、僕が泊まっている「トリノ」の並びの建物にあった。
確かに小さく、「KOREAN RESTAURANT」と看板が出ている。

細い階段を2階へ上ると突き当りが、レストランだった。
ビールの大瓶が1本2.8ボリビアーノ(140円)と、ちょっと高かった。

ただ、(何を食べたか覚えてないが)おいしかったと思う。
少なくとも、怒るほどまずくはなかった。

食事をしていると、大きな荷物を背中にしょった韓国人が入ってきた。
僕の感じでは、いま、空港から着いたばかりという雰囲気。

韓国食材を持ってきたのではないかな。
サービスで何か一皿、無料で出してくれた記憶がある。

それで、大感謝したんだから。
店の人も、「日本人か?」と聞いてきたしね。

海外でこうして出会うと、韓国の人はとても親切で、頼りになる。
僕は、アテネでも、ナイロビでも、ソフィア(ブルガリア)でも、カイロでも、インドでも、韓国の人と話をしたことがある。
ロサンゼルスのTシャツ屋さんや、電気店でも、お世話になりました。
ダウンタウンの韓国人街のレストランへ行ったことがある。

韓国人は、個人として会うと、とてもいい人が多い。
問題なのは、国としてまとまると、絶対的に反日なんだ。
韓国人は海外に住みつく強い気持ちで、どんどん海外に出ている。
海外個人旅行をしていると、あちこちで出会って、親切にしてもらったりする。
ラパスの韓国レストランでは、ありがとうございましたっ♪
この韓国レストランで、ゲーブルくんが「明日は、ペーニャに行きませんか?」と提案したんだった。
僕は、すぐに、ペーニャに行くことに同意した。
でも、「ペーニャ」って、一体なんなの?
それは次回のお楽しみ。
xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx