『ラパスを散策していると、プーノで別れた旅行者に再会し、夜はゲーブルくんとジョニ赤を飲む』@ラパス/ボリビア
1989年7月2日朝、「ホテルトリノ」35号室で目覚める。
居心地のいいホテルを見つけて、キモチがぐっと楽になった。

旅先では、落ち着ける居場所(ホテルの部屋)を確保するのが大事。
そこで休んで、考えることが出来るから。

ボリビアの首都ラパスから、これからどう旅を続けるか、という問題はある。
別に結論を出すのに、急ぐことはない。
ラパスにも、ラパス周辺にも、いろいろ見たい場所はあるし。
この居心地のいいホテルにしばらく滞在するわけで、何の心配もない。

今日は、差し迫って何かをしなければならないわけでもない。
こんなとき、まだまだ健康な男性が思うことは、「マ○ター○ーション」かしら。

この部屋には暖房が入ってないので、ものすごく寒い。
ベッドに寝て、布団をかぶっていると、もちろん凍えることはないんだけどね。

右手を伸ばして、チ○コに触ったら、チン○はあまりの寒さで、すっかり縮み上がっていた。
チ○コを暖めるのに、時間がかかりそうなので、朝するのは諦めた。

午前10時過ぎになって、気温が少し上がって、やっとベッドから出る。
ドアを開けて、廊下に出て空を見上げると、空は曇っていて、とても肌寒い。

今日は一日ベッドでごろごろしていたいキモチだ。
おなかが空いていたので、食べ物を求めて、メルカード(市場)へ歩いた。
とうもろこしのホットジュースが、身体も温まって、とてもおいしい。
これが25円。

チキンサンドイッチ(75円)と、羊肉のたっぷり入ったスープ(125円)、コーヒー(20円)を取る。
暖房もないホテルに泊まっていると、夜に身体を温めるものが必要だ。

市場を歩いていたら、酒屋を発見♪
酒屋とはいっても、店ではなく露店なのがボリビアらしくて、ステキだね。

21世紀になった今では、日本ではウィスキーは飲まなくなった。
僕が若かったころ、1970年代から1980年代半ばにかけては、お酒といえばまずウィスキーだった。

どの飲み屋にいっても、「ボトルキープ」があって、ウィスキーのボトルを預けていた。
ひたすら水割りを飲んでいたものだ。

世界一周旅行に出る前も、家ではウィスキーばかり飲んでいた。
でも、海外個人旅行をしていると、ウィスキーのような強い酒は飲めなくなる。

ウィスキーを飲むと、頭がふらふらして、本当に身体が動かなくなるからね。
この日のラパスはとても寒かった。

特に何かしなければならない用事があるわけでもない。
久しぶりにウィスキーでも飲もうかしら。

ジョニ赤(Johnnie Walker Red Label)の1リットルボトルが売ってある。
その値段は、なんと1本22ボリビアーノだ。
22ボリビアーノといえば、たったの1100円。
これは悪くない値段ではないかな。

この酒屋には、サントリーオールドもあって、これが28ボリビアーノ(千4百円)だったよ。
ミネラルウォーター(Agua Mineral Sin Gas/VISCACHANI)が75円。

チーズ(Queso)が75円。
ソーセージみたいなつまみも買った。
日本製パイロットのボールペンが125円。
トイレットロール(25円)を2つ買う。
次に、ハエン通り(Calle Jaen)に並ぶ博物館群を見に行った。
「楽器博物館」「黄金博物館」「リトラル博物館」だけどね。
この日は日曜日で、全部閉まってました。
スークレ通り(SUCRE)を歩いて、山の上へ登って、市街を展望する。
続いて、遊園地、動物園の横を通って、町の中心の繁華街「サガルナガ通り(Sagarnaga)」へ。
ここで見つけた「ダイアナツアーズ」で、明日のチャカルタージャ行きのツアーを申し込んだ。
明日の朝8時に、「ホテルトリノ」にバスが迎えに来るという話だ。
チャカルタージャツアー通常26ボリビアーノ、を24ボリビアーノ(1200円)に値切った。
チャカルタージャとは、ラパスから近い高山(5千4百メートル)にあるスキー場だとか。
スキーをしなくても、山自体が観光地になっている。
ツアーバスは山頂のすぐ下まで行く。
僕は別に山登りに対しての興味はないのだが、一応観光地ということなので、行ってみることにする。
5400mという高さに上るのも、話のネタになると思う。
僕はイスラエルの死海でマイナス400mという体験をしている。
思い切り高く上った話も必要ではないかと、思ったわけだ。
1999年にアジア横断旅行で、ラサからゴルムドへバスで通ったことも、カラコルムハイウェーを通ったこともある。
タングラ峠が海抜5,231mで、クンジュラブ峠は4800m程度らしい。
僕の世界最高地点は、いまでも、このチャカルタージャ山になっている。
チャカルタージャ山のツアーに申し込んで、これで明日の計画が立った。
町を歩いていると、またゲーブルくんを見つけた。
ラパスの中心街というのは狭いところで、観光客が歩く通りも決まっている。
何の打ち合わせをしてなくても、ゲーブルくんとは、昨日、今日と出会ってしまう。
ゲーブルくんは、僕がプーノで一緒だったオーストラリア人のジェラルドと、日本女性2人が一緒だった(笑)。
彼らと互いの旅の話を、軽く交換する。

僕は明日、チャカルタージャ山に行く予定だと話す。
話し相手も出来るので、ゲーブルくんを誘う。
ゲーブルくんも、明日のチャカルタージャツアーを、同じ旅行会社で申し込む。
2人でチャカルタージャ行きが決定。

夜は、僕の部屋で、ゲーブルくんと話をした。
2人で話しながら、買ったばかりのジョニ赤1リットル瓶を、軽く空けてしまいました。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx