『タンボマチャイへ行かずに、ジャッキーチェンの映画を見ると、雹が降ってきた』@クスコ/ペルー
注:この時期は、「百インティがだいたい4円」と考えてください。

1989年6月14日に、アレキパからのフライトでクスコへ入った。
15日には、マチュピチュへの切符を買って、日本人宿の「花田」へ行った。

16日には、マチュピチュへ鉄道で往復した。
17日には、クスコ周辺遺跡の共通入場券を買って、クスコの町の観光名所を歩いた。

18日には、ピサックの日曜市へ行き、ピサック遺跡へ馬で上った。
19日の今日は、クスコ周辺の遺跡を見て回るつもり。

まず「タンボマチャイ(TAMBOMACHAY)」へ行くつもりだ。
ところが、昨日ピサック遺跡へ行った疲れなのか、なんとなく行く気にならない。
中米コスタリカから南米エクアドルのキトへ飛んで、あと、エクアドルのアマゾン上流地域「オリエンテ」へ下った。
アマゾン上流の「ナポ川」をボートで渡った。
エクアドルの小さな町を次々に訪れて、ペルーへ入る。
その後、トルヒーヨを中心に遺跡を見て回った。
トルヒーヨに一週間もいて、リマへ移動して、リマのあちこちを見た。
次に、ナスカ、アレキパ、そうしてクスコへやってきた。
クスコへ来ても、マチュピチュへ行き、ピサックの日曜市とピサック遺跡を見た。
今日、すんなりと「タンボマチャイ」とクスコ周辺の遺跡を見るのは、やりすぎかな。

長期旅行のいいところは、「その日の行動はその日に決める」ってことね。
理由がなくても、行く気にならなければ、行かなければいいだけだ。

別に毎日、次々と観光をしなければならないというわけではない。
ツアーや短期個人旅行と、大きく違うところだね。

気分が乗らなければ、予定は変更。
今日は遺跡へ行かない。
この日もまず、トラベラーズチェックの両替をした。
レートが、1ドル当たり3130インティ。
60ドルを両替すると、コミッションが4500インティ。
それと何かわからない765インティを引かれて、手にするのが18万2535インティだ。

市場で、朝食をとって、2700インティ。
お土産の銀のTUMI(インカの儀式用ナイフ)のペンダントヘッドが、一個5千インティ(二百円)で2個1万インティ。

絵葉書を3枚買った(1枚550インティ)。
また、ボールペンが1本250インティ。

薬剤師くんと会って、互いの情報を交換する。
彼の情報では、「クスコのボリビア領事館がなくなって、いまは、どこかの航空会社の代理店がボリビアのビザを発行している」とか。

1989年は、ボリビアに入国するのにビザが必要だった。
僕は、実は、エクアドルの首都キトのボリビア大使館でビザをもらってきている。

そのビザの有効期間について、ちょっと疑問があったんだ。
ボリビアとの国境の町プーノへ行けば、そこのボリビア領事館でビザが取れるので、特に問題ではないんだが。

そのあと「KARATEKAS SOBRE RUEDAS」という、ジャッキーチェン主演の映画を見た。
映画のタイトルの意味は「車椅子に乗った空手家」ということだが、全く映画の内容を覚えていない。

感想として、「ぶつ切りだった」と記録している。
わけのわからない、筋の通らない映画だったのだろう。

この映画、映画通の人に聞いたら、「スパルタンX/Wheels on Meals(1984)」みたいです。

スパルタンX / Wheels on Meals(1984)
映画を見る直前に、クスコの町に、雨混じりのアラレか雹が突然降った。
これはタンボマチャイへ行かなくてよかったよ。

部屋でまったりしようと、ワインを買う。
TAKAMAワインのロゼのボトル(7500インティ)とクッキー(1800インティ)を買う。

ペンション花田へ行って、借りていた本を2冊返却する。
新しく本を4冊借りた。

プラテロス通りを歩いていたら、花田に宿泊している日本人旅行者3人とばったり会った。
一緒にレストランへ行って、定食(1500インティ/60円)を取って話をした。

今日は特に何をしたということはないのだが、タンボマチャイへ行かないと決断したのはよかった。
そのあと、冷たい雨と雹(ひょう)が降ったんだから。

タンボマチャイへ行くバスは、クスコで見つかる。
ただ、タンボマチャイからクスコへのバスがみつかるかどうかわからない。

今日タンボマチャイへ行っていたとしたら、帰りが大変だったろう。
タンボマチャイへいくとすると、同じ方向にある遺跡プカプカラや、ケンコー遺跡も見ることになる。

すると、かなり歩きまわるわけだから、天気は重要だね。
クスコの6月は、一応乾季なのだが、山の天気だから変わりやすいのかな。

明日は明日の気分で考えましょう。
「Tomorrow is another day.」なんだから。
xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx