イタイプダムで日系人の案内人と話し、放水を見て、両替し、クリチバ行きバスの予約をする@パラグアイ〜ブラジル

1989年8月5日、この日は朝から動いた。
というのは、8月4日の雨とは違って、スカッといい天気だったしね。
ブエノスアイレスからプエルトイグアスへの20時間半のバスに乗ったのが、8月3日から8月4日。
イグアスの滝の国境で、ちょっといろいろと細かい入国手続き上の話があって、それが気になっていたのだが、問題なく解決した。
その8月4日の雨は、「今日はゆっくり身体を休めなさい」という、旅行神の導きだったのだろう。
安くておいしいブラジル料理を食べて、とっととベッドに入った。
8月5日は、天気もいいので、とにかく動いた。
まず、イグアスの滝へ。
アルゼンチンへ戻る気はなかったので、僕が見たのは、ブラジル側だけだった。
でも、滝というものは、水が陸の段差を落ちているだけのもの、なので、べつにどちらから見ても同じだ。
決して、水が下から上へ逆流することはない。
ブラジル側の滝つぼに下りるエレベータに乗って、滝を見上げたらそれで終了。
次に、パラグアイへ入国した。
国境の町、プエルトストロエルネス(現在はシウダデルエステ)へ行って、町を歩くだけ。
いろんなものが売ってあったが、僕の目には、すべて怪しかった(笑)。
だから、ゴミゴミした町を歩いただけで十分。
パラグアイには、スタンプなしに入ったわけだが、もともとここは免税地区で、自由に行き来できるところ。
パスポートにスタンプがないのが残念だが、パラグアイ入国したと数える。
パラグアイがあんまりつまらなかったので、フォスドイグアスの町に戻っても、まだまだ日は高く、時間はある。
実は、もうひとつ見るものがある。
それが、この時代世界最大の「イタイプダム」だった。
中国の長江にできた「三峡ダム」以前は、世界最大だった。
だとしたら、僕が見る理由はある。
僕は京大工学部の土木工学科を卒業しているからだ。

【京大卒で世界旅行者になった人@リバーハウス/ナイロビ】
正直、土木なんかに全く興味がなかったので、世界旅行者になったんだけどね。
でも一応、世界一のダムがすぐ近くにあるならば、行ってみる理由にはなるだろう。
また「CANTEIRA DA OBRA」行きの市内バスに乗る(0.4クルザード/20円)。
このバスで、イタイプダムの案内所に行く。
さすがそのころ世界一のダム。
ツアーがあって、まず案内所のホールで、イタイプダムの映画を見る(30分、無料)。
次は、イタイプダムの見学だが、丁度最終のツアー出発、午後4時の回に間に合った。
大型バスに乗り込んで、ダム見学。
この案内をするガイドさんが、日系人で、日本の名前だった。
途中で話しかけてみたが、「日本語はできない」とのこと。
僕はこのようなツアーに参加するコツを知っている。
ガイドさんの近くにいて、サッと指示に従うこと。
そして、話をまじめに聞いて、ふんふんとうなずく事。
南米のツアーで、まじめにガイドの説明を聞いている人は少ない(みんな勝手に話している)ので、ガイドも僕に対して説明をしてくれる。
ツアーの説明は、基本的に、英語でした。
このダム自体が、パラグアイとブラジルにまたがっている。
だから、バスは敷地内を動くだけで、両国を行ったりきたりする。
ダムの上を走って、パラグアイへ入り、ブラジルへ戻る。
ガイドさんの説明では、「今日は特別です」とのこと。
バスに乗って動きながらの説明があったが、2か所で止まって、バスを降りて説明があった。
ダムからの放水がきれいにあって、OVERFLOWの上にRAINBOWも見えた。
ツアーが終わって、5時45分ごろのバスで、また町へ戻る。
ホテルに戻り両替を考えるが、少しでもレートのいいところを捜す。
ホテルは、1米ドルが3.5クルザード。
向かいの旅行会社では、3.65クルザードなので、20ドルを両替して、73クルザードを手にする。
何で20ドルの小額両替をしているかというと、この時期、クルザードの価値は、どんどん低下していたから。
フォスドイグアスからの脱出は、いろいろ考えたが、クリチバまで行くことにした。
クリチバまで10時間。
朝9時のバスに乗る。
すると、午後7時ごろに到着するだろう。
夜行バスで16時間乗って、一気にサンパウロまで行ってもいいが、また身体に無理をかけることになる。
クリチバでゆっくり寝れば、サンパウロへ正午ごろに着けて、何かと便利だからね。
朝9時のバスというのも、長期旅行では遅すぎる。
本当は朝6時半のバスを考えたが、満席だった。
クリチバ行きの午前9時のバスも、シート番号10番が一つだけ、ポツンと空いていた。
これは誰かがキャンセルしたのだろう。
ブラジル政府が、僕のために、特別に一席空けてくれたのかもしれない。
でもそれをいうと野暮なので、いままで黙ってました。
今日一日で、「イグアスの滝」「パラグアイ」「イタイプダム」を見た。
明日のクリチバ行きバスの席も確保した。
あとは、とっととビールを飲んで寝ればいい。
すべては、神の定めだ!

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx