『インティライミの影響でホテルの居心地が悪くなり、クスコ脱出の鉄道切符を買う』@クスコ/ペルー
1989年6月23日、Tシャツやジーンズを洗濯して、干す。
僕の泊まっているホテル「カセレス(Hotel Caceres)」では、観光シーズンに入ったという理由で、部屋代を上げるという。

いままでは、ツィンルームを1人で使って、6千インティ(2ドル)だった。
薬剤師くんも別のツィンを、同じ値段で1人で使っていた。

ところが、カセレスは、ツィンを6千インティから1万インティに値上げした。
1万インティとはいっても4ドル弱で、5百円くらいだ。

僕としては、もうそう長くいるわけでもないので、1泊1万インティ払って、同じ部屋に泊まればいい。
1泊2ドルも4ドルも、そんなに違いは感じられない。

ところが、カセレスのスタッフは、ツインのシングルユースはできないと言う。
予約がたくさん入っているので、薬剤師くんと僕が一つの部屋に入るように、と言うわけだ。

インティライミの祭の影響で、クスコに旅行者の数が増えているのは、アルマス広場を歩いても実感できる。
薬剤師くんと一緒の部屋になった。

薬剤師くんも僕も、中南米を一人旅している本格的な個人旅行者だよ。
そうして、本格的な個人旅行者というのは、「1人が大好き」なんだ。

一人が好きでなければ、長期海外個人旅行は無理。
いつも誰かと一緒にいたい寂しがりや諸君は、長期海外旅行に出るときも、1人では旅に出られない。
寂しさをごまかすために、恋人同士とか結婚相手と一緒に旅に出る。
これではだよ、旅先の出会い(友情や愛情)を、最初から拒否しているわけだ。
こんな根性では、長期海外個人旅行に出ないほうがいい。
短い期間の旅行ならば、僕は女の子と一緒に旅にでることはあるけどね。
何か月何か年もの長期旅行に、自分の彼女と一緒というのでは、これは本物ではない。
繰り返しておこう、「長期旅行に1人で出られないならば、本物の旅行者ではない」ってね。

または、一人旅とは言いながら、世界各地の日本人宿を渡り歩いて、べたべたとキモチワルイ旅人仲間を作ろうとする。
僕のような本物から見れば、誰かと一緒に旅に出たら、それは旅ではないよ。

また、つねに、日本人の話し相手を探しているくらいならばだね、日本にいた方が金の節約になる。
海外旅行に出る金で、人にどんどんおごってあげれば、日本でも友達がたくさんできるでしょう(笑)。

僕が薬剤師くんと気持ちよく付き合っていられるのは、2人とも、できるだけべたべたしたくないという意識があるからなんだよ。
これまででも、薬剤師くんと僕は、一緒に遺跡を見に行ったことはある。
マチュピチュにも一緒だったし、ピサックの遺跡にも一緒だったよ。
でもそれは、ある意味、危険を避けるためで、安全のためにお互いを利用しあう関係だった。

一緒に遺跡を見るときも、できるだけべたべたしないように、互いに気を使っていた。
寝るのがいっしょの部屋になると、相手が気になってしまう。

例えば、できるだけ部屋に戻らずに、寝る時だけ一緒にいるようにするとかね。
それも、逆に気を使っているわけだ(涙)。

一人旅がステキなのは、1人の時間を持てるからだ。
僕の場合は、1人で本を読みながら寝る時間ね。

僕は美女と同じベッドに入っていても、本を読んでいることがあるくらいなんだから(笑)。
世の中で何が幸せといって、「恋人と温かいベッドに入って、自分は本を読んでいる」というのが最高だよ。

昨日再会したゲーブルくんたち3人の日本人旅行者とまた会ったので、いっしょに食事をする。
それとは別に、アルマス広場で日本女性の2人組に会って、立ち話をする。

確かに日本人旅行者は増えているね。
インティライミの時期に、南米のあちこちからクスコにやってくるのは、本当らしい。

僕のノートには、「6月26日月曜日のプーノ行きの列車の切符を買う」とある。
ただこの項目が、僕の記憶からすっぽりと抜け落ちている。

この日に、月曜日のプーノ行き列車の、ファーストクラス切符を買ったようだ。
プーノ行きの列車が出るのは、クスコのワンチャック駅。

駅へ切符を買いに行った記憶がないから、旅行代理店に頼んだのだろう。
月曜日の午前8時発、一等列車で2万インティ(8百円)。

床屋へ行って、髪を切ってもらうと千インティ(40円)だった。
これにチップを入れて、千5百インティ(60円)。

インティライミは明日、6月24日。
アルマス広場には、屋台が出て、前夜祭が行われている。

が、ただの行進だけで、面白くない。
夜は結構冷え込んだ。

とっとと部屋に戻って、布団をかぶって暖かくして寝ました。
薬剤師くんとは、部屋ではなるべく会話をしないようにしている。

明日はいよいよ1989年6月24日、「インティライミ(INTI RAYMI)」です。
xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx