『インティライミを見て、ガッカリするのも話のネタ』@クスコ/ペルー
1989年6月24日、今日はインティライミ(INTI RAYMI)の日だ。
これは、インカの「太陽の祭り」だと言われている。

ところで、南米で有名なお祭りといえば、リオのカーニバル。
カーニバルは、リオデジャネイロだけではなくて、サルバドールのものも有名だ。

でも普通の日本人は、クスコの「インティライミ」なんか聞いたこともないだろう。
僕もクスコに来るまでは全く知らなかった。
日本では、「インティライミは南米三大祭りの一つ」となっている。
僕はこれを信じない。
日本の旅行業界では、誰かが根拠なく口にしたことが、事実として流通することがよくある。
「世界の三大なんとか」とまとめたがるのは、日本人に決まっている。
例えば、「世界三大ガッカリ」とかね。
そういういい加減なことを堂々と書いてあるガイドブックを信用してはいけない。
僕の旅行記を読んでいる人はわかるだろうが、僕はロサンジェルスを出て、中米南米と旅を続けている。
中米コスタリカから、エクアドルに飛んで、そのあと陸路でペルー国境を越え、ペルーを旅している。
自然に旅を続けていたら、たまたまインティライミにぶつかった。
インティライミで、クスコに観光客が増えたことに、大きく迷惑している。

日本人宿の「ペンション花田」で、インティライミの話を聞いて、インティライミの写真を見せてもらった。
それを見ても、あんまり感心しない。

たいした祭ではない。
ペンションのオーナーの花田さんも、今年は見に行く気はないそうだ。

僕はインティライミの祭がある時に、偶然、クスコにいる。
それでわざわざお祭を見ないというのも、神の導きに逆らっている気もする。

僕がクスコにいる時にインティライミが開催される。
それは神が僕を呼び寄せたのだろう。

それならば、とにかく見に行くことにしましょう。
同じ部屋に泊まっている薬剤師くんと、ロサンゼルスで一緒でクスコで再会したゲーブルくんとの3人で行った。

3人で行くのははもちろん、安全のためだ。
それと、場所を確保するため。

1989年のインティライミでは、サクサイワマン遺跡の広場を囲む大きな岩の上から見学する。
岩の上に自分の場所を確保しなければならない。

1人で行って場所をとっても、トイレに行くときに、他の誰かに取られてしまう。
だから、何人かの仲間と一緒の方がいいわけだ。

また、話し相手がないと時間が潰せない。
正直、インティライミが面白いと思わないし。

3人で揃って、サクサイワマン遺跡へ登りました。
行ったのが、なんと午前7時半。

どうせ見るのならば、岩の上にいい場所を確保したかったから。
しかし待つのは長かった…。

何しろインティライミのお祭が始まったのは、なんと午後1時半だったんだから。
6時間も岩の上で待ち続けた。
もちろんずーっと座り続けるのは、拷問に等しい。
だから、かわりばんこに場所を離れて、適当に歩き回ったりしたけどね。
インティライミが開始されるまで、6時間何をしていたかというと、サクサイワマン遺跡に人が増えてくるのを見ていたってことかな。
僕たちが確保した場所は、大きな丸い岩の少し斜面になったところ。

後から来た人たちが、その斜面の下のもっと急な斜面に場所取りをする。
中には、そのまま下へ滑り落ちる人もいる(笑)。

岩から見る分には無料だからいいんだけどね。
広場に作られた観客席には、開始直前に日本人のツアーらしい集団が現れる。

午後1時半にインティライミが始まったが、結局、「いろんな服装の集団が入れ替わり立ち代わり輪になって踊る」のが続くだけ。
言葉もわからないし、インティライミの流れも理解できない。
わかっているのは唯一つ、「リャマの心臓をナイフで取り出す」らしいということ。
僕たちは、岩の上から広場を見下ろして、ツッコミを入れていく。

茶色のおそろいの服を着た人たちが踊る時には、「おいおい、ミノムシがでてきたよ」とかね。
関係のない人たちがうろうろしていると思ってよく見ると、日本からのテレビクルーが傍若無人に動きまわっていた。

インティライミの最後は、輿に乗ったインカの皇帝が出てきて、広場を行進する。
クライマックスは、儀式用のナイフ「TUMI」で神に捧げるリャマの心臓を取り出す。

ひょっとして本当にリャマを殺すのではないかと心配していたが、心臓を取り出す振りをするだけなのでホッとした。
結局、儀式は午後3時に終了。

サクサイワマンでのインティライミは1時間半で終了した。
その後も広場で、音楽や踊りが続いたようだが、特に見るほどのものでもない。

我慢していたトイレに行くが、もちろんトイレの設備などはなかった(この話は1989年です。いまはトイレがあるかも??)。
岩陰に行くと、オシッコの臭いがすごかったよ。
インティライミについてまとめておくと、「見ることを目的に、わざわざ行くようなものではない」ってことかな。
僕が行ったのは1989年の印象だけどね。
あの祭をどういじっても、感動的なものにはならないと思う。
それは結局、インカの人たちが、もともと穏やかな人たちだからね。
僕は、人の少ないクスコの町が好きだった。
でも今では、観光客と観光客向けの店で、騒がしいことだろう。
こうして僕は、一応無事にインティライミも見学した。
明後日に鉄道でプーノへ向かうので、明日は、クスコの最後の日だ。

またちょっとお土産の買い物でもしましょうかね。
注)夏至の日とインティライミの日は違います。
xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx