イズアスの滝を見る。クルザード、ノボクルザード、クルゼイロを比較する。おまけに世界3大滝+エンゼルフォールズを語ろう。@ブラジル

【これはエンゼルフォールズ】
1989年8月5日、ブラジルの町フォスドイグアスのバスターミナル前の、「ホテルリオマール」114号室で目を覚ます。
寝覚めはとてもいい。
昨日は猛烈な雨が降っていたが、今日は快晴だし。
世界三大滝の一つ、イグアスの滝を見るには最適かな。
実際、もし僕が短期の旅行で、旅行期間が限られていたら、昨日のような猛烈な雨の中をイグアスの滝見学に行かなければならなかった。
それはそれで、話のネタになるだろうけれど、ちょっと御免こうむりたいね。
やはり観光地を見るには、晴れの日がいい。
そして、1989年8月5日の今日は、スカッとどこまでも晴れ渡っている。
フォスドイグアスでは、8月始めでは、午前7時過ぎに夜が明ける。
ホテルを出るときに確認したが、このホテルのチェックアウト時間は、午前11時とのこと。

【これはナイアガラの滝】
海外旅行では、ホテルのチェックアウト時間が、引っ掛けになってたりするので注意が必要だ。
例えば僕はインドのパナジ(ゴア)で、チェックアウト時間が午前8時というホテルに泊まったことがある。
今日は、連泊するわけなので、気にすることはないが、チェックアウト時間の確認は、海外個人旅行ではとても大切ね。
市内バスターミナルから、イグアスの滝行きのバスに乗る。
午前10時発だが、イグアスの滝到着は午前10時45分。
バス料金が、0.8クルザード。
イグアスの滝の入園料が2.5クルザードでした。
ところで、この時期のブラジル通貨、クルザードについてお勉強しておこう。
ここで僕が言っている「クルザード」は、実は、CRUZADO NOVO(新クルザード)のこと。
昔もクルザードがあって、その千の単位まで切り上げて、新クルザードにした。
つまり、1000旧クルザード(CRUZADO)が、1新クルザード(CRUZADO NOVO)になった。
その前の通貨がクルゼーロ(CRUSEIRO)で、これも千単位で切り上げて、旧クルザードに変わった。
百万クルゼーロが、千クルザードで、それは1クルザード(ノボ)。
1クルザード(ノボ)が、1989年8月に僕が使っているお金。
でそのレートだが、この時期ドルが強かったようだ。
ノートを見ると、1ドルが2.65クルザードで、140円と考えている。
だからわかりやすく、1クルザード(ノボ)を50円と考えます。
イグアスの滝までのバス代が、0.8クルザード(40円)。
イグアスの滝公園への入園料が2.5クルザード(125円)ということになります。
お金の価値をはっきりさせると、もやもやしていたものが、スッキリしたね(笑)♪
イグアスの滝の川沿いの道を歩いたら、滝つぼのほうへ降りる建物があった。。
その、建物のエレベーターで下へ降りる。
多分このエレベーターの料金が0.03クルザード(1.5円)だったと思う。
それを「土産物屋に0.1クルザード(5円)払った」と書いてある。

【これはビクトリアフォールズ】
小銭がなかったかなにかで、お金を崩してもらったのか、お釣りをもらわなかったのか、どちらかでしょう。
一応イグアスの滝の滝つぼを見たので、これで終了。
市内行きバスを捕まえて、フォスドイグアスへ戻る。
ノートに滝の印象として、「ナイアガラよりずっとすごいが、高さは低いだろう」とメモしてあった。
僕は、1988年にアメリカ一周バスの旅で、ナイアガラを訪れたことがある。
また、1996年には、2回目の世界一周旅行で、ビクトリアフォールズを見た
ナイアガラは2004年にも行ったが、このときは、アメリカ側からも見た
でも、一番感動的だったのは、ビクトリアフォールズかな。
それは、他に見るものがなかったのと、やはりはるばる来たという感動があったから。
いまでは、世界三大滝は、飛行機で簡単にアクセスできるから、それほどの感動は得られないのでは?
そうそう、おまけとして、僕は、ベネズエラのエンゼルフォールズにも行ったね。
でも、滝というものは、地面に段差があって、そこを水が落ちてるだけのことだから、そう思えばたいしたことはない。
僕としては、南米大陸一周が大事なので、イグアスの滝はこれで終了。
次は、パラグアイへでも行ってみましょうか。
注:一回目の世界一周(1987-1990)では、カメラを持ってなかったので、僕が取ったイグアスの滝の写真はありません。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx