『ティワナク遺跡へのローカルバスがブタとニワトリと人で一杯で、結局ツアーで行くことに決める』@ラパス/ボリビア
1989年7月4日。
この日も結構寒かった。

ラパスは4千メートルのアンデス高地にある町だ
常識的に考えても、そりゃ寒いだろう。

ただ日本で、「標高4千メートルのアンデス高地の町なんて、メッチャクチャ寒い、凍え死ぬんじゃないの!」と思うほど寒くもないんだ。
ラパスはもちろん人が住んで生活している、ボリビアの首都なんだから。
本当にとんでもないところならば、人は集まらないし、都市にはならない。
ただ、気候を調べても、6月から7月が一番寒い時期。

6月の平均最低気温は零下2℃、平均最高気温も10℃くらいだ。
この時期は乾季なのは、まあいい季節なのかもしれない。

僕がいた時も、曇りの日はあっても、一度も雨も雪も降らなかった。
今日も、朝はゆっくり過ごした。

昼前に町へ出て、NEWSWEEK(1989/07/03)を6ボリビアーノ(3百円)で購入。
それを持って日本人会館へ行き、ステーキ定食を食べた(10ボリビアーノ/5百円)。

日本人会館へ行って新聞でも読んでいると、次々と日本人旅行者と会うもの。
それが目当てで通っているわけでもあるけどね(日本食にも魅かれるが)。

ソファでニューズウィークを読んでいると、若者が僕に声をかけてきた。
彼は、クスコの花田で僕を見たそうだ。

仕事を辞めて旅に出た23歳の元ホテルマンとも会った。
今日もまた、ゲーブルくんと会って話をする。

みんなでメルカード(市場)へ歩いて、コーヒーを飲んで話をする。
次に、日本大使館へ行って、新聞を読む。

世界中の日本大使館には、結構日本の新聞や雑誌、本を読めるところがあるもの。
このときは、ラパスの日本大使館の視察という意味もあったわけだ。

学生広場の観光案内所へ行って、ティワナク遺跡への行き方を調べた。
ボリビアの遺跡といえば、ティワナク遺跡。

街中で売っている銀細工も、ティワナク遺跡の太陽の門をモチーフにしたものがある。
いままで、中米南米の遺跡を片っ端から見てきた僕としては、ティワナク遺跡へ行くのは絶対条件だ。

ティワナク遺跡へ行くツアーもある。
僕としては、できるだけ地元のバスで行きたいもの。

観光案内所によると、「CALLE JOSE MARIA ASIN ESQ. EYZAQUIRRE」の「AUTOLINEAS INGAUI社」がバスを運行している。
この日は、身体が疲れていたようで、早めに部屋へ戻り、本を読みながら寝ました。

その翌日、1989年7月5日。
この日も、朝から寒かった。

どんよりと曇った日で動きたくないが、今日は「ティワナク遺跡」へ行くつもり。
昨日調べたローカルバスの出る場所へ、タクシーに乗った(2ボリビアーノ/百円)。

タクシーで乗り付けたが、バスはすでに満員になっている(涙)。
人が満員なばかりか、ニワトリやブタが、屋根の上に縛り付けられている。

これはまるで、昔見た映画「ロマンシングストーン秘宝の谷(Romancing the Stone)」に出てきたコロンビアのバスみたいだ。
ニワトリとブタと人間で満席なので、もちろん乗り込めない。
バスに乗るなら、もっと早く来ればいい。
問題なのは、行くのは何とかなっても、ティワナク遺跡から戻ってくるのが大変だと予想されること。
実際、このあと、ティワナク遺跡で戻りのローカルバスを待っていた旅行者のところへ車が来て、旅行者を乗せたあと、車ごと強盗に早変わりしたという報道があった。

行くのは何とかなっても、戻りの車を捕まえるのが大変だ。
ティワナク遺跡へもツアーで行ったほうがいいね。

観光案内所でティワナク遺跡ツアーの情報は入手している。
今日は遺跡へ行くのを止めて、歩いて戻って、メルカード(市場)で、チョリーソ(CHORRISO/ソーセージ)とパンを食べる。

すると、警察から尋問された。
観光客にしては地元慣れしている変なやつだと思われたのだろう。

「MUSEO TIUHUANACO(MUSEO NACIONAL DE ARQUEOLOGIA)」へ行く。
この入場料は2ボリビアーノ(百円)だが、僕は国際学生証(ISIC)を持っているので、1.5ボリビアーノ(75円)になった。

何もすることがないので、いつものように日本人会館へ歩き、ステーキ定食を食べる。
今日もゲーブルくんと会って、バスターミナルでお茶を飲みながら、話をする。

2人で明日ティワナク遺跡へ行くことにして、旅行代理店に申し込む。
一人当たり26ボリビアーノ(千三百円)。

ボリビアからアルゼンチンへ抜けるルートを、ゲーブルくんと検討する。
この時期、ラパスからチリのアリカへ出るルートの情報がバスしかなかった。

バスだとものすごい時間がかかるという話が、大冒険談としてガイドブックにも掲載されていた。
僕もゲーブルくんも、出来るだけ楽に旅をしたい。

すると、鉄道でアルゼンチンへ行ったほうがいいわけだ。
チリへ行くにしても、南へ進んで、オルーロ、ウユニ、そして、チリのアントファガスタへ出ればいい。
それだと、ウユニ塩湖を見ることもできただろうが。
ただ、僕が旅した1989年では、ウユニ塩湖はそれほど話題になってなかった。
この時期、ボリビアの列車もバスもあんまり快適なものではなかった。
チリに入ると、道路は完全舗装のパンアメリカンハイウェイだ。

チリは細長い国だから、海岸に沿った一直線の平坦な道路。
「チリのバスはとても快適♪」という情報が入ってきている。

僕の気分は、とにかく「快適な旅行をしたい」という風に傾いている。
チリに入ると、住民もほとんどヨーロッパから移住した白人になり、生活レベルもボリビアより上がるはず。
ゲーブルくんが気になっているのは、「チリの女性はきれいでやさしい」という情報があるから。
僕は、噂に聞いた「大型バスでの快適な旅行」に憧れている。

旅の無事を、CEMENTERIOの教会で祈った。
夜は市場で買っていたワインと、フライドチキンを夕食にする。

ベッドで寝ながら「エントロピーの法則(ENTROPY)」を読了した。
明日ティワナク遺跡へ行って、それから本格的にラパス脱出手段を考えましょうか。
xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx