『グアヤキルで、グアヤス川をドゥランへ往復し、ヒバロの干し首(tsantsa)を見て、バスでマチャラへ』@グアヤキル/エクアドル
1989年5月27日、グアヤキルの「HOTEL SAN JUAN」で目覚める。
今日は、グアヤキルを観光して、とっととペルーへの国境へと向かうつもりだ。
このホテルにもう一泊する意味はない。
というのが、まずグアヤキルの気候が悪い。
さすが赤道直下で、太平洋側の港町だから、湿度も気温も高い。
とても、快適に何日も過ごせるところではない。
また、僕が泊まっているホテルサンファンは、部屋がいい加減なんだよ。
僕は、昨夜、トイレが流れないのを自分で修理し、窓のカーテンが外れていたのを自分でかけなおした。
また、夕方には水が出なかった。
部屋にいろんな問題があったので、僕がホテルの人に文句を言いに行った。
すると、ホテルがいい加減だけではなくて、スタッフが全部いい加減だった。
スペイン語世間話をして、けっこう仲良くはなったんだけどね(笑)。
特に怒っているわけではないが、こんなところにわざわざもう一泊する意味はない。
正直、グアヤキルにはたいして見るものはないからね。
昨日グアヤス川(RIO GUAYAS)へ歩いたが、グアヤス川を横断するボートがあるらしい。
このボートは、対岸のドゥラン(DURAN)へ行くという。
ドゥランがどういうところでもいいわけで、ボートで川を渡るのは、一つのイベントだからね。
気温と湿度が高い町を、歩いて観光するなんて、そんなことは止めたほうがいい。
まず、「AV. 9 DE OCTUBRE」を歩いて、グアヤス川へ。
フェリーに乗って対岸のドゥランへ(片道15スークレ/約4円)。
ドゥランのレストランで、軽い食事を取り、ビールの大瓶を頼んだら、1400スークレ請求された。
1400スークレといえば375円!だ。
食事の内容を考えると、完全にボッタくられている(涙)。
安いレストランの雰囲気だったので、値段を聞かずに注文したのが失敗だ。
海外では、ちょっとでも気を緩めると、付け込まれることになるんだ(涙)。
日本人にとっては、常に人を疑って、騙されないようにするというのは、精神的にかなりきつい状況だよ。
フェリーに乗って(片道15スークレ/約4円)、グアヤキルに戻る。
川沿いの時計台(CLOCK TOWER)に行くと、ここは無料だったので、うれしい♪
目に付いた教会で、次々祈りながら、市立博物館(MUSEO MUNICIPAL)へ。
よくある展示を軽く見て歩いたあと、いよいよ目的の「ヒバロの干し首/shurunken head(tsantsa)」だ。
これは、ヒバロ族が作っていた、人間の頭を縮小したもの。
頭から頭蓋骨を取り出して、そのあとの頭の皮を、何らかの方法で小さくしたもの。
人間の頭が表情そのまま小さくなっているので、ビックリした。
この頭は、僕が行った時は、2個か3個展示してあった。
グアヤキルでは、グアヤス川を渡って、ヒバロの干し首を見た。
これで、十分だね。
ツアーでは、グアヤキルで、こんなことしないから。
日本からの南米ツアーでは、わざわざグアヤキルに来ることもないだろうけどさ。
これで、グアヤキル観光は終了。
次は、ペルーへの国境へ向かう。
ホテルに預けていたバックパックをもらい、スタッフにサヨナラを言って、市バスでバスターミナルへ(20スークレ/5円)。
「RUTAS ORENSES」社のバスが、午後1時発で、国境近くの町マチャラ(MACHALA)へ向かう。
このバスの料金が620スークレ(155円)。
バスに乗ると、マチャラの手前でバスが止められ、軍の検問がある。
バスの中にいた外国人旅行者は僕だけで、1人降ろされて、チェックを受けたあと、スタンプを押される。
マチャラ到着は、だいたい時間通りの午後4時過ぎ。
今晩、僕はここマチャラで宿を取る。
ペルーへの国境を越える時間を朝一番にしたいからだ。
海外旅行では、なにかの行動をするには、朝でないと全く動きが取れないことがある。
乗り合いタクシーなども、他の客が集まるまで動かないからね。
マチャラから、バスで2時間行けば、国境の町ワキージャへ着く。
マチャラを朝早く出れば、朝早いうちに、エクアドルからペルーの国境を越えられる。
朝のうちにペルーへ入国できれば、そのあといろんな選択肢が出来る。
午後や夕方に国境を越えたら、バスも動いてないってことはあるんだよ。
僕は、ペルー国境近くのマチャラで1泊して、翌朝に一気にペルー国境を越えるつもり。
ペルー国境を越えてどこまで行くか、それはまだ決めてないけどね。
マチャラの町を歩いて「RESIDENCIAL LA INTERNACIONAL」に宿を決める。
ベッドの他は何にも家具のない一号室で、宿泊代は1200スークレ(300円)。
このホテルのおじさんは、いやに僕の国籍を気にしていた。
しかも、ホテルのレストランにはビールがない(涙)。
実は、エクアドルではこの時期、あちこちで僕にビールを出すのを断られたり、嫌がられた経験がある。
日本人差別ということはないだろうから、東洋人に対しての反感があるような気もしているんだよなー。
殺風景なマチャラの町のカテドラルで祈る。
すぐに、酒屋が見つかる。
これでも、神に祈ることが大切だとわかるね。
エクアドルを調子よく移動したお祝いとして、モーゼルワイン(3500スークレ/875円)を買ってしまった。
ワインは、コスタリカの首都サンホセで、日系スーパーマーケット「ヤオハン」で買って以来だね。
今夜は、ペルー入国を明日に控えて、ワインで前祝いと行きましょうか。
ミネラルウォーター(AGUA MINERAL)が250スークレ(約60円)。
「CLAUSEN EXPORT」というコロンビア製のビール(300スークレ/75円)を2本買う。
焼きソバを「パラジェバール(PARA LLEVAR/TAKE OUT)」した。
値段は520スークレ(130円)で、ちゃんとお持ち帰り用の容器に入れてくれた。
この日、グアヤキルでは2つの教会で祈った。
マチャラでも、PLAZA CENTRAL のCATEDRALで祈った。
明日は、エクアドルからペルーの国境を越える。
そこで、どうなるとしても、すべては神の定めだ。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx