クリチバ行きのバスで知り合ったANDREにホテルを紹介してもらったが、翌日早くサンパウロへ。@イグアスの滝〜クリチバ〜サンパウロ/ブラジル

1989年8月5日、朝早く目が覚めたが、今日はいよいよ、フォスドイグアスを出て、クリチバへと向かう。
クリチバとは、サンパウロへ向かう途中の大西洋岸に近い町。
なぜここへ行くかというと、イグアスの滝から、一気にサンパウロへ行くと、16時間かかるから。
16時間だと当然夜行バスになり、それだと、ちょっと疲れる。
いまは、とにかく無理をしないで、ちゃんと休息をとりながら、サンパウロへ行きたい。
サンパウロへ行ったら、日本人街へ行って宿を取る。
宿の人に、信頼できる日本人歯科医師を紹介してもらって、外れた歯のかぶせ物をどうにかしてもらう。
これが終わって一段落するわけだよ。
サンパウロには、有名な日本人宿もあることだし、ある程度滞在して、これからのことも考えられるでしょう。
午前9時発、フォスドイグアス発、クリチバ行きの「コンベンショナル(CONVENCIONAL)」に乗る。
バス会社は、「SUL AMERICA」という、クリチバを中心にした会社らしい。
コンベンショナルとは、早い話「普通バス」のことらしく、停車が多くて、乗客がどんどん入れ替わっていく。
車内は満席だ。
どこかの停車のときに、30歳くらいの白人が英語で話しかけてきた。
アンドレというアルゼンチン人。
自己紹介によると、クリチバの英語学校の英語教師。
もともとはカナダ人だが、アルゼンチンに帰化した。
アルゼンチンの市民権を持っているという話。
何で、こんなに話ができたかというと、彼はバスが走っているときに、僕のところへ来て、たったまま話しかけたからだ。
もともとの隣の席の人が、彼と席を交換してくれて、隣同士になった。
クリチバのRODOVIARIA(BUS TERMINAL)へ着いたのが、夜も暮れた午後8時半。
10時間の予定だったが、それは直行便の話らしく、この各駅停車のバスは11時間半かかった。
アンドレが、バスターミナル近くのホテル「ESPANA HOTEL」へ連れて行ってくれた。
部屋は、1階のシャワー付きのシングルルームで、10クルザード(500円)。
アンドレと別れて、バスターミナルへ戻って、ステーキ定食(8クルザード/400円)とビール2本で、合計11クルザード(550円)。
バスは予定(10時間)よりも遅かった(11時間半)が、宿を見つけられてよかった。
安いだけあって、なぜか窓のない部屋だったが、一階なので、用心のためでしょう。
ただ、懐中電灯を忘れてきたらしく、夜中に目が覚めても、時間がわからなかった。
1989年8月7日の朝。
部屋の天井灯をつけて、時間を確認し、午前7時半には、バスターミナルへ歩く。
実は、アンドレが、ホテルへ来てくれて、クリチバを案内してくれると言った。
ただ、僕もアンドレの親切さになんとなく怪しさを感じていた。
アルゼンチンでは、人種差別を受けて、ひどい扱いに慣れているのに、イヤに親切だ。
だから、アンドレが来る前に、とっととバスターミナルへいったんだけどね(笑)。
今朝も10ドルを両替して、35クルザードを手にする。
前にも書いたが、この時期は、クルザードの価値が毎日変化する(下落している)ので、小額ずつ両替している。
サンパウロ行き、午前8時40分発、ゲートがD-1、バスのシートが25番。
料金は、13クルザード(650円)。
バスに乗り込むと、バスはガラガラで、2人がけのシートを一人で使えた。
バスは予定通り午前8時40分に、クリチバを出発して、サンパウロ到着が、午後3時。
つまり、クリチバからサンパウロまで、6時間20分かかった。
予定では、6時間ということだったが、このバスは途中停車も少なく、順調に走った。
地下鉄で、TIETEからLIBERTADEへ(0.4クルザード/20円)。
サンパウロには、東洋人街(日本人街)があって、とにかくそこへ行けば何とかなると当てにしていた。
ホテルを決めなければならないが、日本語の通じる日系人がフロントにいる「ホテル池田」にした。
ここは、ビジネスマンも泊まるちゃんとしたところらしい。
3人部屋しか開いてなくて、そこに泊まったのだと思う。
303号室、32クルザード(1600円)。
というのは僕がサンパウロの東洋人街に来たのは、信頼できる歯科医を紹介してもらって、歯を治すことが第一の目的だからね。
ビジネスマンも、歯が外れたことはよくあるだろうし、このホテルで紹介してもらえるなら、大丈夫でしょう。
なお、この地区の名前を、確認のために「地球の歩き方」で見たら、「リベルダージの東洋人街」と書いてある。
東洋人街といっても、鳥居が立っていたりして、日本人街なんだけどね。
一応、表現をそろえて、僕も「リベルダージ」「東洋人街」と書くことにします。
ここでは日本語が通用していて、ロサンゼルスのリトル東京みたいなところでした。
通りを歩いてみると、日本の店がずらりと並んでいる。
本屋に入ると、本は古いが、日本の100円を4クルザード(200円)で計算していた。
例えば、1989年5月始めの「週刊文春ゴールデンウィーク特別号」定価250円が、10クルザード(500円)の値段がついていた。
値段も値段だが、本が古いのは困るね。
夕食は、ビール5本(1.2クルザード×5本)とサンドイッチ2つ(3クルザード×2個)で、12クルザード、つまり600円。
ビールが安いみたいなので、ちょっとうれしい。
さて、サンパウロに着いた。
日本語も通じるし、いろいろ調べてみましょうかね。

xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx